« 940_JA6_5 | トップページ | こちらは15万 »

2009年7月15日 (水)

940_JA6_6

九州940を返送しました.

やった作業は,ざっと

  1. RFユニットRFアンプのQ10,2SK125×2個の一方のピン方向付け間違い補正.
  2. IFユニットQ4(2SK125)のピン方向付け間違い補正.
  3. LCD裏面,バックアップ用リチウム電池交換,電池ソケット取り付け
  4. AGC時定数R149,R150位置間違い補正.
  5. AGC周りケミコン容量抜け,ケミコン交換,(IFユニットC75,126,128,130,132,151,RFユニットC191)
  6. AGC改善,サービス・ブレティン実施,RFユニットQ15,IFユニットQ11まわり
  7. 18MHz,24MHz送信改造
  8. 28MHz100W改造
  9. RFユニットATT用リレー接点メンテナンス
  10. 送受信,総合調整
  11. RFユニット,IFユニット基板目視ハンダ上げ補修

これで万全ではないかもしれないけど,まあ使えるレベルかと.
何せ古いですからまた不具合が出ないとも限りませんが,そのときはそのときでまた..

|

« 940_JA6_5 | トップページ | こちらは15万 »

アマチュア無線」カテゴリの記事

修理・工作」カテゴリの記事

コメント

我が家の940ケースを開けて、遊んでました。
結局のところ、RFユニット&IFユニットのQは初期セットのままで逆向きにしないほうがいいってことでしょうか?
現在、CPUユニットの改造ROMと交換・PCコントロールのためのIF-10B装着・基盤の半田上げ・RFユニットリレー交換・ムギ球をLEDに交換まで終了!WARC・28Mは以前から処置済み!
あとは、メーターに合わせて出力150Wまで上げる予定です。
これだけ、手を掛けてもあまり出番は無いのですが・・・

投稿: kci@ito | 2009年8月 3日 (月) 22時52分

kci@itoさん,ご苦労様です.

FETですが,自己判断になりますかねー
ミキサは直しておいたほうがいいと思いますがいかがでしょうか.

RFアンプのほうは回路図どおりじゃ不安定になる,というならいじらないほうがいいのかも知れないのですが私にはそれは確認できませんでした.
いじっても目立って変わらないってことはあると思います.

不安定な回路を安定させる方法は別にあるだろうと思うし,それで特性が変わるほどならミキサも逆じゃまずいだろうと思いますし..
なんかモヤっとした話です.

投稿: Yamada | 2009年8月 4日 (火) 00時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/126022/45637294

この記事へのトラックバック一覧です: 940_JA6_6:

« 940_JA6_5 | トップページ | こちらは15万 »