« 近所のスーパー | トップページ | 817ND_JA1再入院 »

2009年7月 7日 (火)

940_JA6_2

Agc_fault940_ja6_5  

TS-940で言われているバグはFETの付け間違いだけじゃありません.

そのうちの一つに,IFユニット,AGC時定数の抵抗が入れ間違っているという情報もありまして,これは回路図自体が間違っていて,実装も間違っているというもの.
実際この940も間違っています.

940_ja6_6 直しておきました,聴感が良くなりましたね.

あとは28MHzの出力 50W ⇒ 100W 改造
コントロール・ボードのR109をカット.

 

それと,時代的に18MHz,と24MHzバンドが送信対応になっていないので送信可能940_ja6_7とします.

デジタルBボードのD133,D134をカットです.

|

« 近所のスーパー | トップページ | 817ND_JA1再入院 »

アマチュア無線」カテゴリの記事

修理・工作」カテゴリの記事

コメント

930、940といろいろ問題がありますね。
当時の最高級機なのにね。
製造中止後、20年近くになって、知りました。hi

投稿: 神奈川のk | 2009年7月 8日 (水) 07時04分

知らずに使っていたというわけなんですねHi
この例ではファストアタック・スローレリーズにならず
明らかにパフォーマンスに影響してると思うのですが..

これらの他に,フェーズノイズの改善とか
ちゃんとしたメーカーのブレティンも数多く出てますね.
海外の方のまとめページが多くて,国内では少ないってのも??

投稿: Yamada | 2009年7月 8日 (水) 08時16分

サブの受信機が無い限り、こんなもんだで、使ってしまいますよね。
ブレティンみながら、サービスのときに直してるのでしょーね

投稿: 神奈川のk | 2009年7月 8日 (水) 08時42分

そういう意味では一度メーカーでオーバーホールというのも
いいのでしょうけど,
930あたりを熟知したエンジニア,まだいますかね.
不況下,「営業効率改善!」と絞られてるだろうということも考えると
もはや,サービスもあてにできないかもしれませんね.

投稿: Yamada | 2009年7月 8日 (水) 09時00分

940のSM,見てみましたが、R149、R150が間違った値になってますね。
これでは、サービスマンも気づかないですね。

昔、サービスしていた人は、もういないでしょうね。
残念!

投稿: 神奈川のk | 2009年7月 8日 (水) 11時09分

大昔、スターが潰れて技術者の流出があったとか
トリオからケンウッド初期時代の技術者は残っていないと見ます
ろくな無線機しか作っていないもんね
例のデイトンの何チャラはどうなんでしょうか

アー、うちの930
というか、7と14はノイズだらけ
呼ばれているのは分かっても了解できません、ショボン

投稿: sky | 2009年7月 8日 (水) 11時12分

やっぱり,くたびれた無線機は
くたびれた人間が直すのが
似合ってるのでしょうかHi

投稿: Yamada | 2009年7月 8日 (水) 12時38分

R149とR150は「回路図の印刷ミス」と「プリント基板の部品図印刷ミス」の
ダブルパンチでミスっています。

実際には基盤の配線は正しく配線されています。ですから回路図や基盤の
印刷図にだまされてR149と150と入れ替えるとエライ事になります。

投稿: ムゥ | 2009年7月27日 (月) 00時53分

ムゥさん,いろいろとご指摘ありがとうございます.

これについては印刷はともかくCに対して150kをシリーズに2.2Mをパラレルにしたつもりでした,聴感上もOKと感じてました.

いろいろ混乱があるようですね.ロットで違うのでしょうか.
私はZL4AIのページ
http://homepages.ihug.co.nz/~jaking/TS-940_02.htm
を斜め読みして,kenwoodジャパンがミスを認めているように思っていました.

投稿: Yamada | 2009年7月27日 (月) 01時46分

ZL4AIのページをじっくり読みなおしましたら
いったんKENWOODが間違っているので交換するべきという返事をした
Wのエキスパートが,いや,オリジナルで合ってる交換するべきじゃないと指摘
再度確認したらKENWOODは「その通りでした」と言った

そんなところでしょうか.
さて,私はグルグル回って元に戻したんだったか?
手元になくて不確かです.
一度返送してもらった方がいいか..

※追記しますと

>R149とR150は「回路図の印刷ミス」と「プリント基板の部品図印刷ミス」のダブルパンチでミスっています。

ダブルパンチだといいのですが,私の場合はR149,150双方の「抵抗値」も入れ替わっていてトリプルパンチだったと記憶してます.

投稿: Yamada | 2009年7月27日 (月) 09時22分

このR149と150はAGC-FASTの時定数を決める部分で、2.2MΩは150KΩと0.1uFに
よる直列時定数回路をショートする形で付くのが正しい接続です。R149とか150と
いう部品番号を無視して基盤の実体配線を確認する事をお勧めします。

この150KΩが使われる機種は940の後期型と呼ばれる機種です。前期型は68KΩ
が使われます。

なおAGCの時定数回路が前期型と後期型ではことごとく違うので、インターネット
で手に入る940の後期型の回路図を見ながら前期型をいじくるのは好ましくありま
せん。ぜひ前期型の回路図を手に入れてからいじってみて下さい。ここはいじり甲斐
があります。


投稿: ムゥ | 2009年7月28日 (火) 00時17分

ムゥさん,重ね重ねありがとうございます.

> 2.2MΩは150KΩと0.1uFに
> よる直列時定数回路をショートする形で付くのが正しい接続です。R149とか150と
> いう部品番号を無視して基盤の実体配線を確認する事をお勧めします。

そのようにしたつもりですので安心しました.
私は,たぶん正しい配線にしたのだと思いますが,何分古いマシン,何かまた不具合が出た折にでも再度お預かりしてよく確認しておきます.

いろいろとご指摘ありがとうございます.
今後とも有用な情報がありましたらぜひご教授のほど,お願いいたします.

投稿: Yamada | 2009年7月28日 (火) 08時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/126022/45568907

この記事へのトラックバック一覧です: 940_JA6_2:

« 近所のスーパー | トップページ | 817ND_JA1再入院 »