« 敬語が変だった | トップページ | チップケミ »

2009年6月 7日 (日)

930_JA0_0

930_ja0_final信州930が入院されました.

実は,ここに来る前にメールでご相談を受けており,何度かやり取りをしていたのですが,どうも,こういうリモート修理はうまく行きません.

過去にも数人の方からこういう話がありましたが,結局送っていただくことになる場合がほとんどでした.
私自信は,多くの人が自分の機械を自分でメンテナンスできるようになるのが理想と思ってます.
しかし,私の記事の文章の表面上に現される事柄の裏にある暗黙のノウハウが共有されてないと同じ結果が得られず,ともするともっと悪い結果になってしまうことがありますのでくれぐれもご注意ください.
それも勉強,授業料,と割り切って頂ければいいのですが..Hi
逆に言うと,私なんかはかなりの授業料を払ってきたわけですね(汗

起こった現象は

・電源パワーTRの2N5885がショートモードで壊れる

・2N5885のベース側に整流直後の高電圧がかかる

・D7,33Vのツェナーが高電圧のためにブレークダウンしショートする

・2N5885のベース抵抗両端に高電圧がもろにかかり,焼損する

・抵抗が焼け切ってオープンになると次はファイナルユニットに高電圧が及ぶ

・ファイナルユニットのD1ツェナーがブレークダウン・ショートする
(このためファイナルは助かる場合が多い)

・D1ツェナーがブレークダウンする間に耐圧に余裕のないMRF485が先に壊れる.

というおなじみの症状だったようです.(私の想像したストーリーですが)
電源はご自分で修理完了されたようです.
ファイナルユニットのMRF485もメーカーから高価な保守部品を取り寄せてチャレンジされましたが失敗し,再び壊れてしまった,ということのようです.

どこまで被害が及んでいるかわかりません.
私も傷を広げないよう注意深く取り掛かりたいと思います.

|

« 敬語が変だった | トップページ | チップケミ »

アマチュア無線」カテゴリの記事

修理・工作」カテゴリの記事

コメント

将棋倒し的で、随分と複雑ですねぇ。
設計の段階で想定できなかったのかな、というのは結果論でしょうかね。

先週はある方のWeb上でCA-2000の公開修理やってました。
2SC1918で検索掛けるとすぐ出てきちゃう。
無事遠隔アドバイスで直りましたがね (^^v
症状が単純だし、本人の技量あってのことだとは思いますが。

投稿: JA7RHJ/熊谷 | 2009年6月 8日 (月) 00時28分

おはようございます。
このたびは、930がお世話になります。
電源関係の故障とたかをくくって自分で修理を始めましたが、・・・
技量不足で、あえなくギブアップしました。crying
でも、この診療所があってよかったです。
先生、よろしくお願いいたします。

投稿: ja0jxw/ito | 2009年6月 8日 (月) 05時32分

熊谷さん
>設計の段階で想定できなかったのかな

通常電圧より高めの保護用ツェナーが短絡してくれるので
パワトラのショートとしては被害が広範囲まで及んでいない
ってことは言えるのですがねHi

CA-2000の件拝見しました
AFは比較的扱いやすいですよね.
RFには魔物が..Hi

投稿: Yamada | 2009年6月 8日 (月) 08時27分

itoさんこんにちは

しばらくお預かりしますねHi

ゲインのあるRFパワー段は気を抜くと発振したり
熱暴走しますんで油断できませんね.

“先生”はこっ恥ずかしいのでカンベンして下さいHiHi

投稿: Yamada | 2009年6月 8日 (月) 08時31分

CA-2000の修理は懐かしいな、
実家に置いているCA-1000Ⅱも死んでいるだろうな。

トランジスタの足に付く黒い奴は硫化銀だと思っていましたよ、
症状の軽いうちは脚と脚の間に流れ付いた硫化銀が湿気の多いときに導通してノイズになると思っていました。

トランジスタの内部まで浸透するんですね、こいつ。
実は今ばらし始めている某受信機がこいつがいっぱいで・・・
何個交換するのやら、Trを発注しなければなりません。

投稿: JA7QQQ | 2009年6月 8日 (月) 10時32分

> 硫化銀

あっ 本当だ、間違った!
訂正しておきます (^^;ゞ
ありがとうございました。

ところで交換するトランジスタは何ですか?  2SC460?
安く買い込んだ在庫があるヤツならお回ししますが…
オーディオ用ばっかりでダメかな Hi

投稿: JA7RHJ熊谷 | 2009年6月 8日 (月) 12時06分

亜鉛のヒゲ,ウィスカの経験ありませんか?
アメリカ製の製品でそんな感じの故障に出会ったことがあります.

投稿: Yamada | 2009年6月 8日 (月) 12時22分

うーーむ
親亀の背中に小亀を乗せて・・・・・云々
親亀こけたら小亀、孫亀・・・・皆こけた
ってやつでしょうか?

投稿: sanyoshi | 2009年6月 8日 (月) 22時25分

現象は前の九州930と全く同じだし,
WEBを見渡しても世界中のあちこちでボヤッキーですねえ
>930の電源

投稿: Yamada | 2009年6月 8日 (月) 22時46分

TS-770は結局TR32個(ほとんどが2SC460さ)、Di3個、電解コン18個、タンタルコン3個、電球2個(Hi)交換して復旧しましたよ。
ここまで手をかけて治すほどの代物かって問題もありますがね。
全項目のアライメントも施して新品時の性能は満足しているものと思われますが、ここまで頑張ってもFT-100DMよりもカブリに弱い・・・まあそんなもんか。

投稿: jh7めv/シャック | 2009年6月 9日 (火) 00時15分

おー、ご苦労様です>770
ま、基本性能はそんなものでしょうか
H-mode Mixer にノイズレス・フィードバックアンプでも入れます?Hi

投稿: Yamada | 2009年6月 9日 (火) 00時27分

> 亜鉛のヒゲ,ウィスカの経験ありませんか?

あ~良く聞きますね、でも体験はしていないと思います。
銀マイグレーションとか亜鉛ウィスカーとか、理解(する努力?)不足で
原理・生成過程・症状等、区別が付いていないんですが… Hi

ところで、確かにこの程度のAFなら症状がはっきりしているし、
多少ラフでも楽勝ですね。RFの方がより見えないだけに…。
お道具の限られている狭隘マンションじゃ無理だし。

投稿: JA7RHJ/熊谷 | 2009年6月 9日 (火) 08時48分

MFJの製品で,ウィスカが原因でFPGAが飛んだんじゃないかな?というのが一度あります.
保守部品が無く,自分でプログラムも出来ないのでお手上げでした.

AFも目に見えませんがRFは測定器でも帯域や分解能が足りないと見えなかったり..敷居が高いですね.

投稿: Yamada | 2009年6月 9日 (火) 09時14分

RHJさん

2SC460ですよ
TRIOの受信機ですから・・・
R599でございます。

投稿: JA7QQQ | 2009年6月10日 (水) 17時45分

我が家にもR-599 あります・・2SC460ですかぁー 
昔の2SC460ストック品でしょうか?新しいTRの互換物の方が
良いように思うのですがいかが?

投稿: sanyoshi | 2009年6月10日 (水) 21時03分

2N2222にリプレース可能なのかな、
ft230MHz?NF2dBか
ありそうですね。

投稿: Yamada | 2009年6月10日 (水) 22時33分

樫木総業さん
2SC829が21円
2SC2787が32円
HW?

投稿: Yamada | 2009年6月11日 (木) 17時36分

2SC460または互換Trを使う必然性はあるのでしょうか。

コレクタ電流でhfeが変化するらしいですが、そんな必要ないでしょ。
低NFが必要なところもあるのかな。

R-599ならば40MHz止まりですよね。
秋月出身1本3円の2SC1815では案配が悪いものだけ検討する…
ではいかんのでしょうか。

投稿: JA7RHJ/熊谷 | 2009年6月11日 (木) 19時19分

460をどんなところに使ってるかよく見てないのですけど
NFBとかかかってなきゃたぶん1815でなんとかなっちゃう
ところもあるだろと想像しますね.
Cobもけっこう小さいんですね1815

投稿: Yamada | 2009年6月11日 (木) 21時25分

パーツフォレストさん

2SC2058 25個 150円 です.

投稿: Yamada | 2009年6月12日 (金) 17時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/126022/45270034

この記事へのトラックバック一覧です: 930_JA0_0:

« 敬語が変だった | トップページ | チップケミ »