« 元気が足りない電離層 | トップページ | TR-7,ICOM用バンドコントロール2 »

2008年12月28日 (日)

TR-7,ICOM用バンドコントロール1

TR-7にIC-2KLをつなぎたいというsanyoshiさんのリクエストで,TR-7からバンドコントロール用電圧を出しましょうという宿題です.

TR-7は内部にバンドスイッチのポジションに応じたBCD情報を持ってます.

  • 1.5MHz ⇒ 2
  • 2.5MHz ⇒ 3
  • 3.5MHz ⇒ 4
  • 5.0MHz ⇒ 5
  • 7.0MHz ⇒ 6
  • 14.0MHz ⇒ 7
  • 21.0MHz ⇒ 8
  • 28.0MHz ⇒ 9

そしてこれらはノーマル・モードの場合と,AUXモードの場合の2系統があります.
前回,AUXモードにWARCバンドを拡張しました.

一方,ICOMのバンドコントロール電圧は

  • 1.8MHz ⇒ 7.0~8.0V
  • 3.5MHz ⇒ 6.0~6.5V
  • 7.0MHz ⇒ 5.0~5.5V
  • 14MHz ⇒ 4.0~4.5V
  • 18~21MHz ⇒ 3.0~3.5V
  • 24~28MHz ⇒ 2.0~2.5V
  • 10MHz ⇒ 0~1.2V

なので,PICでも使ってBCDに応じて抵抗分圧回路をバッサバッサやり,適当なDC電圧を出せば良いのですね.

20081228 ノーマル・モードとAUXモードの切り替えについては,切り替えずにポート数の多いPICに全部つないじゃってもいいのですが,何か4回路2接点スイッチの役目をする都合のいいCMOSロジックがあるんじゃないかな?とモトローラの分厚いカタログをめくりました.

すると,MC14551Bですか,なるほど.

通販サイトを探してみたのですが,なかなか見つからず
『待てよ..』
と,パーツケースを引っ掻き回すと..
なーんだ,あるじゃんHi

|

« 元気が足りない電離層 | トップページ | TR-7,ICOM用バンドコントロール2 »

アマチュア無線」カテゴリの記事

修理・工作」カテゴリの記事

コメント

今晩は。

一瞬内蔵のD/Aコンバータを...と書きかけたのですが、PICにはD/Aコンバータ付いてるモデルがないんですね(汗)

#最近H8をよく使うので、染まっちゃってるようです(汗)

本年は色々とお世話になりました。来年もどうぞ宜しくお願い致します。

良いお年をお迎え下さいませ。

投稿: 7J3AOZ | 2008年12月28日 (日) 18時31分

白原さん,ごぶさたです

H8とか高機能なものが身近になってるらしいですが
いまだにPICも満足に使えません(汗
まあ,これはダイオードマトリクスでも出来そうな..Hi

こちらこそ,来年もよろしく.
SSNが上がったらガンガンやりましょうHi

HPI NW 2009 GL 73

投稿: Yamada | 2008年12月28日 (日) 18時51分

ほほ~なるほど…と思っても自分ではやらないだろうなぁ。
それよりは、日常的に電波を出せるか、という方が先決問題ですか。

今日はYAMAMAのAVコントロールアンプAVS-100のDC漏れを退治しました。
回路図がないので、基板の表と裏の写真とにらめっこしながらDC発生源を
辿りましたけれど、DCの供給源が…ない?
頭をひねって疑いを掛けたのが、出力端子直前についているミュート用Tr、
2SC2878。このベースにならば約-5.4Vが供給されています。
外してB-E間をテスタで測定したところ、逆方向で20MΩ。
何とベース供給電圧がエミッタに漏れていました。
2SC2878はON抵抗が低くリバースhfeが高い特殊なTrのようです。
とりあえず急場しのぎでREARのTrをFRONTに移植して鳴らしていますが、
幸いオークションで10個入手できました。後で全部交換しますわ。

投稿: JA7RHJ/熊谷 | 2008年12月29日 (月) 00時14分

熊谷さん,こんにちは
押し詰まりましたが,本年は数々のノウハウをありがとうございました.
来年もまたよろしくHi

このような回路はDACつきのマイコンならポートにつなぐだけであとはプログラム次第で一丁上がりなのですね(汗

>AVS-100のDC漏れ

半導体が中途半端に劣化するのは珍しいので興味深いです.
私は高周波ばかりいじってますけど,低周波もいろいろあって面白いですね.
WEBを見渡すと,概してオーディオは音が「甘いの,しょっぱいの」みたいな記事が多くて熊谷さんのような対応例は貴重だと思うですよ.

投稿: Yamada | 2008年12月29日 (月) 08時22分

し、しまった、訂正です。故障した2SC2878のB-E間の逆方向の抵抗値は
20MΩじゃなくて20kΩでした。
いつものヤマハのサービスさんに伺ったら、このTrでは良くあるらしいです。
故障って予想外のところで起きていますから面白いですよね。
まだ直すべきものがあるのに、次々に手を出して家族から顰蹙を買っています。

先日修理を承けた福井の方から、桐箱入り一升瓶を頂いてしまいました。
調べると、閉じた蔵が最後に造った渾身の大吟醸で、既に入手不可能な酒。
インターネットには出てきません。
こ、こんなの呑めないよ~!
この年末年始、実家に持ち帰って親と呑もうと思っています。
代わりに萩の月を送れ、とおっしゃるのですが、萩の月じゃ100個に
なっちゃうので(笑)、弘前のリンゴも送らせていただきました。

最近は高周波をいじるチャンスがないので、マンションでもできる
低周波ばかりいじっています。高周波関係は10年以上前の古い知識・経験
ばかりで、すぐにネタが尽きますよ。忘れていることも多いし… Hi

でも書かないとますます忘れるので、また来年もよろしくお願いします。

投稿: JA7RHJ/熊谷 | 2008年12月29日 (月) 13時00分

E-C逆接続でも動くTrなわけですねHi

なんかすごそうなお酒ですねえ
私は飲まないのでちっともうらやましくないですけどHi

>高周波関係は10年以上前の古い知識・経験ばかり

いやー,それは私のことのようで耳がイタいですよー(汗

投稿: Yamada | 2008年12月29日 (月) 15時30分

長波が許可されそうです。オーディオアンプの知識で出来そうですねhi
yamadaさんにはお世話になっています。今日の午後はステップIRを
見てきましたが、寒い青森で故障すると春までQRTになりそうで怖いですね。
年末のベタ雪と強風で714のステーが一本切れました。春までそのまま
になりそうです。

投稿: sanyoshi | 2009年1月 2日 (金) 00時49分

うちは低くて小型のアンテナなので被害ありませんが
寒くなるとローターが回らなかったりします。

SSN低いしスノーノイズはあるし
ハイバンドは厳しいですねえ。

投稿: Yamada | 2009年1月 3日 (土) 17時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/126022/43554937

この記事へのトラックバック一覧です: TR-7,ICOM用バンドコントロール1:

« 元気が足りない電離層 | トップページ | TR-7,ICOM用バンドコントロール2 »