« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月31日 (水)

皆様,本年はいろいろお世話になりました

2008123120081231_1

お礼と言ってはなんですが
目で召し上がって下さいHi

いつもの信州の粉に超粗挽きを10%ほどブレンドしてみました.
甘くて,香りが立ち,ちょっともっちり感があって美味かったです.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月30日 (火)

年末の混雑を避け

買い物はあえて駅前から続く中心街へと出かけました.
郊外の大型店はたぶんエラいことになってると思ったから..

デパートに楽々駐車して,食品売り場には人が居るものの上階はガラガラでした.
そこから市場の方へ足を伸ばしたりしたのは正解だったと思います.

お菓子売り場で何年も会っていない無線仲間の長老と奥さんを発見!
派手なニットの帽子とマイルス・デビスみたいなミラーのサングラスがミョーに似合ってる(笑
『元気でした?』
と聞くと
『なんとか生きてるよー』
よかった,よかった.

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年12月29日 (月)

TR-7,ICOM用バンドコントロール2

3bit_dacバンド・コントロール用電圧の取り出しですが,R-2Rという2値の簡単な抵抗ラダーでDACが出来てしまいます.

3bitで 0,1/8,2/8,・・・7/8 の電圧が取り出せますのでVCCに8Vを掛ければ3つのポートの操作だけで1Vステップ/0~7Vが取り出せますね.

実際はマージンが欲しいので少しゲタを履かせたいところですし,バッファがあった方が安心ですね.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月28日 (日)

TR-7,ICOM用バンドコントロール1

TR-7にIC-2KLをつなぎたいというsanyoshiさんのリクエストで,TR-7からバンドコントロール用電圧を出しましょうという宿題です.

TR-7は内部にバンドスイッチのポジションに応じたBCD情報を持ってます.

  • 1.5MHz ⇒ 2
  • 2.5MHz ⇒ 3
  • 3.5MHz ⇒ 4
  • 5.0MHz ⇒ 5
  • 7.0MHz ⇒ 6
  • 14.0MHz ⇒ 7
  • 21.0MHz ⇒ 8
  • 28.0MHz ⇒ 9

そしてこれらはノーマル・モードの場合と,AUXモードの場合の2系統があります.
前回,AUXモードにWARCバンドを拡張しました.

一方,ICOMのバンドコントロール電圧は

  • 1.8MHz ⇒ 7.0~8.0V
  • 3.5MHz ⇒ 6.0~6.5V
  • 7.0MHz ⇒ 5.0~5.5V
  • 14MHz ⇒ 4.0~4.5V
  • 18~21MHz ⇒ 3.0~3.5V
  • 24~28MHz ⇒ 2.0~2.5V
  • 10MHz ⇒ 0~1.2V

なので,PICでも使ってBCDに応じて抵抗分圧回路をバッサバッサやり,適当なDC電圧を出せば良いのですね.

20081228 ノーマル・モードとAUXモードの切り替えについては,切り替えずにポート数の多いPICに全部つないじゃってもいいのですが,何か4回路2接点スイッチの役目をする都合のいいCMOSロジックがあるんじゃないかな?とモトローラの分厚いカタログをめくりました.

すると,MC14551Bですか,なるほど.

通販サイトを探してみたのですが,なかなか見つからず
『待てよ..』
と,パーツケースを引っ掻き回すと..
なーんだ,あるじゃんHi

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2008年12月26日 (金)

元気が足りない電離層

宇宙は考えられていたよりも200km位近かった(/.japan)

C/NOFSが観測した現在の電離層の夜間の高度は420km、昼間は800kmとのことで、米国地球物理学連合が標準としている高度夜間640km、昼間960kmよりも低い。電離層は太陽の活動と密接に関係しているが、ここ数年太陽での黒点の発生数が少なく、活発な状態にないことと関係していると考えられている。

F2層の話でしょうけど,昼間に800kmとか960kmとか,そんなに高かったっけ?と一瞬思ってしまいました.
私たちアマチュア無線屋は下っ面(ツラ)のほうの境界面付近にばかりに目が行ってしまうけど厚みがあるんですねHi
なんにしても,もっと上がってくれないかなーMUF.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月22日 (月)

積もりました~

20081222今日の通勤は大変だったでしょうね.
と,他人事なのは今日,代休を取っていて四連休なのだ.
ずっと休めなかったし,腰の養生も兼ねて..と思いまして.

ゆっくり起き出して雪かき.
おふくろの家のほうは除雪が入ってなくて,しっとりした雪が30Cm強はありました.
帰りしなタワーを見るとアンテナが折れそうなくらいの着雪.

夜は会社の連中が「現場お勤めご苦労さんでしたの会」をやってくれるそうで,断る理由もないのでありがたく参加して苦労話などしてきます.
まあ,ある意味「出所」みたいなもんだし(^^;

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2008年12月19日 (金)

また穿刺

20081219

左手中指のガングリオンが何度も再発してまして,そのたびに潰したりしてたのですが,また位置を変えて大きくなってきたので整形外科で穿刺(せんし)してもらいました.

注射針ってのはスッと入るもんですねえ,縫い針じゃ痛くて穴あけられません.
ぷちっとやるだけで三割負担が1,060円,高いのか安いのか..

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2008年12月16日 (火)

指人形

20081216嫁いだ娘からのプレゼント.

くれた理由は
『おとんに似てるから.』

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2008年12月15日 (月)

痛てー

今日であらかた作業は終了,明日重機などを引き揚げて現場は終わるのです.
まだ書類作りは残りますが.

その最後の最後にぎっくりやってしまった..(泣
鋼管は思ったより重かったー

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年12月14日 (日)

現場ダイエット

現場も大詰めです,この一ヵ月半,現場に立ちつづけて身体にいろいろな変調がありました.
元来,歩きすぎたりすると右ひざの関節が痛む症状があり,以前医者に行ったら『加齢だね.』と言われて終了~だったのですが,最初にこの症状が出て足を引きずるような状態でした.
日頃の運動不足で全身筋肉痛.
足の痙攣は今でもときどき起こります.

泥水で手はガサガサ.
コレステロールで抹消血管が詰まってるのか,つま先は硬く,感覚がニブくなってきます.

アーク溶接の火花で顔は浅黒く日焼け.

一番目立つのが体重の減少,5~6kg以上は減ってるでしょう.
ベルトの穴が一つ狭まり,脇腹のポニョが消えました.
体脂肪率が4~5%減少.
二重になりかかっていたアゴがすっきり.
膝の痛みのほうも慣れと体重減少による負担軽減で逆に良くなりました.

ヤワな私にとってはそれだけ過酷だったということなのですが,会社の連中にはわからんだろなー.

せめて,この体型を維持したいですねえ(笑

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年12月12日 (金)

続・セラミック半田ごて用,センサレス・温度コントローラ

20081212_020081212_1

温度コントローラの件 ( 後編 もあり)

一応調整してこのような形に.
ツマミのドット二つが200℃,三つが300℃,間の点が50℃刻みです.

調整にはツルガのデジタル温度計とK型熱電対の接触型センサを使いました.

最初はコンパレータにヒステリシスを持たせてたのですが無い方がいいようです.

使い心地は...ヒマがなくて使ってません(汗

| | コメント (2) | トラックバック (0)

現場で

弁当など食べながら他の業者さんの様子を観察。

最近の電工さんは電柱登らないんですね、高所作業車がゾロゾロ。

おーい、バケットの中でくわえタバコはいただけないよ。
職長さんは何をしてるの?と見たら下の路上でくわえタバコだぁ...

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2008年12月 6日 (土)

大荒れでストップ

午前中,雪の中に立っていましたが,施工上の障害があって中断,協議待ち.
天候条件も悪すぎるので今日は元請けからストップがかかり退散.
会社で書類整理です.
現場が進まないのはイタいですがしょうがないです,せめて体を休めましょう.

メタボ気味だった体脂肪率が3%落ちました(^^v,ダイエットと思えば..(苦笑

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2008年12月 2日 (火)

バナナ・・・

あのブレのない職人さん

『山田さん,その辺にジュースの紙パック落ちてませんでしたかね?』

『ああ,捨てておいた.』

『どうもすみません,以後,気をつけます.』

『ところで,あの 
バナナ・ストロベリー ってさ,美味いの?』

『あ,いや,ダメだったっすね,最近こういうのにハマってるんですけどありゃマズいっす.』

OK,絶対買わないぞ,バナナ・ストロベリー.

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »