« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月29日 (金)

宿題頂きました

3homeworksTS-930,TR-7,FT-747GXの3台
お預かりしました.

こつこつやらして頂きます.

TR-7と747は初対面
わくわくしますHi

| | コメント (24) | トラックバック (0)

視界不良

20080828昨日の八戸からの帰り,山越え.

各地ですごい雨のようですねー.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月27日 (水)

考えすぎ

上司から,

『EXCELである日付から別の日付までの日数計算ってどんな関数使うんだっけ?』

という質問あり.

普段,EXCELなんてあまり使わないので突然聞かれてもピンと来ない.
VBAだとDatediffてな関数があったなーと言いつつEXCELの関数ライブラリを見てもない.
結局わかったのはEXCELでは" f "が一個足りないDatedifという関数が使え,ライブラリに無い理由は懐かしのロータス1.2.3のコマンドと互換性をとるためだけにある関数ということらしいのです.

しかし,はた,と考えるとマイクロソフトの日付ってそもそも1900年1月1日を「1」として始まる,ただの整数データに対応しているだけのものだったはず.
普通に日付データを引き算して結果を表示するセルの書式を数値にするだけでいいわけでして..
最初から関数を使うまでもないって話でしたね(苦笑

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月25日 (月)

フラッシュ弁,ついに息切れ

Flush_0 かつて,トイレの自動フラッシュバルブのニカド充電電池がダメになって間に合わせに乾電池を突っ込んでおいた件.
あれから1年7か月,とうとう動作しなくなりました.

ここまで持つとは全く思っていませんでした.
電池がどういう状態か気になりますので見てみましたところ,すっかり腐食しています.
これは,液漏れというより清掃に使う薬液の蒸気が影響しているのかなと思います.
テスタで電圧をあたりますとほとんどゼロでした.

Flush_1 今度は電池ホルダでも使おうか,とやってみたら動作しません.
なんと,電池ホルダのラグ端子に電圧が出てこないのですよ,二つとも!
見た目は大丈夫そうなのですが実は導通していません. むむ,カシメが甘いのでしょうか?
コテで溶けた樹脂が回り込んでしまったのかもしれません.

『いいやー,もう...』

と,また電池に直ハンダです(汗

| | コメント (0) | トラックバック (0)

WHOLE LOTTA LOVE

ジミー・ペイジが閉会式で "WHOLE LOTTA LOVE" ですか,見てなかった(汗
YouTubeで見た.
音がねえ,会場のPAで鳴ってるギターは迫力が足りない.
しかし,見た目ほど(失礼)しょぼくれてない演奏はうれしい限り.
ギターソロはバイオリンの弓で弾いてほしかったですね(笑

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年8月24日 (日)

戦時中のスタインウエイ

今読んでる本,スタインウエイ社の歴史の部分になってきました.

興味深いのは,第二次世界大戦中,ピアノは重要な製造物でないということで政府が作らせたものはCG-4A(USAF)というグライダーの主要部品なのだそうです.
音を奏でるピアノを作っていた人々が,音を立てずに兵士を前線に運ぶためのグライダーを作っていたとは皮肉です.
鋼材が欠乏している時代なので木工の技術が生かされたのでしょう,日本と同じですね.

ノーズ・ヘビーで耐空性が悪い設計のグライダーはやがて製造されなくなり,その次に作らされたものは,やはり木工の技術が生かされたもの,『棺』だったそうです.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

音感

Fork_a440子供たちにはどうやら絶対音感があるようなのだけど,私についてはランダムな音のピッチを言い当てるなどという芸当は到底出来ません.

ただ,Aの音を頭の中で想像しながら口笛で吹き,その後に440Hzのフォーク(音叉)を鳴らしてみると結構合っているときが多いもんです.
何か退化した感覚というか,あるのかもしれません.

また,訓練で少しは身につくものかな?とも思います.
ま,長いことギターのチューニングはチューナーを使わずこのフォークでやっているし,いつも聴いてる無線機のモールス信号のピッチが750Hzぐらいで,A音のオクターブ上の880Hzよりはちょっと低いというぐらいは慣れ親しんでいるので,そういうことなのかも.

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年8月23日 (土)

TS-930お返し

20080823_0週末ぐらいしか作業が出来ず,
瞬く間に一週間たってしまいました.

PLLのアンロックは解決した930ですが,
長いこと使ってないとのことですから
少し点検しておきます.
まず,18MHzと24MHzが送信できない状態
でしたので送信可能とします.

20080823_1それと受信調整とSメータ校正を行いました.

CWでは各バンド100W以上出て送信は問題なし.
一応SSBも確認しておこう...
ところが,SSBがさっぱり出てきません.
それじゃ,とトレースしましたところ,
原因は二つほどありました.

20080823_2一つはシグナルボードのマイク入力と
ライン入力のコネクタがなぜか逆になってます.
これらはGNDのピンがそれぞれ反対になって
ますので逆挿しすると信号ラインをGNDに
落としてしまいます.

挿しなおして解決か?と思われたのですが
どうも出たり出なかったりと不安定.

20080823_3もう一箇所,スイッチボードのPROCスイッチの
あたりがあやしいです.

基板のハンダ上げをしてみましたが不十分
なのでスイッチを分解掃除することにしました.

これで正常となりましたが,なにせ古いマシン.
再発や新たな不具合の発生も考えられます.

使用しながら経過を見ていただきたいと思います.

梱包して発送します.
ところでこの箱,あつらえたようにピッタリですがDELLの(サーバの?)箱です.
オーナーさんの梱包です,ジャストフィットでナイスです.

| | コメント (31) | トラックバック (0)

2008年8月22日 (金)

星野さん

岩瀬はずっとダメだったじゃないかー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月20日 (水)

共感覚

A Romance on Three Legs: Glenn Gould's Obsessive Quest for the Perfect Piano A Romance on Three Legs: Glenn Gould's Obsessive Quest for the Perfect Piano
Katie Hafner

Bloomsbury Pub Plc USA  2008-06-10
売り上げランキング : 41369

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

グレン・グールドに関する本,"A Romance on Three Leggs"を少しづつですが読んでます.ここまでの感想.(拙い英語力につき,勘違いがあるかもしれませんが)

少々ネタバレになってしまうのでこれから自分も読みたいという人は以下は飛ばしてください.

冒頭はトロントでのグールドの生い立ち,その天才ぶりや奇行についての逸話で始まり,かと思うと一転してサスカチュワンの田舎の極貧の家庭に生まれた視覚障害を持つVerneという少年がオンタリオの盲学校へ進み調律の技術を身につけていく話になります.

その二人がつながっていくわけですが,グールドの天才ぶり・奇行はおなじみの伝説めいた逸話の連続ですし,視覚障害を持つ人が職業訓練で調律の技術を身につける,ということもよくある話なのかなと思います.
その上で,ここまで読んだところで興味を引いた,ポイントとなる言葉が
「共感覚・synesthesia」(wikipedia)です.

共感覚って言葉は初めて聞きましたが,つまり,音の高低や数字を同時に色の違いとして感じたりする知覚を持つ人がいるということです.

私は作者がグールドとVerneをこのキーワードで何か意図的に強く結び付けようとしているように思いました.
まず,冒頭10ページあたりに母親の談として『三歳のころ彼はドの音がどのように響くかを,人が色を青だと認識するように理解していた.』と書いています.
そして次章でVerneについては,Verne自身は生まれつき数字や音に対して共感覚を持っていて,彼自身はこの特異な感覚について他人には誰にも話しませんでしたがグールドに初めて打ち明けた時,グールドはそれを聞いて『世にあるごく自然な現象であるかのように反応した』と書いています.

これを読んで私は最初,「グールドもVerneも同じ共感覚の持ち主だったんだ」と早とちりしてしまいました.
しかし,後述の娘の意見を聞いて改めて読み返してみると,ここまでのところに,グールド自身が共感覚だったとダイレクトには書いていないようです.三歳のころの逸話が伏線のように頭に残る書き方なのだなと感じました.
(この先,ズバリ書いてたらどうしよう;汗)

wikipediaによると,

>共感覚の中でも、音楽や音を聞いて色を感じる知覚は「色聴」といわれる。絶対音感を持つ人の中には、色聴の人がいる割合が高い。

ということなので音楽やってる娘にちょっと聞いてみたところ

 こないだ音を色で見るか?っていう人とインターネット上で議論したけど、あたしはドだから何色…とかはなくて、楽曲の流れの中で、和声的、対位法的に持つ役割を無意識に考える中で、色だけでは括れないけど、温度とか、柔らかさとかを感じてるよ.
 その人には、C durの四度とG durの一度は、音は同じでも曲の中に入ると、イメージも色も、勿論理論的にも違うと説明した。例えば作曲家も、調性の特徴を踏まえて、その調性にした意味を与えてるとも思う。
 そういうのを理論的に全く理解していなくても、感覚だけで把握して演奏してる人の演奏を、右脳的だと感じる。逆に理論で理解してても、機械的にしかアウトプット出来ない人の演奏を、左脳的だと思う。
 あたしが感じてるものが共感覚かはわかんないけど、そういう感じはあるんじゃない?あたしにとっては共感覚というか、右脳と左脳のバランスの取れた演奏が理想.
 グールドは、ドだから何色って感じてたの?この曲のこの音は・・・っていうのなら絶対音感があって和声や対位法の理論を理解している人には、多かれ少なかれ見えるもんじゃないのかな??

なるほど,一音一音に違う色が見えるという共感覚と,調性の違いで表情が変わるってことは似てるけど違うもの,でも容易に想像できること,ってことでしょうか.

グールド・リスペクトな娘.Bachを弾く時は低い椅子を好み,ペダルは出来るものなら極力使わないとか(笑

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年8月17日 (日)

サラダ蕎麦にしました

20080817_1蕎麦粉がまだ残ってたのでサラダ蕎麦.

そばつゆにお酢とオイルを加えてかけて食べます.

腹いっぱい食べましたー(^^;

| | コメント (6) | トラックバック (0)

TS-930お預かり

実は先日,神奈川県のKさんという方からメールを頂き,

  • 20年ぶりに納戸から出してきた930が動かない
  • 私のサイトの修理例を見ながら修理を試みたけど測定器も回路図もない状況では難しい
  • 思い入れのあるキカイなのでなんとか動かしたい

ということで一度診てくれないか?とのことでした.
それでは..と,次の条件で見させていただくことにしました.

  • 私は修理業者ではなく,100%趣味でやっており,修理が可能かどうかは保証できない.お預かりして拝見した結果によってはお受けできないこともある.
  • いつまでに出来上がるかはお約束できない.
  • 部品代の実費を頂くか,部品を調達して頂く場合がある.
  • 完了後は着払いにて返送.
  • 修理の経過をblogに掲載させて頂く場合がある.

930_00_2 昨日届いた930を早速見てみると
表示がブラックアウト.

これはPLLのUnLockっぽいです.

930はデジタルユニット基板のスルーホール不良
が多発するリグで表示の不良は多いのですが,
全く表示しない場合はUnLockをまず疑います.

930_01_2 UnLockを簡単に判断するには
PLLユニットの4番コネクタの
青いワイヤの電圧を見ます.

これが落ちていればUnLockです.

この場合,このコネクタを外せば
上の写真のように表示だけは出るようになります.

930_02 さて,ここからはUnLockの原因が
何処にあるのか?ということになります.

局発が止まっていたりということが多く
2006年6月にも似たようなことをやっており
あの時はCAR1が止まっていました.
今回は結果的にシグナルボードのHETの
36.1MHzが止まってました.

930_03 コイルのコアをぐりっと回してみると
あっけなく発振.

表示が復活し,元気に受信をはじめたので
一安心です.

長期間使っていないということですから
もう少しお預かりしてオーバーホールしたいと思います.

今回は単純な不調だったのですが,やはりオシロがないと辛いでしょうね.
なくても修理は可能ですが測定器があると大幅な時間短縮になります.

※追記
自分のマシンに同じ症状が出ているからといってその原因が本記事内容と同じとは限りません. 目視,触診,測定器で絞り込んだ一つの結果に過ぎず,同じ症状が出る原因は山ほどあります. 私と同じことをやれば直るとは限りません.
こちらもご参照下さい ⇒ 修理記事について

| | コメント (10) | トラックバック (0)

うゎ,アシナガバチ

20080817朝,おふくろから電話.
洗濯物を干そうと思っていたらハチに刺されたとのこと.

行ってみると15cmぐらいの巣がありました.
長袖作業服にヘルメット,手袋,首にタオル,殺虫剤で駆除してまいりました.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月16日 (土)

柔道がつまらない

さして有効そうでもない技を無理に仕掛ける格好から崩れ落ちて『待て』,それを早いタイミングでやっているほうがポイントが高いのでそんな柔道になっちゃってる.

塚田銀!相手は帯を締め直してばかり…(スポニチ)

これに至っては,帯を締め直しながら休んでいるのが見え見えで,スタミナ対策に組むたび解ける帯の結び方を研究してきたのか?と苦笑するほど.
仮に日本の選手がこういう勝ち方をしたら国内でも批判続出だろうと思います.
一本で勝って,にこりともしない,日本はそういうメンタリティで行けばいいんじゃないかな?
スポーツになりきってしまった柔道,『道』の意味を再認識してもらいたい.
そのためにも国際的な発言力を強化しないことには..

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月15日 (金)

珍客

20080815ゴマダラカミキリでしょうか.
けっこういい形.
我が家の網戸に舞い込んで来ました.

蕎麦を食べに来ためv殿の次男坊に持って行ってもらいました.
いやー,しかし,めv殿の長男が私と同じ身長(184cm)なのにびっくり,デカいとは思ってましたが..

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年8月13日 (水)

UTの胸元に

20080813あのSoder-Wick

これでアキバを歩けば気がついてくれる人も多いでしょうかHi

| | コメント (0) | トラックバック (0)

フェイクというより..

五輪開会式でTV放送、「巨人の足形花火」実はCG(nikkei.co.jp)

あれがCGだったということで騒ぎになっているようだけど,あれはどう見ても実写だと勘違いするほどの高いクオリティではなかったです.
『ふーん,ここはCGなのね。』
と普通に見てましたけどね.

| | コメント (6) | トラックバック (0)

お墓参り

お墓参り
朝、5時起床。顔を洗っていつもより一人分多めにコーヒーをいれてポットに詰め、おふくろの家に寄って5時半出発。墓園は予想外に空いてました。順調に墓参り。オヤジのお裾分けにあずかり一服。お墓で飲むコーヒーってなぜかうまい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月10日 (日)

A Romance on Three Legs

20080810もう届きました.
いい時代になったものです.

グールドとスタインウエイのCD318というピアノにまつわるお話しのようです.
私の好きな職人さんの話も出てきそうなので楽しみ.
私にとってはハリーポッターよりも興味深いです.

英語ではありますが,ぼちぼち読みたいと思います.

エレクトロニクスの専門書,楽譜,あと蕎麦の本ぐらいしかない私の本棚に置いておくだけでもなんかかっこよさげです(笑

| | コメント (4) | トラックバック (0)

流れ

スポーツに関してはとんと門外漢なのだけど..

『この時間帯,流れが向こうに行ってますから我慢のしどころですね。』

『流れがこっちに来てますから一気にたたみ掛けたいところですね。』

『流れ』はどんなものでしょう?

優勢・劣勢にはフィジカルなりメンタルなり理由があると思うのですが,そこに至らないで『流れ』で片づけてしまう便利で危ない言葉のような気がします.

解説者が『流れ』とか言ってるとなんだかなぁと思うし,監督が言ってると『大丈夫か?』と心配になります.

いや,ちゃんと把握してるんだけど,具体的に言っちゃって敵にリークしちゃマズい,とか,あまりにも高尚な内容なので手短には表現できない,とかいうことならしょうがないですけど.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月 8日 (金)

a mail from Canada

カミさんの幼なじみのMさん(カナダ在住)からメールを頂戴しました.

以前

>カミさんの実家は商店街の中にあり,「八百屋のTちゃん」と一軒おいて隣の「パン屋のMちゃん」は評判の2大看板娘として有名だったそうな(笑

と紹介させて頂いたMさんです.
ときどき当blogをご覧になっているとのことで,ありがとうございます.

メールでは,『ユニークな奥さんの趣味ももっと紹介したら?』というようなご指摘でした.
まあ,ユニークさだけは十分伝わっていると思うのですが(笑)食器や料理をネタに独自にblogでも作ったら?と話はしております.

それから,

> Glenn Gouldの事を書いた新しい本が出てますよ

と,下記の本を紹介していただきました.
これはこれは,さっそく注文してみたいと思います.

A Romance on Three Legs: Glenn Gould's Obsessive Quest for the Perfect Piano A Romance on Three Legs: Glenn Gould's Obsessive Quest for the Perfect Piano
Katie Hafner

Bloomsbury Pub Plc USA  2008-06-10
売り上げランキング : 41369

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ところで,いま北京オリンピック開会式でピアノ弾いてるこの丸顔はランランか?
ユンディ・リーあたりの方がよかったのでは..

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月 7日 (木)

出勤前に

20080807蕎麦を打ちました.

写真と同じぐらい頭が寝ボケてます.

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008年8月 5日 (火)

おまけ

20080805_2コードリールにするために無理矢理ほどいちゃったソダーウィックは別のケースに同居巻き.

異なる幅の吸取り線をいっしょに巻き込むってのも,もしかして便利なのでは?
と,自己満足.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自作?コードリール

20080805_0クルマに乗る時間が増えたので,携帯用のイヤホンマイクをヤマダ電機のポイントで買ってきました.

でも,「別になんでもいいやー」と買ってきちゃったもんで,今にしてみるとコードリールがついてなくて長いコードがじゃまなのです.
なんとかならんもんか?と考え..

さあ,そこで,どこのご家庭にも一つはあるでしょう 『ねーヨ!』←ツッコみ) 
ソダーウィック(ハンダ吸取り線)のケースです.

20080805_1 なんか,このために存在してたような気がするケースです.

※追記 Soder-Wickはサンハヤトだと「ソルダーウィック」になっちゃうのか..

| | コメント (12) | トラックバック (0)

エアコンから漏水

会社のPCのモニタのすぐ横にポタポタと水滴が!!
頭上のエアコン室内機(天吊)から落ちてくる.
場所が場所だけにヤバい

調べてみると冷媒配管の断熱材のスリーブ継ぎ手の小口から漏れてる.
断熱材が途切れている部分があり,そこに外側に断熱材のスリーブをはめてタイラップで絞めている構造なのだけど,タイラップの位置が内側に入りすぎて断熱材が重なっていない部分で絞められており,冷媒配管が一部むき出しで結露していました.

応急措置でタイラップを外側にずらし,断熱材が重なる部分で絞め直しておきました.
本日,空調屋さんに来てもらいましたが,私の応急措置を見て.

『これでだいじょうぶだと思いますけどね.』

でも,念のため断熱材をもう一巻きしてもらいました.

このエアコンも最初に取り付けた職人さんに問題があったようで不具合が続きます.
当初は温度調節がさっぱり利きませんでした.
調べてみたら温度センサが出荷時の仮固定場所におさまったままで所定の場所に着いていませんでした.
あと,フィルタを装着しようとするとドレン配管の断熱材が邪魔して入りません.
残念ながらプロの仕事ではなかったですね.

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年8月 3日 (日)

夏の蕎麦は

20080803_0あまり条件がよろしくないのですが,7日に蕎麦を食べに来たいというお客様の予定あり.
ちょっとリハーサルしておこうということで,ひさしぶりに蕎麦を打ちました.

20080803_1鰹節はいつもの店で削りたてのを買えてラッキー.
これでとった出汁は文句なし.

蕎麦の方は十割で..暑いせいか加水率はすこし少なめがいいようです.
やはり,秋の新蕎麦のようにはいきませんが,氷水で締めるとしゃきっとしてうまいです.

裏のお宅から地物の夏野菜などたくさん頂いたのでお返しに蕎麦をお持ちしましたー.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月 2日 (土)

フィールドデーだけど...

例によって移動されている方々に敬意を表して呼びに回ってます.
でも,回り込みで歪みまくっている局とか下手なオペが目立ちます.

たまたま聞いてたのだけど,某0エリアのクラブ局,8エリアから呼ばれているのが聞き取れない.
その相手に対して,QRZのあとになぜか自局のコールを延々と連呼.
その無意味さに少しイラっときます.
スタンバイしてまた呼ばれてるけど,まだ聞き取れない様子.
もう一回QRZ.
で,そのあとに自局のコールをまた何度も何度もご丁寧にフォネティックで連呼.
数十秒連呼.
これを4~5回繰り返して『おっかしいなー...』とつぶやいて居なくなりました.

『なんだよ,このヘボオペは..』

とあきれつつ,そういや去年もひどいオペについてボヤいていたなあ,と思い出しました.
同じ局じゃないでしょうね?いや,去年のは1エリアか..
こういうのを聞いてしまうと脱力感に襲われて,またヘッドホンを外してしまうのです.

| | コメント (10) | トラックバック (0)

これか,ジャガビー

20080802_2ジャスコにあった.

なるほど,
じゃがポックルのほうが数段うまいな,やっぱり.

| | コメント (4) | トラックバック (0)

道路清掃

20080802_0 20080802_1

会社の近所の道路をゴミ拾い.

いろんな会社が時々清掃している道路なのですが,けっこう落ちてます.
100mちょっとの区間を二人で往復,私の分がこれくらい.
タバコの吸い殻が圧倒的,缶類は茂みに捨てられています.

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008年8月 1日 (金)

今日は現場見学

ちょっと珍しい杭打ちの工法を見学.

当社から参加の社員,作業服にヘルメットはいいのだけど,暑いからって現場で半袖はやめようよ.
当然ながら,職人さんはみんなビシっと長袖なのに比べてカッコ悪いのです.

スーツも作業服も長袖が正装ですね.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »