« うまいなネルドリップ | トップページ | 揺れたー »

2008年7月22日 (火)

AMラジオの限界

夏休み子ども科学電話相談(NHK)

車で移動中,たまたま聞いてました.
面白いですよね,これは.

少し技術的に気になった点がありました.

ひとつはイルカの調教の件.
イルカへの指示は超音波を含む極めて高音のホイッスルを使うとのことで,現場で吹いてみせてました.
現場では可聴域部分の高い音も確認できたのでしょうけど,ラジオ中継の音声帯域ではさっぱりわかりません.
ましてや,電話を通して聞いている子どもには無理でしょう.

もうひとつ,拡声器の質問の件.
これも実験的に離れた場所から「肉声,メガホン,拡声器」と音を拾って比較していたのだけど放送ではコンプレッションが利いていて平均化され,その変化がそれほど顕著に出ていないのでは?と感じました.
(差があるのはわかるのですが,おそらく現場で感じているほどには伝わっていないのでは?というニュアンスです)

AMラジオという特性を考えると,こういう音に関する実験的方法はなかなか難しい面がありますね.

|

« うまいなネルドリップ | トップページ | 揺れたー »

科学・疑似科学」カテゴリの記事

コメント

そういや、昔、NHK第一とNHK第2でステレオ放送やってたことがありましたね。
受信機を2台並べて、聞いていた人が居るのでしょうか。
当時、電気屋かどっかで聞いてみましたが、たいしたことありませんでした。
あれも「AMラジオの限界」でしょうね。

投稿: sugiyama | 2008年7月22日 (火) 21時28分

中波2波でのステレオ(立体放送)は相当古いと思います.
60年代?

その「限界」はちゃんと克服されて,カーン方式,モトローラ方式とかあって結局モトローラ方式採用ですか.

地元じゃステレオ放送やってませんね.
北海道はやってるみたいだけど.
ソニーで受信機も作ってるらしいですな.
楽しんでる人もいるんでしょうか,聞いたことないけど.

投稿: Yamada | 2008年7月22日 (火) 22時04分

Yamada さんの言うAMステレオより古いみたいですが…

> NHK第一とNHK第2でステレオ放送

昔々(45年前?)、わが家にそのようなステレオがありましたよ。

トランスレスの5球スーパー構成(たぶん12BE6-12BA6-12AV6-30A5-35W4)
でしたが、それが両チャネルに付いていました。
片チャネル(左?)は短波付3バンドだったかな。
左右どちらが第1放送でどちらが第2放送か、という印が書いてあった
ような気がします。
メーカーはコロンビアかビクターあたりじゃなかったでしょうか。
スピーカーはロクハン1発でした。

小さい頃は、ラジオに入る雷のガリッというノイズがうるさくて
怖かった記憶があります。今のアンプと20dB違うんですけれどねぇ。
耳が衰えたんでしょうか。

このステレオはその後私の餌食になってバラバラにされましたが、
スピーカーだけは社会人になり現在タワーが建っている肴町に
引っ越すまで結構利用していました。

投稿: JA7RHJ/熊谷 | 2008年7月23日 (水) 12時47分

五球×2,ダブルチューナーとは豪華ですねHi
そんなラジオは見たことありません.
wikipediaによると1952年ごろからやってたようですが,それ以前から試験放送があったかもしれませんね.

オヤジが聞いてたチューナは自作でAMはカーラジオのフロントエンドを利用したプリセットだったですね.
FMチューナも最初のころは自作だったか,いやサンスイだったか..マジックアイが妖しく光ってました.

短波つきのスーパーは恰好の餌食ですね,私もしゃぶりつくしましたHi
今風に言ったらエコでしたねえ(笑

>雷のガリッ
今ほどAGCも利いてないでしょうし,ダイオードリミッタでANLとか言ってた時代ですねえ,懐かしい.

投稿: Yamada | 2008年7月23日 (水) 15時05分

はじめまして。
817NDの記事を拝見して以来、楽しく拝見させていただいています。
皆さんのコメントと趣旨が違いますが、先日TBSラジオで面白いコラムがありました。ポストキャストで配信していますので、お暇なときに聞いてください。

http://tbs954.cocolog-nifty.com/st/2008/07/17/index.html

7/17(木)ストリーム・コラムの花道
コラムニストの辛酸なめこ女史が美術館へ訪問した話です。

投稿: ex 1ork | 2008年7月23日 (水) 17時01分

ex 1orkさん,はじめまして.
ちょっと無線ネタが足りませんね,すみませんHi

十和田市の現代美術館ですね,仕事でしょっちゅう通りがかるので外から眺めましたが,まだ入ってません.
官庁街通りで,昔その近辺に住んでたこともありました.
美術館が出来るとは思いもしませんでした.

キリストの墓のある場所を『にいざとむら』と言っていましたが『しんごうむら』が正しいです.
旧戸来村(へらいむら)が新郷村に合併しました.
まー,「へらい」が「ヘブライ」に通じるとかいう話になるのですが..

ご当地ネタが県外の方にどのように映るのか,という部分は想像通りでもあり,意外でもあり,面白いです.

投稿: Yamada | 2008年7月23日 (水) 18時10分

すんません、話が戻っちゃいますけれど、
AMステレオ、おぼろげながら思い出して来ました。

確か真ん中にマジック・アイがついていました。
横行ダイアルに文化放送・ニッポン放送の位置がマークされていました。
でも盛岡では聞けませんでした。
良い子は宵っ張りしない(できなかった?)ので。
片チャネルのIFTが455kcでなくて、ちょっとずれていた(475kc?)
じゃないと干渉起こしますもんね。

投稿: JA7RHJ/熊谷 | 2008年7月23日 (水) 19時06分

熊谷さん,
やはりマジックアイがポイントですねHi
糸かけ横行ダイアルもぐっときます.
なるほど,IFTもズラしてたわけですね,面白い.
そのころ限定の逸品でしょうね.
オークションとかに出てるもんでしょうか?

投稿: Yamada | 2008年7月23日 (水) 21時14分

いや~骨董オークションは良く見ていないんですが… (^^;

ここ↓のコロムビア製は中味だけですが、なんか近い感じがします。
http://radiomann.hp.infoseek.co.jp/HomePageRadio/Radio_P65.html

東芝のIFT、やっぱり475kcになっていますね。

投稿: JA7RHJ/熊谷 | 2008年7月24日 (木) 12時16分

なるほど,当時最先端のMT管ですかHi
やっぱりこのテのラジオは見たことありません.
限られた時期に出回ったものだからでしょうね.
高価なものだったでしょうから持ってる人も少なかったでしょうし.
あと,私が若いから?HiHi

投稿: Yamada | 2008年7月25日 (金) 13時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/126022/41935527

この記事へのトラックバック一覧です: AMラジオの限界:

« うまいなネルドリップ | トップページ | 揺れたー »