« 無駄だらけ:追記 | トップページ | いくらなんでも »

2008年4月10日 (木)

理系夫婦の会話

晩メシ喰いながら見ていたTVにたまたま映ったダイアモンドリング.

『私もこういうの貰える時がいつか来るのかしらねー?』

『いえ,貴女の前にはどんな宝石も輝きを失うでしょうから(棒読み)。』

『金属工学科出身としては最も硬度の高い鉱物に興味があるのよね。』

『あんなのただの炭素じゃん,どう?備長炭で手を打っちゃ?』

『それじゃダメなのよねー,いい具合に結晶してないと。』

|

« 無駄だらけ:追記 | トップページ | いくらなんでも »

科学・疑似科学」カテゴリの記事

コメント

いえいえ
理系に限らず
そういうものなんですよ

投稿: sky | 2008年4月10日 (木) 20時18分

つも、素朴な疑問として思うんですけどね、いえね、女性が宝飾品好きなのは知ってますけど、なにゆえ、あんなに好きなのか?という疑問。。
大多数の男性は、そんなに、宝飾品欲しがらないですよね。
そういうもんだと言われればそれまでですが、やっぱり疑問。
自分が、宝飾品に魅力感じたことないもんで、余計に。

投稿: sugiyama | 2008年4月10日 (木) 21時29分

そうですねえ,
どうしてあんなものが欲しいのかさっぱりわかりません.

『モース硬度10のサンプルとして欲しい』
という理由はまだスジが通っている?(笑

投稿: Yamada | 2008年4月10日 (木) 22時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/126022/40840770

この記事へのトラックバック一覧です: 理系夫婦の会話:

« 無駄だらけ:追記 | トップページ | いくらなんでも »