« こうして漏れるのですね,怖い | トップページ | 気分を変えて »

2008年4月 5日 (土)

違和感の

原点がわかってきたような気がします.

O君も私も雇用時に『技術者』として雇われたわけではないということ.
会社に(建前上)エンジニアは一人もいないということで,実際,私は営業職を担当した期間も長いわけです.

一方,O君も私も『人種』としてはコテコテのエンジニア志向.
与えられた環境の中でエンジニアとしての能力が発揮できるならやろうとするわけです.
社内にそういう人間がいないならアウトソーシングとかいうことになりますが,自助努力でできるならやっちゃいましょう,ということになります.
コスト考えても当然そうなります.
で,システム管理もアプリケーション開発も自前修理もCADもCGもやってきたわけです.

これが新しいムーブメントであって,

『旧来と同じ考えのままでは(著作権ほか)扱いきれない問題が発生しますよ.』

という問題提起は六年以上も前からしているのだけど,対応してきていないツケが表面化してきたんだと思います.

昨日は歓送迎会.
そういう席ではアルコールも入って(私はウーロン茶だけど)

『知識とか問題意識,危機管理意識が不足しているね.遠慮とか保身とかダメなところだな.』

と,私に理解を示すエラい人も多いのですが,
そういう方も猫に鈴をつけ,『王様!裸ですよ.』と言う立場ではなかったり..

|

« こうして漏れるのですね,怖い | トップページ | 気分を変えて »

その他」カテゴリの記事

コメント

19世紀イギリスの産業革命のころの経済界の有名なギャグに
、「資本家の理想とする会社と言うのは、人件費がかからない従業員が存在すること。」
従業員がいない、ではなく、人件費がかからない、というのがミソです。
ギャグとしているくらいなので、資本家の方々は、そんなのありえないとは思ってるのでしょうが、ひそかにあこがれてはいるのでしょう。
つまり、会社というのは、働くコストを認めない、ということでしょうか?

この考え方が現代日本でも、「人件費がかかってるから、なんでもやれ!」みたいに、歪んであらわれてるのでしょうか・・・・・・。

投稿: sugiyama | 2008年4月 5日 (土) 09時01分

PC関係のことになると理解しようとも思ってないみたいなのでね.
前の経営者なんか私らがアドミニだというと『なんで社員のお前らのほうが上の立場なんだ!』と怒ってましたねHi
直接説明するチャンスもなかなかないし,そんなこんなで,現実とズレてきてこういうことになります.

投稿: Yamada | 2008年4月 5日 (土) 17時09分

そもそも、日本という国全般に言えますが、手間手順=プロトコル=ソフトウェア を経済的に認めようとしません。
これも、タンを発すれば、経営者たちの無形の手間を認めようとしない姿勢(つまり、頭脳はただ。)という姿勢から来ています。
そんな姿勢、風潮があるかぎり、説明しても無駄だと思いますよ。
ご本人(経営者)が、それに関して(経済的に)損失でも被らない限り、無理でしょう。

投稿: sugimama | 2008年4月 5日 (土) 18時31分

脱線しますが
ときどきsugimamaさんになってますけど
IPアドレス同じだからsugiyamaさんですね.
タイプミスにしては y と m 離れてますよね.
何でかなー

投稿: Yamada | 2008年4月 5日 (土) 21時53分

何が良いのかわかりませんね。
私も自分の仕事を申告して自分で年棒を決める
なんて馬鹿な事に巻き込まれたことが有り
売り上げ数字以外ポイントのならないシステムに
ぶち切れていた事がありました。

今はありがたくも自分の好きなようにやらせていただいていますが
自分が思うように動けるのはいつまでなんでしょうね。

投稿: JA7QQQ/8 | 2008年4月 5日 (土) 22時44分

そうですねー,つきつめると
私がやってきたことは想定外で,
そもそも経営者が期待してたことじゃないんだよ
って言われて終了という可能性もあります.

システムのメリットがわかってないと
手書きに戻って現場がどうなっちゃっても
間のプロセスにどんなムダがあっても
最後のプリントアウトさえ出てくれば
それでいいわけですからね.

投稿: Yamada | 2008年4月 6日 (日) 00時00分

お疲れ様です

Yamadaさんの言うとおり
その仕事を外部に廻したら、金と時間が掛かる
それも理解しない、出来ないのでしょう
適当に力抜いてください

私は技術屋ではないので聞くだけにしていましたが
同じようなケースかもしれないので書きます

ある営業の職場で、数多くのセールスマン
年間、一人で数億から数十億という数字を持っています
その中で宣伝販促担当の私は数字がありません
だからといって、仕事が無いわけではありません
特に販促は土日が仕事のため、家族とはすれ違いのまま
明け方まで現場というのもざら、職場ではふらふら

頭の固いおじいさんたちには永久に理解されない

投稿: sky | 2008年4月 6日 (日) 06時45分

「経営者が期待していること」
使われる身には辛い言葉ですね。

この場合、何がどのように、何に効果があって
何時までにこのような結果出る。

みたいな説明ができるものしか通らないのが現実ですよね。
成果主義がもてはやされ、縁の下の力持ちが減ってしまい
その歪が出てきて世の中が(会社が)ギクシャクしてきたのに、
この先行き見えない社会状況じゃ、経営者は目の前しか見ないのでしょうね。

多かれ少なかれ、何処でもあることなんですね。
コストを考えずに私を単身赴任させる会社もありますしね。

家賃、毎月の往復飛行機代、単身赴任手当てなど考えたら
若いやつを一人雇ったほうが良いのにね。

投稿: JA7QQQ/8 | 2008年4月 6日 (日) 08時16分

私たち作業者側(体質も含めて(笑))、一種普遍的な価値を、この灰色の脳細胞を使って生み出さないと仕事にならないわけです。

経営者は、そんな普遍性とは関係なしに、目先の労働者の扱いで仕事になるわけです。

使うエネルギーの大きさは、大変違うものがあると思いますが。


投稿: sugiyama | 2008年4月 6日 (日) 08時47分

これがIT企業ですと反対に経営者はすべてを知っていながら
技術者をボロ雑巾のようにこき使うわけですよね.

そういう意味ではどこも大変なのですが..

四面楚歌ではぜんぜんないのです.
私と直接話をする人はみんなある程度の理解を示して
いるように見えます.
でもそれが逆にクッションになって砦が開かないんでしょう.

『期待してたことじゃない』という感覚かもしれませんが
私は最初から個人の著作物を使うというのはどういうことか?
を含め

「こういうシステムを作りましたが会社として使いますか?
使いませんか?
使う場合は会社として使うことをオーソライズして下さい.」

ということだけはくどく言ってきました.
法人著作としたい場合はどういう手続きが必要かもすべて
文書で出しています.
先回りの理論武装と言えば大げさですが,
こういうことへの対応は会社の危機管理としても
必要なことを示したかったからです.
それも忘れてるのか,認識していないのか.

それらにきちんと向かい合うということは技術者の存在を
認めてしまうことになるので話が据え置かれてきたのでしょう.

投稿: Yamada | 2008年4月 6日 (日) 09時23分

↑ (都合のいいようにさる)だから、そういうのを「目先につかわれる」というのですよ。
作業としての大変さは経営者にはないと思います。あるのは。「覚悟」の大変さだけでしょ。
でも、つきつめると、「覚悟」の大変さは同じような気がしますが。
違いは、「気質?」。

投稿: sugiyama | 2008年4月 6日 (日) 09時33分

目先に使おうという意思もなく,現場で起こっていることを
知らないと思います.
シンプルに『わからない』『理解できない』だと思います.
それが動かないのはやっぱりいろんな立場の人の
『わからない』『理解できない』,あと保身もあるでしょう.

私一人の資格を有効に使って新しく作れという建築関係の体制にしても,
建設業登録時に資格者(技術者)は営業所に専任する必要があり,
私はそれに専任されています.
一方,現場にも主任技術者(金額によってはここも専任でなきゃいけない)
が必要でそれらは限定的な例外を除いて兼務できないわけです.
私に分身の術は使えません.
コンプライアンスを守ろうとすると一人だけ資格者がいてもしょうがない,
というのはそういう意味なのです.
前提となる知識,調査が無いままされている判断,
それに戸惑っているのが私なのですが,何かゴネている人にしか
思われてないのが歯痒いんですね.

まあ,正論や事実は私サイドにあると思ってますから.

投稿: Yamada | 2008年4月 6日 (日) 10時10分

コンプライアンスを守るための表面的なことしかやっていない会社を良く見かけます。
形式上、資格者がいれば良い、何か起きた時の為、だとかそんなもんなんでしょうか。

頑張りすぎずに大らかに行きましょう。
私も法人営業チームを立ち上げてくれと言われて北海道まで来ました。
一人では何も出来ないので周りを巻き込みながらやっていますが、
会社の期待は、ドカンと成績を上げる事なのでしょう。
好きにやらせて貰っているので感謝しています。

投稿: JA7QQQ/8 | 2008年4月 6日 (日) 10時40分

>何かかゴネている人にしか思われてないのが歯痒いんですね.
>まあ,正論や事実は私サイドにあると思ってますから.

↑ このことは yamada さんの人柄を信じるとして(笑)、組織の中で浮いた存在にならないように、根回しとか、裏工作、(あれも日本的、これも日本的)で、うまくやってくださいな。
怖いのは、上の人より、若いもん、です。
話をこじらせたり、切れたりしますから。

投稿: sugiyama | 2008年4月 6日 (日) 10時41分

長いコメントスレになっちゃいましたねHi
愚痴るつもりはないのですが正直なところの当惑なのです.

まあ,既に浮いた存在です(汗
出世しないタイプなのは自覚してます.
煙たいヤツと思われても言っておかないとダメなこともありますしね.

会社への提案はあれも,これもスルーされ続けてきてるので
文書で残してあります.
話し合いの時に『それ,前にも言ってありますよね。』と確認する
のが常です.

将来のあるO君のことを考えてもこのままじゃマズいです.
見ないふりを考え直してもらういい機会かとも思ってます.

投稿: Yamada | 2008年4月 6日 (日) 13時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/126022/40770102

この記事へのトラックバック一覧です: 違和感の:

« こうして漏れるのですね,怖い | トップページ | 気分を変えて »