« おとなしいときは | トップページ | カナダからクリスマスカード »

2007年12月18日 (火)

また最下位

本県男女再び最下位/平均寿命(東奥日報社)

 本県の平均寿命は男性七六・二七歳、女性八四・八〇歳で、いずれも五年前の前回調査に続いて全国最下位だったことが十七日、厚生労働省が公表した「二〇〇五年都道府県別生命表」で分かった。中でも男性は四十六位の秋田県と一・一七歳もの差があり大きく引き離されて最下位だった。

 生命表は、人口動態や国勢調査などを基に「平均余命」を算出したもの。ゼロ歳児の平均余命が平均寿命を意味する。全国平均は男性が七八・七九歳、女性は八五・七五歳。都道府県別のトップは男性は長野の七九・八四歳、女性は沖縄の八六・八八歳だった。

 生命表は一九六五年から五年ごとに作成され、本県の男性は七回連続、女性は二回連続の最下位。本県の女性は前回から一・一一歳伸び、伸び幅は全国二十一位だったが、男性は伸び幅が〇・六〇歳と全国最低。本県の寿命の男女差は八・五三歳(全国平均は六・九五歳)と全国最大だった。

平均寿命最下位,男女差最大...平均賃金も最下位争いの常連であるこの地の男子は哀れですねえ.
さっぱり改善する気配が見られません.
タバコにまだまだ甘い社会,酒好きということもあるでしょうけど,乳児死亡率や自殺率の高さが影響しているのでしょうね.

|

« おとなしいときは | トップページ | カナダからクリスマスカード »

その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/126022/17401310

この記事へのトラックバック一覧です: また最下位:

« おとなしいときは | トップページ | カナダからクリスマスカード »