« 初雪 | トップページ | タイヤ交換 »

2007年11月16日 (金)

今日のおけいこ

Winkey2の押しボタンスイッチの照光についてムダに入れ込む件.

前回,A/Dコンバータ入力によって出力先ポートを選択する実験に成功しましたので,今回はそのポートをメッセージが送出されている間(PTTがオンの間)持続させるというものです.

20071116_0 20071116_1 実験回路は図のとおり,SW1を押すとR1とVR1で分圧された電圧に応じて出力先が決まり,PTTを模したSW2が押されている間LED点灯が保持されていればOKです.
慣れないPIC,ポートの設定に戸惑いましたがなんとか思い通りに動作させることが出来ました.
実際に動作させるときはタイミング調整が必要かもしれません.

ここまで来ればキーイングの符号に応じてピカピカすると面白いだろうというsanyoshiさんのご意見に従うしかないでしょう(笑

で,プログラムでやることも考えているのですが,同僚のO君が
20071116_2『PTTさえ反映したら,あとはハードでいいんじゃない?』
という方法が左の図.
キーイング信号に応じてLEDのカソードをTrでバサバサとスイッチングするわけ.
たしかにそれも可能ですね.
まあ,でも肝心のWinkey2のチップが来ないし,プログラムでやる方法を考えながら待つのもよろしいかとHi

|

« 初雪 | トップページ | タイヤ交換 »

アマチュア無線」カテゴリの記事

修理・工作」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/126022/17090701

この記事へのトラックバック一覧です: 今日のおけいこ:

« 初雪 | トップページ | タイヤ交換 »