« L.Z再結成 | トップページ | 買えそうで買えない »

2007年9月14日 (金)

hp 35sで遊ぶ アンテナ調整

やっと入手したhp電卓35s,ツラ構え,使い心地,気に入りました.
まだまだ使いきれないですが勉強したいところです.

非常にレベルの低い応用でお恥ずかしいのですが,アマチュア無線向け入門にこんなのはどうでしょうか,アンテナのカット&トライをする際の目安になると思うのですけど.

20070913_0 EQN(Equation:方程式)に
L=75000÷A-75000÷B
たったこれだけを打ち込みます.
これで準備OK

ここで変数の意味は(1/4波長のエレメントにおいて)

  • L(Length)が調整する長さ(単位:mm)
  • A(After)が調整後の周波数(単位:MHz)
  • B(Before)が調整前の周波数(単位:MHz)

例題1
現在7.0MHzに共振(B)しているDPの共振周波数を(A)7.05MHzにするにはカット&トライ(L)をどうしたらよいか?

20070913_1 20070913_2 EQNキーで方程式を表示して一行目に"L=75000÷A-75000÷B"を表示
『SOLVE』を押す(青色右矢印後EQN)
表示が"SOLVE  _"と入力待ちになるのでアルファベット・20070913_3キーで今回求める『 L 』(調整する長さ)を入力する
(Lを求める場合に限りSOLVEキーじゃなくENTERキーでもここまで進みます)
表示の上段にA?と出るので下段に7.05と打ち込み『 R/S 』ボタンを押す
(ここで前回計算に使ったデータが表示されるが『 ← 』キーでクリアできるし上書きも可)
20070913_4 表示の上段にB?と出るので下段に7.0と打ち込み『 R/S 』ボタンを押すと結果,
L=
    -75.9878

となりエレメントの片側を約76ミリのマイナス,すなわちカットするということになります.


例題2
現在(B)21.1MHzに共振しているエレメントを片側(L)50mm切ったら(A)共振周波数はどうなるか?

EQNキーで方程式を表示して一行目に"L=75000÷A-75000÷B"を表示
『SOLVE』を押す(青色右矢印後EQN)
20070913_5 表示が"SOLVE  _"と入力待ちになるのでアルファベット・キーで今回求める『 A 』(調整後の周波数)を入力する
表示の上段にL?と出るので下段に 50 『+/-』(←符号変換)と打ち込み『 R/S 』ボタンを押す

20070913_6 20070913_7(ここで前回計算に使ったデータが表示されるが『 ← 』キーでクリアできるし上書きも可)
表示の上段にB?と出るので下段に21.1と打ち込み『 R/S 』ボタンを押すと結果,

A=
     21.4010

となり共振周波数が21.4MHzぐらいまで上昇するということになります.


どうでしょうか,現場で鉛筆を舐めながら『えーと...』というよりはスマートではありませんか?Hi

なお,簡易にするため短縮率などは考慮しておりません.
皆さんはもっと気合を入れてさらに有用なものを考えて私に教えてください.
PSE K

|

« L.Z再結成 | トップページ | 買えそうで買えない »

お気に入り・物欲」カテゴリの記事

アマチュア無線」カテゴリの記事

コメント

ええっと
馬鹿な質問です
共振していないときに
共振させる式は無いのですか

そんな式、ありえない
というか、元の数値が無いね
失礼しました

投稿: sky | 2007年9月14日 (金) 16時40分

1/4波長を基準に単純な計算ですから
どこかに共振していてもらわないと困りますHi

通常の計算値で作って共振していないなら
それはたぶんエレメントの長さの問題じゃありませんね.
バランとかコネクタとかケーブルとか.

投稿: Yamada | 2007年9月14日 (金) 17時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/126022/16439787

この記事へのトラックバック一覧です: hp 35sで遊ぶ アンテナ調整:

« L.Z再結成 | トップページ | 買えそうで買えない »