« 穿刺,おー専門用語 | トップページ | 再会の日は来るか »

2007年7月 6日 (金)

電子政府があきれる

厚労省のソフトに欠陥 利用者情報流出のおそれ(asahi.com)

 年金や健康保険などの申請や届け出をインターネット上で行う厚生労働省の電子システムのソフトに欠陥があり、利用者のパソコン内の情報が流出する危険性があったことが5日わかった。厚労省は6月26日にこの欠陥を把握したが、10日間放置していた。昨年度のシステムの利用件数は約9万5000件。これまで被害報告はないという。

 同省によると、「電子申請・届出システム」は03年に導入され、年金や健康保険、食品輸入など同省が所管する行政の約9割の手続きができる。システムを使うために利用者がパソコンに特定のソフトを導入すると、外部からパソコンを操作され情報が流出する恐れがあるという。

 ソフト開発会社は昨年12月以降、自社のホームページ(HP)上で注意喚起したが、同省は内閣官房から連絡を受ける6月26日まで欠陥を把握できず、その後も「利用者に迷惑をかける」との理由で利用中止や注意喚起などをしていなかった。

 同省は6日未明、利用者に注意を呼びかける文書をHPに掲載した。同省情報企画室は「早急に対応するべきだった。反省している」と話している。

 同省によると、他省も同じソフトを利用しているが、すでに最新版への切り替えを利用者に呼びかけているところもあるという。

セキュリティに穴が確認されている欠陥ソフトのインストールを強制されるというふざけた話です.
既に最新のJAVAが入っているマシンでは政府のシステムを使えず,古いバージョンにダウングレードしないといけないのでしょうね.※追記(コメント頂きました,環境切替ツールがあるようです)
これって,以前,アマチュア無線免許の電子申請でも同じことがあったな.
山形浩生さんが免許申請しようとしたときの話「電子政府って、やる気あるんですか?」が2005年11月ですね.

---部分引用---

 インストールしても起動できないのだ。

なぜかといえば、このアプリケーションが特定のJavaのバージョンを必要としているからだ。SunのJava VMのバージョンが、1.4.1_04 でなくてはならない。1.4.1「以上」ではない。ずばりこのバージョンでなきゃいけないのだ。現在の最新版は1.5.0 だ。しかも最近は、Javaも自動的にアップグレードされる。だからたいがいの人は、すでにもうこの電子申請を使えない状態になっているわけだ。

 なーんだ。さんざん手間をかけてあれこれやったのに。もちろん、いまのJavaを抜いて古いやつに入れ替えれば、使えないことはないんだが、これだけのためにわざわざJavaをダウングレードするやつはいないだろう。他に動かなくなるアプリケーション等があるといやだもの。

---引用終わり---

進歩も何もない.ほんとにやる気あるんでしょうか?

|

« 穿刺,おー専門用語 | トップページ | 再会の日は来るか »

PC関係」カテゴリの記事

アマチュア無線」カテゴリの記事

コメント

SunJavaは複数のバージョンをインストールして切り替え可能ですが...。
電子申請は2日ぐらいで決済されるので便利に使っております。
1アマ従免も工事担任者もパスポートも電子申請でやっております。

投稿: JE4SMQ | 2007年7月 6日 (金) 11時57分

JE4SMQさんコメントをどうも.
なるほど環境切替ツールのようなものがあるのでしょうか,参考になります.
有効に電子申請を利用されているようですね,私はまだ経験がありません.

NHKニュースでは「すぐに削除してください.」とウィルス扱いでしたねHi
役所でシステムを作る予算とセキュリティを含めたアップデートの予算や管理がどうなっているのか,というところですね.

当社でも入札システムなどインストールしている場合があり,アップデートの確認に追われました.

投稿: Yamada | 2007年7月 6日 (金) 13時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/126022/15668186

この記事へのトラックバック一覧です: 電子政府があきれる:

« 穿刺,おー専門用語 | トップページ | 再会の日は来るか »