« 浮かれ旅:dos | トップページ | 浮かれ旅:quatro »

2007年5月 8日 (火)

浮かれ旅:tres

Tres_0001Tres_0003 4月29日,朝,ホテルの周りを散歩.
日曜なので静か,水辺の遊歩道がいい.
でも犬の糞には注意.
ミュージアムがいろいろ点在していて良さげなところです.

Tres_0002オランダの道路は自転車が一番巾を利かせていて次が歩行者,クルマといった具合です.
自転車道路が整備されていてそこをタラタラ歩いているとどやされます.
自転車で電車にも乗れます.(犬も乗れる)

この法面の写真,広いところは自転車道で歩行者は法肩の狭くて危険な場所を歩かなくちゃいけないのでしょう.
歩行者用の転落防止柵もありません,日本では考えられませんね.

さて,今回オランダに寄ったのはスペインまでの安い航空券を探していて乗り継ぎの関係でたまたまそうなったわけですが,オランダにはカミさんがかねてより憧れ,愛して止まない一枚の絵があります.
それはフェルメールの「真珠の耳飾の少女」(wikipedia)で一度は本物を見てみたいと言っていました.
それが何の引き合わせかオランダに来たわけですから見に行かない手はありません.
マウリッツハイス美術館があるデンハーグはスキポール空港へ向かう途中です.
重い荷物を引きずりながら美術館へ向かいました.
ついにフェルメールブルーのその絵に対面したカミさんはそこから動かず,目に焼き付けようとしていました.
その向かい側にも名画「デルフト眺望」が..贅沢な空間です.

他にも多数,美術の教科書で見るような絵を鑑賞することができました.
ルーベンスも目立ってスゴいですね,光と闇の表現なども間近に見るとひとしおのものがあります.

夜の飛行機でいよいよスペイン,バルセロナへ移動.
ホテルはサン・パウ病院(wikipedia)のそば.(世界遺産だってよー!)
ちょっと郊外だし,夜遅くなったので夕食はほとんどの店が閉まっており,なんとか開いていたBar(バール)に駆け込み.
スペインではこういう場末では英語がまず通じません.
ありったけの語彙と身振り手振りでオーダー.
韓国人と思われる東洋人が調理しているようだけど,なんだかわからない川魚のぶつ切りが低い温度の油でべちゃべちゃに揚げられていたり,まあ,あれは食べない方が良かった(泣

|

« 浮かれ旅:dos | トップページ | 浮かれ旅:quatro »

浮かれ旅」カテゴリの記事

コメント

大きな荷物は邪魔ですね
だからといって放り出すのは危険
一人旅でないだけ楽かもね

知らない国では
まずトイレ、男と女の区別
それから食べる心配かな
苦労しますね

出発空港で食べるんだね
夜遅く付いたら飲むだけか

市内の路面電車の写真はありませんか?
自分で行けっ、と言われそうだが

投稿: sky | 2007年5月 9日 (水) 06時25分

駅のロッカールームはカードだけ対応で持っているVISAが使えなかったので持ち歩きました.
美術館内にもロッカーはなく,館内のカフェに荷物を置き留守番を一人置くという条件を交渉して見てきましたHi

メトロやトラムも撮ってくるべきでしたね.
ビデオカメラと両刀使いだったのでスチルがあまり撮れてません.
動画のアップを考えるか...

投稿: Yamada | 2007年5月 9日 (水) 08時23分

VISAが駄目?
あとは Master ?

ビデオカメラですか
駄目なんだなぁ
カメラの感覚で構えてしまう
いけません

投稿: sky | 2007年5月 9日 (水) 09時24分

PIN Cardとかいうローカルなやつでしたね.
駅が二つあって小さな方に降りたからでしょう.
セントラル駅に降りればよかった.

投稿: Yamada | 2007年5月 9日 (水) 10時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/126022/14997674

この記事へのトラックバック一覧です: 浮かれ旅:tres:

« 浮かれ旅:dos | トップページ | 浮かれ旅:quatro »