« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

2007年5月30日 (水)

TS-870いらっしゃいませ

870_850仙台のお友達から,今朝送ったというのがもう着きました.
受信感度が極端に低いというのですが灯を入れてみてもさっぱりそんな感じがしません.
SSGをつなぎ,サービスマニュアルの調整法で確認してみましたが問題はなさそう.
うちの850と鳴き比べてみてもむしろS/Nは上です.

マーフィーの法則かどうか,うちへ持って来るなり症状が出ないという経験が非常に多いです.
我が家は風水がいいのでしょうか?それとも仮病が上手い870なんでしょうか?Hi
少し様子を見るしかないなぁ~

| | コメント (2) | トラックバック (0)

エージング中

Aging930修理時間は正味20分でしたが念のためエージング中.
930は受信中でもかなりの発熱があります.
それを利用(?)して,「良い子はマネをしないで.」のお約束で通気をさえぎり熱ストレスを加えてみたりします.
ここまでのところ安定してます.

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2007年5月29日 (火)

また帰ってきたね930

930_b4after2 何度も出戻りのいけないコなのですHi
デジタルユニットのスルーホールが原因であることはわかっていてすぐ治るのですが,注意して手を加えたつもりでもモグラ叩き状態です.
こうなったらモグラ叩きまくります.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

チップケミコンの大入り袋

Chip_chemisanyoshiさんがオークションで落札したものを当clinicへ寄贈してくれました.
修理に役立てさせてもらいます.MNI TNX(使い切れんて..)
sanyoshiさんによると分類しようとしてルーペを覗き込んでいて具合が悪くなったとのこと,さもありなんHi

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2007年5月28日 (月)

旅のあとに

Oldpostcards Bonmarche旅先で買ったいろんなものを
どこかにしまっちゃわずに
なんか見える形にしましょうと
額装してもらいました.

Vermeer Picaso_poster アムステルダムの蚤の市で2枚
8ユーロに値切ったポストカード.
人なつっこいけどプライドの高い
アンティークプリント屋さんで買った
ボンマルシェカード.

マウリッツハイス美術館のフェルメール,マドリッドで見たピカソのゲルニカを思い出します.
中身より額のほうがずっと高いのですが出来上がってみると悪くないです.
こうやって残すのもなかなかいいもんですよね.

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年5月27日 (日)

デジタルノギス

Digital_caliperいやー,欲しかったんですよね,どしても.

最近,衝動買いが過ぎるなー(汗

| | コメント (2) | トラックバック (0)

中国への不信

TAMOさんのblogで「中国産アンコウにフグ混入」の件が取り上げられていましたが,私もここのところの中国関係の報道が気になっていました.

偽食品、中国深刻 キクラゲ・粉ミルク……(asahi.com)

 北京市東部の市場では、麻袋に入った中国・東北地方産キクラゲが所狭しと並べられている。500グラムで10元(約150円)から30元(約450円)と開きがある。

 「安いのは薬で加工しているんだよ」。市場にキクラゲを卸す男性が声を潜めた。別種のきのこに硫酸マグネシウムや鉄くずなどを混ぜた薬品をつけ、本物そっくりに見せているという。

 中国での報道によると、06年3月に山西省で約100キロ、01年にも北京で約2800キロ、四川省成都で約3000キロの偽キクラゲが見つかった。工業用インクで着色したものもあった。食べた人は下痢や嘔吐(おうと)を催した。

 03年に安徽省であった偽粉ミルク事件は乳児が犠牲になった。中国メディアによると、229人の乳児が栄養障害になり、うち12人が死亡した。でんぷんに香料を混ぜた粗悪品だった。

 中国政府も手をこまぬいているわけではない。

 パナマ向けの薬用甘味料グリセリンと、米国などに輸出されたペットフード原料から毒性物質が検出された際、当局はソーセージなど12種類の食品を緊急調査。今月8日には、安全だとする結果を公表した。

 中国農業省は17日、農産物の安全性を高めるための専門委員会を設置した。新華社通信によると、同省の牛盾次官は初会合で、農産物の品質を監督する仕組みが不十分だと指摘。「この3年間、輸出が鈍化している」と中国産品の信頼低下に危機感を示した。

これのほかにも土鍋に鉛,カドミウム(mainichi-msn)とか連発で出ていましたね.

さながら中国ネガティブ・キャンペーンです,「テロに等しい」というような論調まであります.
たしかにリスクから言ったら多くの日本の方が心配されるBSE牛どころの話では無いように思います.
中国産野菜の残留農薬の話も従来より気になるところでしたし,中国産で口に入るものはもはや買おうという気になりません.
しかし,外食,加工品に入ってるかどうかまではなかなかわかりませんよね.
自分で買ってきて自分で調理するしかないんでしょうか,はぁ.

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2007年5月25日 (金)

Vista非売品版

VistanotforsaleMSからいろんなアンケートが届いて資料請求みたいなのもあるわけでして,Vistaの評価版CDを依頼したのはだいぶ前の話.

「いつまでたっても来ないよねえ.」

と時々思い出していたのが本日やっと届きました.

で,見てみると「評価版」ではなく「非売品版」と書かれています.
電話で確認したところ,これはノン・サポートながら製品版と同等とのことです!!
こ,これは太っ腹(^.^)
評価版が遅れまくったので「ごめんなさい」の意味なのでしょうか?
まあ,たまにこんなこともあっていいのでは>MSさん

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年5月23日 (水)

ネットワーク切り替えに成功

会社の基幹系ネットワークに使っている専用線IP-VPNを地域IP網のフレッツ・グループVPNに切り替えました.
これだけで通信費が年間,二百数十万円の節減になります.
我が社の場合,一瞬たりとも切れては困るというネットワークではないし,Bフレッツも先日の大騒ぎを除けばそこそこ安定していると判断.(ISDNでバックアップしてもよいのでしょうけど..)
もっと安価なグループアクセス・ライトを使う手もありますが,グループVPNの場合ルータの保守までが料金に含まれており,県をまたいでも一元管理されるのがよさげ,と採用.
この業界,次々といろんなサービスが出てきますのでハードの更新とも考え合わせ,タイミングを計るのが大変です.
これまでのところ,まずまず正解と思っています.

Ont_20070525 ※追記 左の白いのが前のメガデータネッツATMのONT
右の白いのが今回のフレッツ・ベーシック用の終端
この大きさの違いは..

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年5月21日 (月)

周波数標準

Siliconechipというオーストラリアの雑誌があるのですね.
3月号と4月号の記事が気になります.
GPS-Based Frequency Reference;

HPのZ3801A放出品が安かった頃に買いそびれた私としては興味津々.
入手しやすいパーツで設計されたものならば作ってみたいところですが.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月19日 (土)

電池無料交換

20070519_1スペインから帰ってきたとき,カミさんの携帯が起動しなくなってました.
帰りの途中,羽田空港にあったDoCoMoショップで見てもらったら,長時間使っていなかったためだとのことで5分ほどのリフレッシュで復活.
ついでに私の携帯も見ましょうか?というので渡したら,
「お客様,バッテリの持ちが悪くなってませんか?」と言います.
「これは2年以上お使いのようですので新しいバッテリに無料で交換できますよ.」
とのこと.

実際,私の携帯は使用頻度が少ないのと充電のタイミングを正しく行っているせいかそれほど劣化していません.
でも,この際交換してもらおうと,帰ってきてから青森のDoCoMoショップで手続きをしたものが今日届きました.

羽田のDoCoMoの人は実にテキパキと気持ち良く仕事をこなされてました.
(競争厳しいもんねー)
スペインで「お前ら仕事しろよ.」と愚痴ってきたばかりなので余計にそう思ったのかもしれませんが,やっぱりこうじゃなくちゃいけませんね.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

IC-7700ですか

JA7MSQさんからタレこみがありましたので掲載しときます.
IC-7700のプレ・リリース情報(pdf)
デイトン前の話題作りでしょうか.
コンテスタにとって7800のいいとこ取りという感じですか.
オートマチック・トラッキング・プリセレクタというのが気になりますね.
バリキャップは使わないと思いますがモータ・ドライブでしょうか,C可変か,L可変か..

| | コメント (16) | トラックバック (0)

2007年5月17日 (木)

光モノ:買いなおし

Led_light_1w_0 Led_light_1w_1前回のLEDライトは性能的には文句ないのですがプッシュスイッチの突起が少なくて小さく,どうにも親指で押せないためO君に安く譲り,同価格帯の別メーカのものを再購入しました.
これならば親指で押せます.
ヘッドの部分は前回のものは反射鏡だけでしたが,こちらはレンズも組み合わせられています.
それと,O君によると前回のものに比べて発色がより白っぽいのでLEDの性能も上なのではないか?と言ってました.

マグライト社miniMAG-LEDの3Wも魅力ですがコレが二つ買えるぐらいの値段で静観中.
旧miniMAG用のバルブから1W_LEDへのコンバージョンキットもあるけどコレを買ったほうが安いし,用途的にはこの電池1本昇圧,1Wタイプがコンパクトで使いやすそうです.
従来は選択肢が少なかったのですがいろいろ出てきましたねー

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年5月16日 (水)

スパム・トラックバックへの対応

私の記事に言及しない商業目的および危険サイトへの誘導は容赦なく削除しIPを制限しています.
その他であっても私の記事に関係の無いトラックバックは基本的に削除します.
ただ,私が批判している事柄について検索ワードでおめおめとトラックバックしてくるところについては一定期間,『晒す』という意味で残す場合があります.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月15日 (火)

つながらない

自宅からインターネットにつながりません。
これは携帯からの書き込みです。
PPPoEが通りません。
雷がひどかったので障害が出てるのか。
116もアクセス集中で出ません、参りました。

※追記 思ったより広範囲な障害だったんですね.
経路情報のオーバーフローですか.
根元からコケると怖いですね.
うちはひかり電話にしてなくて正解かな..

| | コメント (6) | トラックバック (0)

まる投げですか?

青森市システム確認体制再構築へ(東奥日報社)

 青森市の新情報システムをめぐるトラブルが、後を絶たない。三月末から約一カ月間で県議選投票所入場券や固定資産税納税通知書の誤発行など立て続けに四件が発覚し、市に対する市民の信頼が大きく揺らいでいる。原因はいずれも操作手順の間違い、プログラム修正時の誤りといった人為的なミス。新システムの業務を統括する第三セクター「ソフトアカデミーあおもり」と、システム納入業者「富士通」の担当者の不注意による誤りだった。トラブルのたびに再発防止策を講じながら、なぜミスはやまないのか。その背景に、三者間の意思疎通不足が浮かび上がる。

 市が四件目のトラブルを公表したのは、今月七日。それまでの三件について、佐々木誠造市長が「市の検証作業とシステム運用上の確認が必ずしも万全でなかった」と定例会見で陳謝してから、わずか二週間後だった。

 ソフトアカデミーの木村渉総務部課長は「チェックが甘かった」と謝罪。その上で「四件は別の個所で起き、それぞれ再発防止策を講じた。人為的ミスはあってはならないことで、全社員に注意喚起した」と話した。

 新システムは、同市が旧浪岡町との合併を機に導入。ソフトアカデミーが調達・運用し、市は使用料を払っている。全五分野のうち、稼働済みの住民記録、介護保険、税情報の三分野を富士通が開発、同社に納入した。

 住民記録分野をめぐっては開発段階で不具合が相次ぎ、稼働が予定より一年半遅れた。また、システム納入業者の撤退で計画変更したため、事業費が当初計画の二十一億五千百万円から五十七億三千二百万円と二・七倍に膨らんだ経緯がある。

 対策を講じても繰り返される新システムのトラブルの背景に、行政、三セク、納入業者という三者の関係の中で、意思疎通を欠いていたのではないか-との見方がある。地方自治に詳しい田村秀(しげる)新潟大大学院教授は「IT(情報技術)分野に通じている人間が行政内部で少ない。だから、やりとりでコミュニケーション不足があったのではないか。外郭団体が仕事を請け負っても真剣味に欠けることがあるし、組織を分けることで無責任体制も出てくる。糸電話による伝達と同じだ」と指摘する。

今回私の税金もいくらか返ってくることになってるけど,この「ソフトアカデミーあおもり」なる第三セクターと富士通はほんとにどうなんだろう,不祥事が多すぎる.
住民基本台帳のシステムをオープンソースでやろうとして失敗した例も開発者としての上流工程で仕様をきちんと示せず,チェックも出来なかったことが要因であったと聞いています.
だとすると,それは実に情けないというか,恥ずべきことだと思います.
私の会社でもIT導入当初,ソフトアカデミーのわりと上の階層の方がみえていましたがメールのやり取りなどで宛先に複数アドレスを貼り付けて来るなど,むしろリテラシーをこちらから指摘しなければならないような状態で閉口したのを覚えています.
うちのO君はPCやネットワーク,ソフト開発についてはベンダーと対等に話が出来るような仕事をこなしていますが,そんな彼も就職活動では富士通からは門前払い同様だったそうです.
ならば,相当優秀な人材が揃っていてもよさそうなものですが?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その後のフラッシュバルブ

充電電池がダメになり,とりあえず乾電池をつないでおいた男子用トイレのフラッシュバルブ,4ヶ月経った今も問題なく動いています.
見事な省電力設計ですね.
コストを上げて充電式にする意味は『メンテナンスフリー』なんでしょうけど,これだけ持つようだと乾電池式もアリですね.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月14日 (月)

50W改造

カミさんの50W移動免許について,100W機のパワー切り替えスイッチをエポキシで固めるのは美学にそわないということでスイッチ撤去,パターンをジャンパで出した保証認定はすんなり通り,連休前に通知が出ていました.

ただ,同時に100W固定で出した私の申請について認定通知がいまだ来ない.
移動と固定じゃ違うんでしょか?

※追記 TSSにメールで問い合わせ,結局連絡が待ちきれず電話しました.
何ヶ所か書類にイージーミスがあったとのことです.やっと進むようですHi

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月13日 (日)

DVD作り

旅行のビデオをDVDに焼いてました.
編集などする時間も無くそのまま焼いてましたがそれでも半日仕事.
PCが非力Hi

で,壊れてダメだと思ってた式のファイルが修復されて別のディレクトリに保存されてました.
よかったー
エラいぞ,ビクター.っていうか使い方が良くわかってないのね私(汗

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月12日 (土)

光モノ追加

20070512_ledlight1Wクラスで単三一本,長時間使えるLEDライトが欲しかったのですが,まあまあよさそうなのを見つけたので衝動買い.

充電電池が使えるとハッピーなので三洋エネループで試してみたらちゃんと点灯します,良かった(^o^)v

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年5月11日 (金)

MS大丈夫?

今週出たWindowsのアップデートは皆さん順調ですか?

お袋から「PCが固まってる.」(xp)と電話が来たり,なんかえらいことになってるのですが.

まず,officeのアップデートがらみでMSインストーラが動くとsvchostでCPU100%.
なので自動アップデートをしていると知らぬ間に固まるというわけ.
とりあえず自動アップデート切って手動で当てましたけど.

あとIE7が入ってるうちの上司のPCはIEではブラウザで表示が出来なくなってました.
これはウィルスバスターのファイアウォールにひっかかってるようで,ウィルスバスターを止めると表示が出来,また,Firefoxならば問題ない.

それとうちのは過去の日付のアップデートを要求されてます.
そいつはゼロKBで当てると完了しましたと出るくせに何度も出てくる.
一度IEを抜いて再インストールしてから順番にアップデートするといいという声もありますが.

なんにしても,MSさん,自分ところのソフトが動かなくなるようなアップデートさしてどうするの(怒

※追記
MSからサポート情報が出てますね.各自ご対応ください.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

浮かれ旅:おまけ

Gaudi_0 Gaudi_1ガウディのデザインによる 街路灯+ベンチ と 歩道用平板
なんか,ありがたーい感じがしますよね.

| | コメント (2) | トラックバック (0)

浮かれ旅:nueve

5月5日 いよいよ帰国.

AM 5:00 タクシーに乗り込んでバラハス空港.
一時間以上余裕があるけどこれを乗り過ごしたらエラいことになります.
8:00出発でパリ・シャルルドゴールでトランジット→成田です.

バラハス空港を離陸するとき,ランウエイにいるマーシャラーというのでしょうか,団扇みたいなの持って飛行機を誘導する人,軽快なステップで踊ってました.
私は確かに踊っているのを見ました.
ラテンの血でしょうか,ランウエイは文字通り彼の舞台なのですね(笑

シャルルドゴール空港で1時間ほどの時間があり,免税店でも..と思っていましたが予想以上に手荷物検査が厳しく時間がかかっていて成田便搭乗時間にギリギリでした.

この後はただただ忍耐のエコノミー・クラス(汗
成田便なので日本人も多数.
横の席のサラリーマンらしき人物,乗るなりワインやウィスキーをどんどんあおり,やがて具合が悪くなったとか言ってキャビン・アテンダントを呼んで何処かに消えて行った.
成田に着く3時間前ぐらいに帰ってきたけど,何処かで寝ていたのか.
でも漏れてくる会話を聞くとどうもこれは確信犯らしい.やだね.

成田に着いたのは6日の朝7時,横浜,東京で用事を済ませ夜の飛行機で青森到着.
体が地面に吸い込まれるような疲労感ですが中身の濃い旅行でした.
多分に浮かれ調子も,30年に一度,こんなことがあってもいいのか..
チャンスをくれた若夫婦に感謝.

時差ボケと闘いつつ慎ましやかな借金生活に戻ります.

(終)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

浮かれ旅:ocho

5月4日,マドリッドでの目標は美術館.
ムコ殿がブッキングしてくれた宿は場所的には申し分なく,国立ソフィア王妃芸術センターやプラド美術館へ歩いて行ける距離です.
ただ,食事やショッピングの時間を考えると今日一日ではとてもムリで,見たいものをあらかじめ決めて重点的に見るしかありません.

Ocho_0001 Ocho_0002 朝一番に散歩がてら国立ソフィア王妃芸術センターへ.
開場前だけどちらほら人が集まってくる.
日本人グループもいました.
幼稚園児の団体も複数来ていました.

6eurを支払って荷物をロッカーに入れ,まずはまっしぐらにピカソのゲルニカの前へ.
本やTVで見ていても伝わってこない生々しい悲しみが迫ってきます.
台湾あたりの方かな?英語で声をかけてきて,東京駅近くに陶板のレプリカがあったよねと言っていましたがやはり別モノでしょう.

他にもダリやミロの本物がガラスも隔てずに手の届くところにある.
日本に持ってきたら柵をめぐらして行列を作って..ですよね.
こういう作品に幼稚園から直に親しむ,これは底力ですねえ.
真っ白に塗りたくった下地に黒い点々が13個,こんなミロの作品を子供たちはどう感じ取るのでしょうか?

世界三大美術館に入れられる場合もあるプラド美術館.
ここも6eurです.
ベラスケス,ゴヤ,ボス,エル・グレコ,ルーベンス,TVの日曜美術館や本で見た実物がぞろぞろ.
時間も無いので「すげー,すげー.」とひたすら見て歩きます.
以前,ルーブルを見ているカミさんは規模はルーブルが圧倒的に大きいと言います.
プラドが有名なのは所蔵する作品の質なんでしょうね.
会社の同僚にベラスケスとボスのマウスパッドを購入.

Ocho_0003 お昼は簡単にドン・キホーテとサンチョ・パンサの像があるスペイン広場に近いスターバックスへ.
なんか席がゆったりしていて空いてるし快適.
窓から街行く人たちを見ると,私たちにとっては決して寒くない(むしろ昼は暑い)のだけど,皮のコートやダウンを着て歩いている人が多く目に付く.
薄着の人も居る.
日本だと「浮くかしら?」と気にするところだろうけど自分流なんでしょうね.

Ocho_0004 Ocho_0005 おまけ画像,チュロスとホットチョコレート
カミさんがやたら食べたがってたんだけどいざ食べてみると甘さに少し参ったか(笑
コカコーラゼロはライトより旨いかな?

明日は早出,ホテルを5時には出たいので明るいうちに帰ります.
夕食もゆっくり取れないので昨日の日本食レストランにおにぎりを握ってもらいました.
これは高いし不味いのでお勧めしません.
ホテルのカウンタにはあのおばちゃんでなく若いお兄ちゃんがいて英語が通じてラッキー.
明日のWake Upコールとタクシーの予約をお願いする.
ここで "AM 5:00 in the tomorrow morning" と言ってしまってちょっと行き違い,そうかーAM 5:00は欧米ではnightなんだった,うっかり忘れてた.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

浮かれ旅:siete

5月3日
マヨルカではほとんど日本人に会いませんでした.
しかし,ホテルで朝食を取っているとどこか日本的な東洋人のお兄ちゃんが入ってきて,
「あ,もしかして日本の..?」
と言うと
「うぃっす.」
軽いノリのSさん,仙台出身.
フリーターから一念発起して一人旅に出たのだそうな.
「えー,もしかしてフラれて傷心旅行じゃないのぉー?」
とからかうと否定せず,なんかシャレにならなそうな?(汗

話を聞くと初めての海外で,アエロフロート,モスクワ空港泊トランジットでパリに入り電車を乗りつぎ各地を転々としてフェリーでマヨルカに来たとのこと.
初めてで単身アエロフロートとはSさん飛ばしすぎ(笑
随分心細い思いをしながら旅をしているとのこと.
ムコ殿がいろいろアドバイス差し上げていました.
これもご縁と,午前中カテドラル拝観と昼食をご一緒しました.

さて,娘夫婦とはここでお別れ.
二人は新婚旅行も兼ねてこのままマヨルカ~バルセロナに留まり,もう一週間ほどスペインに滞在します.
年寄りチームは今日マドリッドへ移動し明後日帰国の予定.

また格安Vuelingでマドリッド・バラハス空港へ.
前回より少し席の間隔が広い,バルセロナ・マヨルカ間の倍ぐらい飛行時間があるからか..
空港からホテルまではタクシーを利用,タクシーは日本人と見ると悪いやつもいるから注意.
ドアはもちろん手動,バタンと閉めると運転手怒り出す.
「そんなに強く閉めるもんじゃない!」
と言っている様子.
緊張の中走り出します,メータの上がる速さは正常のよう.
着くとホテルはクルマが入って行けない場所らしく何度も説明してくれました.
まあ,いい人っぽかった,チップを渡すと笑顔.

ホテルはまたクラシック,だけど風呂はありました.
フロントにいたおばちゃんが英語はsingle wordもダメで話が通じない.
通りがかった別のお客に通訳してもらってなんとかチェックイン.

今日は夕食を食べて寝るだけ.
近くにある日本食屋へ行ってみました.
値段は高めでコメが不味い,日本だったら流行らんだろなーという店でした.

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年5月10日 (木)

浮かれ旅:seis

Seis_0001 一夜明け5月2日,午前中は良いお天気.

教会へと向かう.
なかなかいい雰囲気のところ.
陽気な神父さん.
式は滞りなく...と言いたいところだけど指輪の交換のときにムコ殿,緊張したか指輪を落とす.
これには私,カミさん,娘も大笑い.

実は30年前,私とカミさんの結婚式のとき,かくいう私が指輪を落っことしたことが我が家の伝説となっていてそれを知っている娘は事前に彼へ注意を促していたのです.
それなのにあえてその伝説を踏襲するとはね.
(ちなみにボケではなく,マジに落っことしたらしいです.)

で,三脚を据えてビデオを撮っていたのですが,やれやれというときにビデオを止めに行くとエラーメッセージ「ファイルが壊れています.」
ええーっっ!!
なんだよー HDD方式って危ういなあ.でもなんでこんなときに限ってorz
まあ,写真は撮りましたけど,悔やまれます.

※追記 ダメだと思ったファイルが復元されて生きてたー,良かったぁ

Seis_0005Seis_0006午後は徒歩で観光,ショッピングなど.
バルセロナでみつけたチョコレート屋さんカカオ・サンパカがマヨルカにもありました.
マヨルカパールや刺繍など見て回りました.

  この日の夕食は娘夫婦がご馳走してくれるのだそうで,海に近いしゃれたレストランへ.

Seis_0007Seis_0009パエリアは手間がかかっていて今まで食べたものと一線を 画す味でした.ベビースキッドのフライ,スズキのクスクスとトリュフのソースも美味かったー

飲み物はムコ殿とサングリアを頂きました.
甘いけどジュース感覚で暑いときにカーッと飲むともっと美味いでしょうね.

Seis_0002_1Seis_0003  夜も少し歩きました.
このクルマ,どうやって停めてどうやって出すの?
バンパーを当てながらぐりぐりと出て行くのでしょうねえ.もうベコベコじゃん

Seis_0004 バス停にどでんと「ブライアン イーノ」
おー,70~80年代ロックファン,ザッパとかもお好きな方ならばご存知でしょう.
知らない人も聞いていると思う,Windows95の起動音の作曲家&パフォーマー.
Vistaのほうを作曲したキング・クリムゾンのロバート・フリップともお友達.
こんな人が来ているのですねえ,さすがセレブのリゾート地.
コンサートホールの前を通りかかったらイーノ公演の次はスタンリー・クラーク(聴きてぇー!),11月にはチック・コリアとか,浮かれ気分満点です.

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年5月 9日 (水)

浮かれ旅:cinco

5月1日バルセロナ→マヨルカ島へ移動.
格安航空券を探して選んだVuelingなる国内線.
空港のインフォメーションでカウンタをたずねたら違う場所を教えられて戸惑う.
ちゃんと仕事しろー.
25番ゲートとのことで待っていたけど,なんか様子が違う.
場内アナウンスの英語はスペイン訛の早口でさっぱりわからん,インフォメーションで聞いたら27番に変更になっているとのこと.
飛行機まではバスで移動するようだけど乗り込んでみるとさっぱり動かない.
そのまま満員のバスの中で30分以上立ち尽くす.
確かに雨で遅れが出ているのだろうけど何もバスの中で待たせなくてもいいのでは?
こいつらの仕事はほんと,ダメだ.
飛行機に乗るとやたら狭い,前の席が近い.
私の背もたれから前の席の背中まで55cmも無いというほど.
まあ,こうして安くしてるんですねえ.
外国人は私たちだけの様子.

パルマ・デ・マヨルカ空港には先発の娘夫婦が迎えに来てくれてました.
空港では宅配ピザに似た八角形の箱を何段にも積み重ねて歩いている人が目立ちます.
エンサイマダというぐるぐる渦巻きのパンのような名物のお菓子でお土産の定番なんだそうです.

メーデーのせいか街はひっそりと静かで時折雨模様.
年間300日は晴れているというけどほんとか?

Cinco_0001 Cinco_0002 ホテルはカテドラルのそばで良く言えばアンティーク(笑
シャワーはついてるがバスなしトイレ共同.
アットホームな感じはあります.
オーナーは英語がネイティブに近く安心.

Cinco_0003 軽く街を歩いてみると面白いものに行き当たります.
なんかデザイン倒れじゃ?と思わせるゴミ箱.
どうやって使うんだろうか?
ちょっと見にはわからず,尻込みしてしまう.

Cinco_0004 駄菓子屋にあった,やる気の無さそうな顔の金太郎飴っぽいやつ.
失敗作に見えるぐらいのクオリティがむしろ売りなのか..?
ドラえもんジュースやハム太郎ウォーターもあります.
ピカちゅうやクレヨンしんちゃんも大人気の様子.

Cinco_0005 Cinco_0006 海岸でSun Setを見ましょうということで出かけると生憎の強風で寒い.
地中海が日本海の荒波に見えますHi
まあ,しかし丸い月が明日の結婚式にふさわしく,きれいに見えてました.

この日も夕食は11時ごろとなりました.
パスタ中心で旨いのですが少し味が濃すぎるか.
ひとつおいて隣の席で情熱的なkissを交わす年配のカップルあり.
店内から「ヒューゥ!」と歓声が上がります.
私たちが支払いを済ませ店を出ようとするとその熱烈カップルの女性の方から声をかけられました.
英語は話せるか?と言うので,まあ少しはと答える.

「どこから来たの?」
「JAPANです.」
「私たちはストックホルムから,この男性は二度目のダンナなのよー.そちらは娘さん?」
「そうです.それとこれが私の家内です.」
「まあ,そうだと思ったわ.で,そちらはボーイフレンドでしょ.私も同じぐらいの娘がいるのよー可愛いわ.」
「彼はフィアンセで,娘が音楽の勉強で留学した先のハンガリーで最初に出会ったんですよ.実は明日,ここマヨルカで結婚式を挙げます.」
「まあ,それは素敵,おめでとう.」
「ありがとうございます.貴女も良い旅を.」

と手を差し出し握手をしてGood Nightと,おーうまく決まったようで(笑
しかし,私たちよりも浮かれている人達がいましたねえ.

| | コメント (2) | トラックバック (0)

浮かれ旅:quatro

4月30日,娘夫婦は朝早く教会との打ち合わせのために一足先にマヨルカ島へ.
今日は年配者だけでバルセロナ観光となります.

Quatro_0001 Quatro_0002 まずはミキトラベルの「みゅう」なる半日観光2時間半.
コロンブスの塔,ランブラス通り,モンジュイック展望台,オリンピック競技場,スペイン広場,パセオ・デ・グラシア通り,グエル公園,カサ・バトリョ,カサ・ミラなど駆け足で眺めつつサグラダ・ファミリアで解散
この半日観光は高いけど一通り把握して午後に自分の目的地をしっかり見るという時間の有効利用にはいいでしょう.

Quatro_0003 Quatro_0004 サグラダ・ファミリアの尖搭をエレベータで昇り,エレベータで降りる.
歩く元気はない(苦笑
サグラダ・ファミリア内のスーベニアショップで絵葉書を買うカミさん.
切手代はいくらだろうか?と店員の人に聞こうとする.
" Excuse me. Stamp. How much  ..."
ん,ムチャな英語と思っているとその店員さん
「あ,切手ですか.そうですねえ..」
と低いトーンでクールに返ってきてびっくり.
バルセロナに住む熊本出身の方だそうです.
少し話し込む.
男の子が欲しかったけど,娘さんが上に一人,下に双子の女の子とか.
なかなか日本には帰れないとのこと.
バルセロナなどカタルーニャ地方は侵略された側なので反スペインなところがあるんだそうです.
なのでカタルーニャ語が大事にされていてショップに並ぶ本などもカタルーニャ語のものを前面に出し,スペイン語は後ろとか,そんな話も聞けてよかった.
だからバルセロナでフラメンコってのはちょっと違うわけなんですね.
ガウディとかミロとかパブロ・カザルスとか,カタルーニャ人のメンタリティはなんか好きだなあ.

Quatro_0005 Quatro_0006 サグラダ・ファミリアを出て近くのLACTUCAという店で昼食.
ここは8.5eurで食べ放題です.
美味いか?といえばビミョーですが,デザートからコーヒー,アイスクリームまでなんでもあります.ベストはガスパチョでしたかねえ(笑

Quatro_0007 Quatro_0008 Quatro_0009メトロでランブラス通りへ,少し歩いてサン・ジュセップ市場.
市場は非常に面白いです.
陳列の仕方,売られている産物,見ていて飽きません.
Quatro_0010Quatro_0011 Quatro_0012 ホルモン材料やさん風の写真は少しグロいのでご注意を.  (皮を剥いだ羊の頭部が写っています)

そのままゴシック地区を歩いてカテドラルからカタルーニャ音楽堂,これもすばらしい建物.

Quatro_0014道すがら見つけたチョコレート屋さんカカオ・サンパカ.
カミさんはチョコレートに目が無くて,いつもベルギーだフランスだ,ピエールマルコリーニだサティだ,と騒いでいる人間,しかもここは超有名レストラン・エルブジ(5年先まで予約がいっぱいとか)のフェラン氏の兄弟がプロデュースしているらしいとのことで狂喜してお買い上げ.後味が良くてとてもおいしいとのことです.

カタルーニャ広場隣のデパート地下で買い物,オリーブやサフラン,ホワイトアスパラ.

Quatro_0013 夕食は迷いながらパエリアの店を探しましたが定休日で2件フラれ,ガイドブックにあるラ・リタという行列の出来るレストランに30分並んでみました.
ポークのフィレ,ベビー・オクトパスなど美味でしたー

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年5月 8日 (火)

浮かれ旅:tres

Tres_0001Tres_0003 4月29日,朝,ホテルの周りを散歩.
日曜なので静か,水辺の遊歩道がいい.
でも犬の糞には注意.
ミュージアムがいろいろ点在していて良さげなところです.

Tres_0002オランダの道路は自転車が一番巾を利かせていて次が歩行者,クルマといった具合です.
自転車道路が整備されていてそこをタラタラ歩いているとどやされます.
自転車で電車にも乗れます.(犬も乗れる)

この法面の写真,広いところは自転車道で歩行者は法肩の狭くて危険な場所を歩かなくちゃいけないのでしょう.
歩行者用の転落防止柵もありません,日本では考えられませんね.

さて,今回オランダに寄ったのはスペインまでの安い航空券を探していて乗り継ぎの関係でたまたまそうなったわけですが,オランダにはカミさんがかねてより憧れ,愛して止まない一枚の絵があります.
それはフェルメールの「真珠の耳飾の少女」(wikipedia)で一度は本物を見てみたいと言っていました.
それが何の引き合わせかオランダに来たわけですから見に行かない手はありません.
マウリッツハイス美術館があるデンハーグはスキポール空港へ向かう途中です.
重い荷物を引きずりながら美術館へ向かいました.
ついにフェルメールブルーのその絵に対面したカミさんはそこから動かず,目に焼き付けようとしていました.
その向かい側にも名画「デルフト眺望」が..贅沢な空間です.

他にも多数,美術の教科書で見るような絵を鑑賞することができました.
ルーベンスも目立ってスゴいですね,光と闇の表現なども間近に見るとひとしおのものがあります.

夜の飛行機でいよいよスペイン,バルセロナへ移動.
ホテルはサン・パウ病院(wikipedia)のそば.(世界遺産だってよー!)
ちょっと郊外だし,夜遅くなったので夕食はほとんどの店が閉まっており,なんとか開いていたBar(バール)に駆け込み.
スペインではこういう場末では英語がまず通じません.
ありったけの語彙と身振り手振りでオーダー.
韓国人と思われる東洋人が調理しているようだけど,なんだかわからない川魚のぶつ切りが低い温度の油でべちゃべちゃに揚げられていたり,まあ,あれは食べない方が良かった(泣

| | コメント (4) | トラックバック (0)

浮かれ旅:dos

Dos_0001 Dos_0002 4月28日,ホテルの朝食はVery Good!
やはり格の高いホテルだけありますね.
ハムやチーズ,スモークサーモンとか鰊とか一つ一つのクオリティがとても高い.
ついつい食べ過ぎてしまいます.
Dos_0003 Dos_0004
この日はロッテルダムから列車でアムステルダム観光へ.
ワーテルロー広場近くの蚤の市を歩く.
カミさんがアンティークの絵葉書(5ユーロなり)二枚を値切れと言います.
Dos_0005 私 "What about 2 cards for 8 euro ?"
おっちゃん "mmm well.. ok 9 euro."
カミさん譲らず "8 euro ?"
おっちゃん "Do you insist so ?"
カミさん 「insistって何?」
私 「しつこいっちゅうか,そんなにこだわるのかい?ってことよ.」
カミさん "Yes please !"
交渉成立.
シブい日本人やねと思われたかも(笑

Dos_0006 Dos_0007 アンティーク街でデルフトのタイルなどを眺めつつ,カミさんはアンティークプリント屋さんでボン・マルシェカードを一枚お買い上げ.
花市を歩いて昼食.

この日,コンセルトヘボウ大ホールのコンサートのチケット予約に成功.
オランダ・フィルハーモニー管弦楽団/指揮:Y・クライツベルク/演目:ニールセン「交響曲第5番」,ベートーヴェン「交響曲第5番『運命』」
席がオーケストラの後のほうの席[PODIUM]と通常の席に分かれたので前半と後半,席を交換して聴き比べることが出来ました.

まず,ホールがすばらしい,目を奪われます.
シートに身を沈め,開演前のざわつきを聞いているのもいい.
チューニングが始まるとすっとざわつきが引いてオケの音がふぅーっと空気感を伴って会場に満ちて行く,鳥肌が立つ瞬間です.
数千万円のオーディオならこういう感じも出せるのでしょうがやはりナマには勝てませんでしょう.
演奏は手馴れた感じで弦が小さな音でもとてもよく揃い,難しいホルンなども音がピタリ,繊細で気持ちの良い演奏でした.
ヨーロッパのオーケストラを生で聴けるというのが何より.
普通なら自分は『運命』を日本でチケットを買って聴きに行くことは無いだろうと思います.
今回はとても良い経験でした.
PODIUM席で聴いたのは初めてのことで,やはりバランスは偏りますが音に包まれる感じがあってまた新鮮でした.

ロッテルダムに戻ってもう一泊.

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年5月 7日 (月)

浮かれ旅:uno

4月26日仕事を済ませてから夜の飛行機で東京へ,羽田泊.
なんと青森は雪でした.

翌朝27日リムジンバスで成田へ.
待ち合わせた娘夫婦がなかなか来ない.
しばらくするとふくれっ面の娘だけ登場,ムコ殿は?
どうやらケンカしてきたらしく遅れて合流.
ま,そんなのは犬も食わない.じき仲直り.

KLMの搭乗手続きでもたつく.
PCのトラブルでカミさんと隣り合わせの席が取れないし,そうこうする間に窓側の席しか取れなくなりました.
11時間近いフライトではこれはきびしい.
通路側のほうがすぐ立てるしトイレにも行きやすい.

オランダ・スキポール空港に到着.
時差は7時間.
飛行機の窓からはチューリップ畑,温室,風力発電などが目立って見えていました.
良いお天気.
イミグレーションで元バックパッカーのムコ殿がなかなか通過してこない.
クタクタのパスポート,びっしり書き込まれた履歴,なんか日本人ぽくない風貌では無理もないかHi
「いつものことですよ.」
と照れ笑い.

Uno_0 さて,荷物がいつまでたっても出て来ません.
いきなりのミッシング・ラゲッジの洗礼.
これもよくあることか..
手続きの書類を書いてホテルへと向かいました.
(写真は後に荷物といっしょに届いたごめんなさい券,これから先の航空券購入の際25ユーロ割引してくれるんだそうだけど私が使うことはなさそうHi 娘が度々ハンガリーへ行く用事はあるようなので使えるかどうか..)

ロッテルダムのホテルはたまたま安くなってた四つ星ホテルとのこと.
チェックインしていると空港から電話が入り,荷物はスキポール空港内で見つかったので明日ホテルへ届けるとのことで一安心.
広い部屋,高い天井にびっくり.
これは幸先いいけど,後が怖いHi

花粉症から脱出してきたつもりが何かやたらとくしゃみが出ます.
何か飛んでる.
娘夫婦によると蚊にも気をつけろとのこと.
そうか,運河の国だね.

オランダはどこでも英語がよく通じる.
むしろネイティブでない同志で話がしやすい感じ.
無線でEU方面と話をするときの感じを思い出します.

夜はまったく明るい.
夕食が10時過ぎになりました.
オランダは特有の料理は少ないけどイタリアンでも中華でもなんでもなかなかのレベルらしい.
ガイドブックにあったイタリアンレストランというかバーのようなところへ入りました.
薄暗くて殺伐としているがパスタの味は侮れません.
タトゥーの入った店員のお兄さんが今回会ったオランダ人の中では英語が一番下手だったけどそのへんの日本の大卒よりもずっとまし.

街を歩いていると時々妙な匂いに気がつきます.
娘夫婦によると「マリファナだよね,あれは.」だそうな.

| | コメント (2) | トラックバック (0)

浮かれ旅:cero

事後報告をしてまいります.

今回の旅行のメインイベントは娘の結婚式だったのです.
去年入籍し,身内で簡単な披露だけはしましたが式については当初より「地中海のマヨルカ島の教会で」という浮かれモードの夢がありました.
娘夫婦は仕事をがんばり,節約生活をして実現に漕ぎ着け,私とカミさん,ムコ殿のお母さんも同行したというわけです.

カミさんも私も海外は何度か行ってますが,カミさんは友人や家族とヨーロッパ中心,私は会社の関係で東南アジアが中心で二人揃って出かけるのは30年前の新婚旅行以来のこと.
これも娘夫婦が作ってくれたチャンスと浮かれ旅に乗っかることにしました.

ムコ殿は娘が留学先のハンガリーで知り合った元バックパッカー.
3年ほどアジア,中東,ヨーロッパの数十ヶ国をバスや鉄道で渡り歩いたという.
そういや顔もなんかベトナムで通用しそうな..(笑
今回の航空券やホテルのブッキングはほとんど彼に任せました.

行程は成田からKLMでオランダ・スキポール,宿はロッテルダム→スペイン・バルセロナ→マヨルカ島→マドリッド→帰りはエアフランスでパリトランジット成田へ.
各地二泊程度の強行軍です.
子供たちは旅慣れているし,私もまあ英語ならばそこそこ大丈夫,カミさんもEUの経験はあるし度胸だけは問題なし.
旅行会社のツアーなんかと違っていい旅が出来そうな予感Hi

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年5月 6日 (日)

ふーい、帰ってまいりました

ただいま~
成田からバスで今、大学へ通う息子のアパートで一休みです。
日吉なのでskyさんのところに近いのですが
くたびれまくりなのでおとなしく帰ることにします。

行った先はEUです。
PAからEA、EA6あたりを回ってまいりました。
ま、詳しいことはおいおいアップしていきますので。。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »