« 健康診断 | トップページ | アンプ修理:細かいトラブル »

2007年4月 2日 (月)

一審判決

科学者どうしの訴訟というエントリで,化学物質リスク管理研究センター長の中西準子先生が京都大学の松井三郎教授に名誉毀損で訴えられたという件を書いたのが2005年の10月5日でした.
あれから1年半,3月30日に一審の判決が出たようです.

判決文は環境ホルモン濫訴事件:中西応援団で読めますが,きわめて妥当な判決とお見受けしました.
難しいところはわかりませんが,私などが持っていた「なんで名誉毀損になるの?」という疑問に「そもそも名誉毀損になる話じゃない.」という答えを見たような気がします.
また,判決の中には中西さんがWEB上で行っている意見表明や批判の活動に一定の評価をしている部分があって,ほっとした気分になりました.
私も多少なりともWEB上で何かに対して意見や批判を書くことがあります.
今回の訴訟は「それで訴えられてたんじゃ,たまったもんじゃないよね.」という思いで傍観していただけですが,まずはご苦労さまと申し上げたいです.

控訴の受付期間は2週間とのこと.
早く決着を見て,学問という場でのご両人の研究が滞らないことを望みます.

|

« 健康診断 | トップページ | アンプ修理:細かいトラブル »

科学・疑似科学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/126022/14497637

この記事へのトラックバック一覧です: 一審判決:

« 健康診断 | トップページ | アンプ修理:細かいトラブル »