« アンプ修理:いまひとつ | トップページ | 大量に飛んでます »

2007年4月11日 (水)

アンプ修理:多い不具合箇所

Amp_repair20070411_1テスト中,急に出力がゼロになりました.

異音,異臭,発光は感じませんでしたので
まずは落ち着いて原因確認.

すると写真のバキューム・リレーの端子がハンダ割れしてました.

オリジナルの状態でこういうことは考えにくく
私より前にだいぶ手を入れられた方がおられるのだと思います.
もっとあるかも?と調べてみると

Amp_repair20070411_2_1 パイLのこのリードもイモハンダで抜けてきます.
一連の調子の悪さには何かまだ理由があるのかも.

かなり潰してきたつもりですが,こういうモグラ叩き的な
不具合が多すぎます.

私も人のことは言えないかもしれませんがいじるなら
基本的な仕事はしっかりやって欲しい.

私はメーカ品をみる場合,配線や機構などは概ね大丈夫なものと考えがちで
すぐ電気的・電子回路的な不具合を探してしまう傾向にあります.
でも,これに関しては自作品をみるような気持ちでやらないと
ダメなようです.

以上を直してみたところ,最大パワーはまだもの足りませんが
キーダウンした場合の低下幅はぐっと少なくなりました.
下がってもkW程度を維持しています.一歩前進.

|

« アンプ修理:いまひとつ | トップページ | 大量に飛んでます »

アマチュア無線」カテゴリの記事

修理・工作」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/126022/14638453

この記事へのトラックバック一覧です: アンプ修理:多い不具合箇所:

« アンプ修理:いまひとつ | トップページ | 大量に飛んでます »