« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

2007年4月26日 (木)

しばらくお休み

ちょいと出かけますのでしばらく更新,コメント等へのレスが出来ないと思います,あしからず.
皆様も連休をエンジョイしてくださいまし.m(__)m

| | コメント (7) | トラックバック (0)

超低周波磁界の規制強化

送電線の磁界、規制強化へ 経産省、国際基準作りと連動(asahi.com)

 送電線など電力設備の周りに生じる磁界について、経済産業省は規制を新設する方針を固めた。電力設備の電磁界について、同省は「健康との因果関係は明確になっていない」との立場を変えていない。だが、近く電磁界の環境保健基準をまとめる世界保健機関(WHO)などの動きにあわせ、規制を強化する。

 海外では、送電線の近くの住民の健康について「電磁界の強さと小児白血病に関連性がある」との報告もある。各国の専門家で作る「国際非電離放射線防護委員会」は98年、健康への影響を防ぐため、居住環境での電磁界について国際的な基準を作成。WHOの下部組織「国際がん研究機関」は01年、電力設備や家電製品の周りの超低周波の磁界については「人間にとって発がん性があるかもしれない」としている。 ...

超低周波の磁界の健康への影響については確かにグレーで「わかっていない」ことと思いますが,個人的に私の中では疫学調査で影響ありとされることについてどう捉えるか,実験研究でどんなことが明らかになったのか,いろいろ考え合わせて極めて薄いグレーなのでこういった“予防原則”的な動きはどうなのかな?と思ってしまいます.
私が思うよりずっと少ないコストを想定し,一方,ずっと大きなリスク予想をされているのでしょうね.
よその国がどうとかじゃなくて,日本としてどう判断したかを知りたいところ.

それと,「人間にとって発がん性があるかもしれない」も,記事のニュアンスと参照先の資料をダイレクトに読んで受ける印象とが(私の場合は)だいぶ違います.

  • 国際非電離放射線防護委員会(ICNIRP)のガイドラインについてはこちら.(日本物理保健学会)
  • 国際がん研究機関(IARC)の2001年報道発表についてはこちら.(国立保健医療科学院)

こういう報道が電磁波恐怖を煽る商売に使われないことを祈ります.
上記の話はあくまでも「超低周波」の「磁界」の話です.
発がん性などの話はそれ以外の周波数帯については(私の中では)グレーというよりほぼシロです.

「電磁波」と一言で言ってもその周波数で大きく性質を変えます.
だからこそ,上記ICNIRPのガイドラインなどは周波数ごとに細かく分類して記述されています.
それを理解するのは少々ホネです,でもだからといってそこを投げ出して送電線も携帯電話も電子レンジもパソコンもなにもかもいっしょくたに「危ない」と煽る本やあやしい「電磁波防護グッズ」を売るようなサイトを信用してはいけません.
それらは肝心なところをケムに巻きながら,概してわかったような気にさせる内容だったりします.
しかし,わかりやすくないものが極端にわかりやすいのは何か間違っているからでしょう.
携帯に貼ったり持ち歩いているだけで電磁波が避けて行ってくれるようなモノなんてありません.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月25日 (水)

想定外でした

会社で見積書の発行は私が作った見積システムでやっているのですが,ある営業マンから自分が作った見積データが開けないとのクレームあり.
行ってみると「オーバーフローしました.」というエラーメッセージ.
特定の見積番号だけ開けず,他は問題なく読み込めます.

データベースを追ってみたら明細のある一行の金額欄が,122億円!!!
これだけの桁数の処理は私も考えていませんでした(汗

いや,もちろん入力ミス(笑
そんだけ売ってくれたら言うことないんですけどねえ..

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月23日 (月)

今まで頼まれた仕事で

20070423おそらく史上最低の難易度(笑

カミさんの友人「お宅のご主人,これ直せるかしら?」
カミサん「たぶん出来ると思うわよ.」(って,あのね...(~_~;))

と持ってきたフクロウのランプ,スイッチが壊れてる.
もとのスイッチがまたひどい.
ビニル線の被覆の上から金属の針でブスっと刺すことだけで導通させている.
新しいスイッチはしっかりと圧着端子で着けさせてもらいました.

ひどく喜んでいただけた由Hi

| | コメント (4) | トラックバック (0)

目が赤い

去年,結膜下出血で 左目が真っ赤になって焦ったのが4月14日.
昨日,こんどは右目が少し赤くなったけど今年は焦らずに様子見.
同じ時期に出ますね,花粉症とリンクか..?

日記代わりにつまんないことでも書いとくといいこともありますね,blogって.

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年4月21日 (土)

アンプ修理:これで持つかどうか

Vc_repair_0 ロードVCの割れたタイトの補修を試みました.
とりあえず割れた断面を2液エポキシ系接着剤で接着.
破断面から応力を逃がそうと板の両面を金属ワッシャで挟んで接着.
曲げ強度を増やそうと外周補強に銅箔をはがしたガラエポ基板の短冊を接着.
ここまで使った接着剤は実用強度まで15時間の長時間硬化タイプです.
一工程ごとにじっくり時間をかけます.
このあと,5分硬化型のもので肉盛りしました.

アマチュア的に簡単に手に入る材料ではこの程度でしょうか.
『こういうのがあるのに.』という専門家がおられるかもしれませんね.
#特に歯医者さんとか?Hi

しかし,この件で皆さんからいろいろご意見があって面白かったです.

  • FRP積層で補強しましましょう.
  • G10基板積層して作ったら?
  • テフロンの棒があるから削り出しては?
  • ガラエポの厚板あるよ
  • デルリンの厚板あるよ

全部やってみたいです(笑
こういう大出力アンプに誘電損失の大きい材料は基本的に使えません.
テフロンの誘電損失が0.0002以下であるのに対しガラスエポキシは0.02と100倍もありますが大丈夫そうな場所ですし,ここはHFということで許容範囲か,まずはやってみましょう.
28MHzでテストしてOKならばいいのですが.

| | コメント (2) | トラックバック (0)

桜前線いまだ..

ライブカメラI Love 青森まるごとView(NTT東日本)に桜祭り情報が増えてましたね.
ズームも良く効いてなかなかきれいな画像と思います.
弘前公園など定番のスポットに早くも観光客がたくさん来ておられますがあいにくさっぱり咲いておりません
暖冬で早まると思った開花がここのところの寒さで足踏み,帳尻が合ってしまいました.
私を含め予想を裏切られた方も多かったようですね.

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007年4月20日 (金)

また整形外科

急に左の膝が痛くなったのですよ.
数年前から歩きすぎたりすると左の膝を痛めることが多い.
少し休むと復活する.

しかし,今回は何をしたというわけでもなく,連休中遠出する予定もあるので念のため病院を訪ねたという次第.

結果,骨,半月板等異常なし.
レントゲンはきれいなもん.
通常はハードな運動で傷める関節周りの筋肉,あまりに運動不足で弱っているために普通に歩いていて傷めたんじゃないか?という診断(汗

あ,あまりに情けない(泣

湿布貼って,痛みが治まったらリハビリだな,こりゃ.
やっぱり一日中PCの前に座ってるってのはいかんなー

| | コメント (2) | トラックバック (0)

備忘録です

今アクセスしたらカウンタが60002だったので,一応履歴としてメモしておきます.

Counter_1

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年4月18日 (水)

アンプ修理:これかぁ

Load_vc_fail_2やはりロードバリコンがあやしいのでバラしてみました.
するとステーターの支持部のネジが手で回して取れるほどゆるい.
これはいけません.
で,よくよく見るとタイトが割れていて瞬間接着剤でつけてあります!
シャフトのアース用スプリングが十分に接触していない原因はこれでした.
(前回私が締め付けようとした場所は反対側でした.)
強く締めてしまうと割れてしまうのでしょう.

だからってゆるく締めときゃいいってもんじゃないでしょう.
前のオーナーあるいは修理担当者に対して軽く怒りさえ感じます.
重ねて言います,RFをなめちゃいけません.
ましてや1.5kWのパイLです.
これら出力同調回路のずさんな手当てを起点にかえっていろいろな不具合を引き起こしてしまったのがこのアンプの不幸だったんですね.

| | コメント (5) | トラックバック (0)

アンプ修理:こんなものかな?

Amp_repair_20070418下げていた高圧を元に戻して
冷えている状態ではまずまずのパワーが出てきました.
ブロアの力が落ちてるのかクーリングが足りません.
このあたりが実力でしょうか.

Amp_repair_20070418_2 内蔵のパワー計は少し甘いですね.

まだまだ不満ですが,ようやくここまできたかという感じ.

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年4月17日 (火)

会社のネットワーク設定で

ハマってしまいました.
イントラネットのWAN,アクティブディレクトリ使用です.
支店でデスクトップは有線,ノートは無線LAN.
今回無線LANのブリッジと子機を交換しています.

すると,A支店では難なく更新できましたが,B支店では無線LAN端末がドメインに参加できません.(IPは通ります.)
B支店で有線でつないで設定する分については問題なし.
またB支店からノートを本社へ持ち帰ると無線でもOK
機器の構成はすべて同じでB支店での無線の場合だけダメ.
何が違うというわけでもなく...
これに悩んでますorz

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アンプ修理:またちょっと改善

出力のパイLを眺めていたらロードVCが気になりました.

前のオーナーあるいは修理した人がロードVCを分解して再組立した形跡があります.
で,バリコンのローターのアースを確保するためテンションをかけるバネ部分のかしめが甘く,ローターの動きにつられてバネが回ってしまいます.

これを締め直してまた少し良い方向へ.
どうも,こういうRFにふさわしくない作業の積み重なりがこのアンプに災いしているようです.
まだあるのか,さて..

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月16日 (月)

虫の居所が..

昨日はうどん打ったり,つゆ作ったり大変忙しかったのです.
そんなときに限って「ピンポーン」,インターフォンに出ると.

「あ,私○○と申しまして...ボソボソ...ボソ..についてお話させていただきたいのですが.」

比較的元気のいい名前のあとは急に『お前は中森明菜か?』というような小声になり,しかも通常聞きなれない単語が並んでてさっぱり意味が聞き取れない.
で,最後だけまたクレッシェンド(笑

言ってることはさっぱりわからないけど,何かの勧誘であることは察知できたし,中森明菜攻撃は「え?なんだよー,もう.」と玄関を開けさせるための手だな,こりゃ,と即決.

「手が離せないのよー,じゃねー」

とお引取り願った.

やれやれと思うまもなく今度は電話が,局番は札幌.

「あ,私NTT東日本の代理店...」

相手のしゃべりをさえぎって

「NTTさんとは代理店なんか通さずBフレでもなんでも契約してますから.」

すると,相手は

「あ..そうですか. 失礼しました. では今後とも..」

私,また相手にかぶせて

「いえ,代理店さんは今後も要りません.」

とガチャ切りしました.

暇なときはめいっぱい喋らさせておいてからしっかりと「二度と来るな.」と伝えるのですが,ま,どっちにしてもうちに勧誘に来てもムダってことです.

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007年4月14日 (土)

シャックから

Wifi_1 初のエントリ.

無線ルータは居間にあり,同一フロアながら
更衣室,風呂場をはさんでの無線・工作部屋です.

無線LANの信号は条件がいいところを探すのが
微妙ですが,このぐらいの速度が出ていれば御の字.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月13日 (金)

無線LAN

無線部屋にPCを置くべく無線LANの設定をしてます.
当然PLCなんて中途半端な技術のノイズ源は死んでも使いません.

Network Stumblerでスキャンしてみるとうちのほかに1軒が見えたり消えたりするだけ.
どなたか存じませぬが暗号化されてませんね.
チャンネルがかぶるので逃げさせていただきました.

いまどきの住宅地にしては少ないですね.
雨降ってるから?
会社の近所あたりだと空きチャンネルを探すのがホネなぐらいです.

※追記
しばらくスキャンしていたらあと2軒ほど見えてきました.
こちらは暗号化されているようですがWEPです.

しかし,WEPは比較的容易にクラックされるようなので変えられたほうがよいのでは?

104ビットWEPは1分あれば破れる (/.Japan)

あれ,でも待てよ,WPA-PSK(AES)に設定しているうちもWEPとして見えてるな,バグか?

※さらに追記
NetStumblerのヘルプを見ると

The word "WEP" will appear on an encrypted network, regardless of whether it is really using WEP.

だそうなので,暗号化されていれば方式にかかわらず“WEP”と表示する仕様らしいです.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カート・ヴォネガットさん没す

カート・ヴォネガットという小説家が亡くなったという記事(BBC NEWS)を見て

私はあまり本など読まず,親父が山ほど所蔵していたSFをかじり読んだ程度なのですが,「カート・ヴォネガット」という名前はなぜか覚えていました.
何を読んだか,どんな内容だったかというとさっぱり覚えてないのですが.
老化でしょうか(汗
「タイタンの妖女」とか「プレイヤー・ピアノ」という本の題名もなぜか記憶にあります.
私はこれらを読んだのでしょか?

『知らんわ!』ですね.(自己ツッコみ)

そういや,いまいじってるアンプはタイタンって言いますが,関係ないけど.

| | コメント (2) | トラックバック (0)

アンプ修理:前進はせども

Amp_repair20070413_1_1 もう1時か,修理に没頭してるとあっという間です.

どうもアヤしげなハンダ付けが多くて気になります.
今日もバンドスイッチ,プレートキャップからパラ止め,カップリングコンデンサなど出力回路に見られる嫌な感じのハンダ付けをやり直しました.
Amp_repair20070413_2
すると,数十W~100W程度ですがあきらかに出力が増加・改善してます.
高周波をナメたハンダ付けをしちゃいかんですよ.
一度完全にバラして全面的オーバーホールしたほうがいいのか...

全体的に受ける感じはエミッション不足,クーリング不足です.
ともあれ冷えている状態ではそこそこの出力が出るようになりました.
これが今の状態の実力なのかなぁ.

| | コメント (16) | トラックバック (0)

2007年4月11日 (水)

大量に飛んでます

多いですね,「すぎのあれるぎーになるアレ」が.
(これでも来るか?スパム・トラックバック)

今朝,通勤途中すれ違ったsanyoshiさんも「ますく」してましたね(笑
私も10枚入り買ってきました.

くすり飲んでても朝なんか最悪です,鼻も眼も..
起きてしばらくは使い物になりません.

| | コメント (5) | トラックバック (0)

アンプ修理:多い不具合箇所

Amp_repair20070411_1テスト中,急に出力がゼロになりました.

異音,異臭,発光は感じませんでしたので
まずは落ち着いて原因確認.

すると写真のバキューム・リレーの端子がハンダ割れしてました.

オリジナルの状態でこういうことは考えにくく
私より前にだいぶ手を入れられた方がおられるのだと思います.
もっとあるかも?と調べてみると

Amp_repair20070411_2_1 パイLのこのリードもイモハンダで抜けてきます.
一連の調子の悪さには何かまだ理由があるのかも.

かなり潰してきたつもりですが,こういうモグラ叩き的な
不具合が多すぎます.

私も人のことは言えないかもしれませんがいじるなら
基本的な仕事はしっかりやって欲しい.

私はメーカ品をみる場合,配線や機構などは概ね大丈夫なものと考えがちで
すぐ電気的・電子回路的な不具合を探してしまう傾向にあります.
でも,これに関しては自作品をみるような気持ちでやらないと
ダメなようです.

以上を直してみたところ,最大パワーはまだもの足りませんが
キーダウンした場合の低下幅はぐっと少なくなりました.
下がってもkW程度を維持しています.一歩前進.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月 9日 (月)

アンプ修理:いまひとつ

今朝の思いついた配線の間違いは確かにビンゴだったし改善もしたけど「解決」とまではいきませんでした.
100Wぐらいは増えた感じですがまだまだ..
どうもタマのボケかげんとクーリング不足が影響しているように思えてきました.

ここで私の頭も少し冷やしましょう.

| | コメント (6) | トラックバック (0)

アンプ修理:お!

Igがどんと流れて次第に下がる
Ip,パワーとも少なめ..

アンプのおかしな振る舞いについて毎日考えているのですが
今朝顔を洗いながらひらめいたことがあります.
ある二本の配線が逆に入れ代わってるとするとそういう症状が
ありえます.

すぐにでも確認したかったのですが会社休むわけにもいかずHi
ごはん皿にドッグフードの『おあずけ』状態です.
今晩いい報告が出切るか?
糠喜びでなければいいのですが..

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月 8日 (日)

ナノバブル

「ニュートンのりんご」なるローカル放送局の番組.
核燃料施設の多い当地における日本原燃らの提供番組で科学技術を紹介するという形.

今日は「ナノバブル」ですか.

(最初におことわりしますが,以下は「ナノバブル」なるものの殺菌等の効果自体を否定するものではありませんし肯定もしません.)

例によって「海水魚と淡水魚が同居できる!」と大々的に伝えている.
開発した業者の声として,なぜこのようなことが出来るのかは解明されていないとのこと.

しかし,番組を見ていると塩分濃度は1%としっかり読めました.
ならば,ナノバブルとやらである必要は全く無いし,「解明されていない」というのは違うのでは?

ぜひ,こちらをご覧ください.
あやしいナントカ水などの,科学っぽいがインチキな説明を科学者の立場からわかりやすく叩く水商売ウォッチング(by apjさん)の中のFAQ-2で「マリンワールド海の中道」(海の中道海洋生態科学館)の方が解説された文章と写真が載っています.
(これは過去にパイウォーターなる水を販売する会社が海水魚と淡水魚が同居できるというデモンストレーションをしていたことに対する解説文です.)

(一部引用)
当館では淡水魚と海水魚を同じ水槽で飼育展示しています。
これは、魚の浸透圧調節の機能を学んでいただくために設置している水槽です。
水槽に特別な装置があるわけでも、魚を徐々に馴らしたものでもありません。ましてや、水槽水がパイウォーターで満たされている訳でもありません。またマジックでもイリュージョンでもありません。
原理は到って簡単。魚の生理食塩水をつくり、その中に淡水魚と海水魚を同時に、(馴らしたりせずに)入れているだけです。つまり、淡水魚も海水魚も体液の塩分濃度がほぼ同じであるため、その生理食塩水に入れると、魚の体から出入りする水がないのです。

その生理食塩水の濃度ってのがまさに1%程度なんですよね.

番組制作者が業者の言うことを信頼してこういう内容になるのだろうし,昨今騒がれる捏造でもないと言うかもしれませんが,あれは業者のデモンストレーションでしょう.
もう少し事前調査や検証をするという慎重な姿勢が必要ではないでしょうか?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

うちより優秀(汗

お袋の家のPCをメンテナンス.
一年近くほったらかしてます.

ウィルスバスターを2007にして
Firefoxを1.5→2.0へバージョンアップ
Adawareでスパイウエアをフルスキャンしてみると..

あれ,害のなさそうなTracking Cookieが一つだけですかー

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年4月 7日 (土)

カーラジオのノイズ

カーステレオでAMラジオを聞きながら極端な凸凹道を走るとアンテナ系が断続するような「バリバリ」というノイズが出ていたのです.

平らな道を走っている分には問題なく,一旦振動が加わってノイズが出るとその直後は少ない振動でもノイズが出るようになるが時間とともに元に戻ってしまう,という中途半端な感じ.

圧雪が融けかかって出来る洗濯板のような道でないとこの症状は再現せず,そのままにしていました.
アンテナあるいはカーステレオのアンテナプラグ・ジャック部分で何か不具合があるものと想像していました.

本日ディーラーさんで診てもらいました.
ただ,カーステレオは非純正,ディーラーさんで取り付けたものではなく営業さんに紹介された別の店でつけたものなので,今回診てもらうのはアンテナ(屋根後部,ブタの尻尾状,転倒する短いやつ)が中心です.

案の定,雪の融けてしまった道ではノイズが再現せず,エンジニアの方が言うにはFitはたくさん出ているクルマだけどアンテナの問題はほとんどないとのこと.

整備場の中で様子を拝見しながら発見あり.
放送のない周波数で聞こえる通常のノイズを聞きながらカーステレオのコンソールあたりをバシバシ叩く(修理の基本Hi)とノイズがばっさり途切れたりまた入ったりする.
ノイズが途切れた状態で屋根上のアンテナにショックを与えると入ったりする.
これは電界強度の大きな信号を聞いていても気が付かない変化です.
この症状から思い当たるのは金属接触部分のビミョーな酸化皮膜のわるさです.
受信機で古くなったリレーの接点とかアンテナコネクター,基板のハンダ割れでよく経験したものです.
やはりアンテナ接続部分に接触不良がありそうです.

そこで,ディーラーさんに責任のない部分ではありますがコンソール部をバラしていただき,カーステレオのアンテナプラグ・ジャックの部分を確認させてもらいました.
プラグを目を皿のようにして見ると手の皮脂かオイルで汚れているようにも見えます.
こいつをよく拭いて挿しなおしコンソールを組みなおすとバシバシ叩いても大丈夫になったようです.

私の疑問にお付き合いいただき,責任のない部分にまで対応いただいたディーラー(ホンダ・カーズ青森)のエンジニアさんに感謝します.
あとは自分でなんとかします.

※続報あり
カーラジオがバリバリ (ケーブルハーネス処理の不具合)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

続:イジェクトできなくなったCD-R

Cdr_trouble3ピニオンギアの割れでイジェクトできなくなったCD-R(& DVD-ROM)の件.
sanyoshiさんの「ギア買ってまで直すほどのものじゃ..」というコメントにいたく納得.

ごく少量のエポキシ系接着剤を割れた部分に充填し,シャフトとも接着.
一晩置きました.

そのままだと割れた箇所の両側の歯車の間隔が広くなっていてひっかかりますのでペーパーやカッターの刃で整形.

開閉できるようになりました.めでたし,めでたし.
当面使うものではありませんが,保守用とします.

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年4月 6日 (金)

最近よく口出しされますねNHK

スポーツ偏重「問題ある」=NHKニュースに苦言-尾身財務相(時事通信)

 尾身幸次財務相は6日の閣議後会見で、米大リーグの松坂大輔投手が初勝利を挙げたことについて、「いい人材が新しい天地を求めるのはいいことだ」と感想を述べながらも、「この種のニュースをNHKが毎朝取り上げるのは公共放送として問題がある」と指摘、NHKの報道姿勢に苦言を呈した。その上で、「生活や経済、国際関係のニュースをバランスよく報道してほしい」と要望した。

大本営じゃないですが,世の中きな臭くなってくると逆のこと言ったりはしまいかな?
もちろん,そんな時代は来て欲しくないですが..

| | コメント (0) | トラックバック (0)

なんだ,その客扱い

証紙を買い求める必要があって,売り捌き所になっている某農協支所へ.
郵便局の業務もやっているようなところで,入ると5~6人の従業員がいました.

しかし,入ったところ皆さんそれぞれ自分の世界におられるようでシカト状態.
面食らった私がきょろきょろしててもおかまいなし.

「ここでいいのかな?」

と思ったカウンタの前に立ってみたが,中の人,さっぱりこちらを見ない.
たまらず,

「あのー,証紙頂きたいのですがこちらでいいんですか?」

とたずねたら,中の人,何かやっている手も離さずに

「証紙はあっち.」

と目線で指示してくれちゃいました.
で,その方向,3mほど先のカウンタの前に立ったんだけど,中の人,やっぱりこっちを見ない.
今のやり取り聞いてねーのか?
少々アタマに来たので黙って立っていることにした.
しばらくすると,やっとこの空気に気がついた別の人が

「何か御用で?」

と聞いてきたという次第.

いつもカミさんが

「青森の人はサービス業ぜんぜんダメ.」

と嘆き怒ってるのですが全くそのとおり.
これじゃ最低賃金,県民所得のビリクラスから抜け出られませんよ.

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年4月 4日 (水)

DPZにつっこみ

サングラスだけでお手軽飛び出すメガネ(デイリー・ポータルZ)だそうで.

そんなのはどうでもいいのですが,「どういう仕組みか?」という説明がいただけません.

仕組みを簡単に説明すると、光がサングラスを通過するとき、そうでないときよりも少し時間がかかるらしいのです。そこで、サングラスを片方の目だけにかけて景色を見ると、サングラスを通さずに見ている目よりも、サングラスをかけている方の目が見る景色が少し遅れる、ということらしいです。

たとえばサングラスをかけた場合に映像が0.1秒遅れるとして、サングラスをかけた目が見ている景色はもう一方の目が見ている景色の0.1秒前の景色なわけです。だから横に動くものを見るとサングラスをかけた目とかけてない目で視差が生まれて飛び出して見えるってことなんですが、いまの説明でわかりました?

わからないですね.
たしかに光学ガラスは2より低いぐらいの屈折率を持つので光のスピードはガラスの中では半分強ぐらいのスピードになるでしょう.
しかし,それは数百メートル先のモノを見ているときに5mmほどのレンズの厚みを通る間だけの時間差で,無視できる差.
ましてや真空中秒速約30万キロの光です,屈折率が2だとしても「サングラスをかけた場合に映像が0.1秒遅れる」には厚みが一万五千キロのメガネをかけなきゃいけません.
これは,時間差じゃなくてガラスを通したときの屈折と色の違いで(脳内で)錯視が起こるということだろうと思いますが..

マジに突っ込むようなことじゃないんですが,このように「○○という性質がある」という話と「量的に××違う」という話は全く別モノで,科学のフリをしてこのあたりを悪用するインチキ商売が多くあります.
そういうことに陥らないような物の捉え方が必要ということで,あえて苦言を呈させていただきます.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

イジェクトできなくなったCD-R

Cdr_trouble1 横置きだと出てきたりするけど,縦置きだとダメ.
モータのトルクが伝わりにくくなってるのでしょう.
ベルト&プーリーならベルトの硬化・変形が考えられ,
古いコンポを直したときのようにベルトを作る方法もあるでしょう.
でも,これはギア駆動ですね.

Cdr_trouble2 注意深く見ると,モータ軸に取り付けられているピニオン・ギアが割れてます.
こいつを取り替えたら直るのでしょうか?
んー,外径6ミリで12枚歯ですか.
模型屋さんとかにあるかな?
昔,プラモ作ってた頃ならいくらでも転がってたと思うのですがHi

※続きあり

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年4月 3日 (火)

アンプ修理:パワー計拝借

Bird43パワーの計測,内臓パワー計の校正のためBird43をお借りしました.
sanyoshiさんMNI TNX.

手前のバキューム・リレーが「リードリレー無いんだったらこれにしちゃう?」と言っているヤツですが,やっぱ,なんかもったいないような気も..Hi

| | コメント (0) | トラックバック (0)

24時間メンテナンスがあるそうです

本日4月3日15:00から明日4日の15:00までの24時間,ココログのメンテナンスがあるそうです.

この間の更新はできません,またトラックバック・コメントの受け付けもできませんのでご容赦ください.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アンプ修理:細かいトラブル

Amp_repair_20070402_1あー,ピントが奥だ...バイアスコントロールボード
リードリレーの手持ちがないのでとりあえず
接点容量5Aのミニチュアリレーをつけておきました.
QSKでなければ使えるでしょう.

ここに
「ジェニングスのバキュームリレーをつけてしまおう.」
という案も出ていますが,贅沢すぎるか?Hi

Amp_repair_20070402_2こんなことをやっている間にもトラブルがあって,
突然「バシッ!」と言ったと思ったらパワー出ず,
STANDBY/OPERATEのスイッチが利かなくなりました.
焦ってリレーコントロールボードの回路を追っていたら
スイッチの根元でUL規格のワイヤが切れてました.
メインパネルとサブパネルの狭い間で動かない配線がなんで切れるのか?
今回は何かメカニカルなトラブルが多いです.
送信中の事故でバイアスボードのTrも一個道づれにしていました.
こういうことがあると手戻りになりますが,やっとチューニングに入れそうです.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月 2日 (月)

一審判決

科学者どうしの訴訟というエントリで,化学物質リスク管理研究センター長の中西準子先生が京都大学の松井三郎教授に名誉毀損で訴えられたという件を書いたのが2005年の10月5日でした.
あれから1年半,3月30日に一審の判決が出たようです.

判決文は環境ホルモン濫訴事件:中西応援団で読めますが,きわめて妥当な判決とお見受けしました.
難しいところはわかりませんが,私などが持っていた「なんで名誉毀損になるの?」という疑問に「そもそも名誉毀損になる話じゃない.」という答えを見たような気がします.
また,判決の中には中西さんがWEB上で行っている意見表明や批判の活動に一定の評価をしている部分があって,ほっとした気分になりました.
私も多少なりともWEB上で何かに対して意見や批判を書くことがあります.
今回の訴訟は「それで訴えられてたんじゃ,たまったもんじゃないよね.」という思いで傍観していただけですが,まずはご苦労さまと申し上げたいです.

控訴の受付期間は2週間とのこと.
早く決着を見て,学問という場でのご両人の研究が滞らないことを望みます.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

健康診断

雪かきしないせいか去年より体重が+3kg.
視力も落ちてるのかな~(汗

でも,血圧下がってました(^.^)v

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »