« エージング中 | トップページ | タイヤ »

2007年3月25日 (日)

続エージング中

Amp_repair_20070325高圧をかけてみました.
この状態でしばらく放置します.

Epの指示がやたら高いのはメータの校正ができてないからだと思います.
そのあたりは後で対応します.
最初,高圧がかかると同時にIpが300mAも流れてしまい,慌てて電源を切りました.
調べてみると電源部のB-に+28Vのカットオフ電圧を加える渡りの抵抗が実装されていませんでした.

|

« エージング中 | トップページ | タイヤ »

アマチュア無線」カテゴリの記事

修理・工作」カテゴリの記事

コメント

いけそうか・・・・頼みます。

投稿: sanyoshi | 2007年3月25日 (日) 20時08分

ドライブしてみると
Ipがガンガン振れるほどドライブできず
入力SWRが高くてパカパカ変動します.

バイアスボードのZD,リレーあたりがあやしいです.

バイアス次第で300mAは流れていたわけですから
タマは生きていると信じたいHi

投稿: Yamada | 2007年3月25日 (日) 20時42分

バイアスボードで取り替えたTrのピンアサインの違いを発見(汗
しかし,それでもフルパワーは数秒間で次第にIg,Ipとも下がりだす.
やっぱりバイアスが不安定なのか.
ここからが本格的な修理ですね.

投稿: Yamada | 2007年3月25日 (日) 22時53分

もともとフルパワーで出しているとだんだんパワーが下がってくる
アンプだったけど、どのくらいまで下がります?1KWが700Wまで
とか・・・

投稿: sannyoshi | 2007年3月26日 (月) 07時30分

いや,もっと下がりますね.
どこかおかしいのはあきらかなので
バイアス・ボードを精査しますね.
といっても動作中に各部の電圧を確認するには
毎回外部へツイステッドペアで引き出して..かな
大変ですHi

投稿: Yamada | 2007年3月26日 (月) 08時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/126022/14398897

この記事へのトラックバック一覧です: 続エージング中:

« エージング中 | トップページ | タイヤ »