« 暖冬 | トップページ | あるある批判続出ですが »

2007年1月27日 (土)

FM用室内ループ

Fm_loop_1FMの室内アンテナもなかなか手強くて,以前ダイポールを張りましたが,壁の一面の方向だけに展開していると上空(20mタワー)のHF用アンテナの方向によって結合するようで受信の状態が悪くなるヌルが生じます.
そこで壁のコーナーを利用して90度に展開しますとHFアンテナの「方向」による影響が分散されて若干良くなります.
また,室内アンテナの高さを調整してハイトパターンの良好なところを探しますが,NHK-FM(86MHz)と民放(80MHz)では最適になる高さが違い,一方に合わせると他方に不満が残るということになります.
そこでループにしてみました.
これだとある意味高さの違うダイポール2本分みたいな性格があるでしょと期待.
インピーダンスはループの縦横比で調整ができるのでしょうけど,多分いい具合に低くなっててちょうどいいぐらいでは?と皮算用
これまでの中では一番良好な状態になってます.
我ながらつまらないことやってるなという自覚はあるのですが(汗

|

« 暖冬 | トップページ | あるある批判続出ですが »

修理・工作」カテゴリの記事

コメント

広い家だと出来るアンテナ
と感心しました

我が家では無理だなぁ
しかし、ループを90度折るのはいいかも
受信用だからインピーダンスも考えなくても問題なしだね

投稿: sky | 2007年1月29日 (月) 10時03分

周りに動くものがなければ単純な話なのですが
「上空で回るアンテナの影響を受けにくい」
なんてヘンな条件を考えると室内アンテナでは難しいですね.

やっぱり周囲の影響で低下するスペックをカバーする
マージンを持ったまともなアンテナを上げるのがスジでしょうね

投稿: Yamada | 2007年1月29日 (月) 12時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/126022/13681056

この記事へのトラックバック一覧です: FM用室内ループ:

« 暖冬 | トップページ | あるある批判続出ですが »