« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2006年12月30日 (土)

ちょっと忙しくなりますので..

昨日は仕事納め.
今日,明日は蕎麦打ちモード全開です.
今AM1:35です,蕎麦つゆを5リッター作りました.
うどんを仕込んでから寝ます.

挨拶が出来るうちに..
本年は皆様ありがとうございました.
良い年をお迎えください.

MNI TNX WISH UR HPPY NW 2007 GL ES C U 73

Yamada

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2006年12月29日 (金)

意図しないトラバ_4

そうそう,↓こういう情報だったのですよ,欲しかったのは.
(「そんなnewsは犬も喰わない」/ccoeさんのblogから)

つまり,なりすましトラックバックは簡単にできるわけですね.
なんで,それを言ってくれないかな,プロバイダさん.
まさか,知らないってことはないでしょ.
Niftyさんからの最初の回答はこれ,
>通常、「相手先のトラックバックURL」欄にご自身で入力し投稿しないと、トラックバックは送信されません。
私の問合せが「通常」のケースじゃないことぐらいわかるでしょうに.
それなのに時間をかけて調べたのが私のIPから送信されていないことの確認だけ.
私が知りたかったのは「私が送ってないのにどうして送られるのか?」という技術的背景であってプロバイダへのクレームのつもりじゃないのだ.
うーん,やっぱり意図しないトラックバックが届いた先のプロバイダがログ・サーチしてくれないとどうにもなりませんね.

| | コメント (2) | トラックバック (0)

意図しないトラバ_3

gooとinfoseekに問合せたのですが,どちらもトラックバックのトレースは出来ないとの返答でした.(Yahooは問合せ先が見つけ出せなかった.)
ログは残らないのでしょうかね?それもどうかなあ.
infoseekだけは「努力はしてみる.」と書かれていましたがNiftyをはじめ各プロバイダは自社の免責だけを主張していて残念でした.
こういう現象が実際に起きているのだから,どのような技術的な背景があってこうなるのか?といった情報ぐらいあってもいいのではないでしょうか.
(pingサーバ,RSS,自動トラックバックのツールについて,とか)
私はいたって寡黙な人間でありながら営業もしていたことがあり,自分に向いていないのは自覚していましたが,顧客に対してはもうちと血の通った対応,情報提供をしてましたよ.

いずれにしても,本人が意図していないトラックバックが送られているという状況は迷惑な話です.

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年12月28日 (木)

今朝の渋滞

Ferry20061228
フェリー埠頭はトラックが溢れてます.
年末のトラフィックの多いときにやっかいな低気圧.
大変ですねえ.

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年12月27日 (水)

意図しないトラバ_2

参りましたね. (前回のエントリ
私のPLCに関連した記事からのトラックバックがyahoo,goo,楽天など複数のblogに送られているのを確認しておりますが,私自信がトラックバックを送った事実がありません.
この事象についてのcocologからの返答が下記のとおり.

 お問い合わせいただいておりました「トラックバック」の件について、ご報告をさせていただきます。お時間がかかりまして、誠に申し訳ございません。

 お調べしたところ、山田様がココログからトラックバックを送信している記録は確認できませんでした。

 お手数をおかけし誠に申し訳ございませんが、意図しないトラックバックが送信されたブログの運営元へ、該当のトラックバックがどこから送信されているかについて、ご確認いただければと存じます。

 このたびは、山田様のお力になれず申し訳ございませんでした。

 お問い合わせありがとうございました。
 今後とも、ココログをよろしくお願いいたします。

自分でなんとかしろってことですか.

> お調べしたところ、山田様がココログからトラックバックを送信している記
録は確認できませんでした。

最初からそう言ってますが?
私の勘違いだとでも思ったのか?
どこかのpingサーバの仕様とかそんな答えを期待してたのですが..

| | コメント (2) | トラックバック (0)

なんですとー! 

胃薬「PPI」で骨折の危険増大…英で調査(Yahoo News/読売)

12月27日11時19分配信 読売新聞

 【ワシントン=増満浩志】胃かいようなどの治療で胃酸の分泌を強力に抑制する「プロトンポンプ阻害剤」(PPI)を1年服用すると、足の付け根で骨折して歩けなくなる「大腿(だいたい)骨頸(けい)部骨折」の危険が22%も増加することが、英国の50歳以上を対象にした調査で分かった。

 米ペンシルベニア大の研究者らが26日、米医学会誌に発表した。

 同骨折を起こした患者1万3556人を含む約15万人を胃酸抑制剤の服用歴に着目して分析した。

 骨折の発症率はPPIの服用が長くなるに連れて増加。発症率は2年で41%、4年では59%も服用しない人より高かった。

 研究者らは「PPIによってカルシウムの吸収が妨げられるため」と推定。医師が投与量を必要最小限に抑えるよう求めている。PPIは日本でも処方薬として使われている。

H2ブロッカーは長年飲んでまして,PPIもけっこう飲んだような(汗
ただ,2年ほど前にピロリ除菌して医者には「除菌失敗」と言われ,薬は飲んでも飲まなくても変化がないので止め,その後全く調子がよろしいのです.
また,胃カメラやらなくちゃいけないなー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月26日 (火)

図書の分類_2

県立図書館で江本勝氏の「水からの伝言」関係の図書が「無機化学」に分類されていた件
県立図書館OPACで検索してみると,依頼した件は全て分類147番の「超心理学・心霊研究」に訂正されていましたー(^^)v
図書館からまだ連絡はないけど,ま,いいや.←削除してお詫びします.

(※追記:図書館から電話頂きました.なんでも20日にメールの返信を頂いたのをが私が見逃していたようです.申し訳ありません.(汗)対応,ありがとうございました.)

※追記:頂いていたお返事の内容です.TRC(図書館流通センター)の分類が基本らしいので話の筋を通せば他の図書館でも聞き入れて頂けることと思います.

山田様からの最初のメールにつきましては、検討依頼として受理しており、館内での調査・検討をしておりましたが、投稿いただきました「ご意見」につきましてまとまりましたので、ご連絡申し上げます。
さて、ご検討依頼のありました著作の分類番号について他の図書館を調査しましたところ、147、435ほかの分類番号がありました。当館では、多くはTRC-MARCにより分類番号を付与しているところです。よって当初のTRC-MARCは435.44が付与されていました。ご意見を承ったあとに、TRC-MARCの分類番号について確認しましたところ、現在は147に変更になっているとのことでした。
それらを含めて総合的に判断し、ご意見のありました当館の資料につきましては、分類番号を147に変更することとしました。
回答が遅くなりましたことをお詫び申し上げます。

平成18年12月20日

435(無機化学)⇒ 147(超心理学・心霊研究)に分類変更された図書.

  • 水からの伝言 ; [1]/江本 勝 波動教育社 ; 1999.6
  • 水からの伝言 ; Vol.2/江本 勝 波動教育社 ; 2001.11
  • 水からの伝言 ; Vol.3/江本 勝 波動教育社 ; 2004.2
  • 水の「真」力/江本 勝 講談社 ; 2003.8
  • 水は答えを知っている ; [1]/江本 勝 サンマーク出版 ; 2001.11
  • 水は答えを知っている ; [2]/江本 勝 サンマーク出版 ; 2003.1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月24日 (日)

本日の衝動買い

Armlightルーペつきアーム・ライト.

老眼対策,普段はヘッドマウントタイプのルーペを使ってますが,こいつの使い勝手はどうでしょうか.

| | コメント (16) | トラックバック (0)

2006年12月23日 (土)

トイレの

温水,修理してもらいました(^^)v

で,点検していたら温風も出ない様子.
ほとんど使っちゃいないんだけど
延長保証が利いている今のうちに直しましょう
ということになりました.

直しとかないとね,マドンナが遊びに来たら困りますから(笑

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月22日 (金)

忘年会

職場の忘年会,隣りの上司がタバコを吸うので参った.
例のごとくウーロン茶で参加.
酒,タバコをやらなくなって久しい私に向かって

「前はストレートで飲んでたじゃないかよー.」
「タバコだってショートピースだったよなー.」

と,お決まりの質問がウザい.
まるで私が悪い宗教にでも入信したような扱いはやめて欲しい(笑
私の返答も決まっている(もちろん不躾な質問への応対,シャレとして)

「いい大人はいつまでも吸ったり飲んだりしてないで,いいかげん卒業しましょうよ.」

Toys 写真上:500円前後のクリスマスプレゼントを各自持ち寄って(ツッコミ:「小学生かよ!」)のプレゼント交換会で当たった脳力トレーナートランプ.

写真下:毎年,常務がサンタよろしく自腹で全員に買ってくるおもちゃの抽籤で当たった脳トレ・ゲーム機

不思議な職場でしょう?
しかし,なんで私だけ脳トレシリーズなのじゃ?
そりゃ,そろそろヤバいかも知れんけどさ.

今,カミさんが隣りで熱中してやってるよー.

| | コメント (8) | トラックバック (0)

ココログのダメンテ

メンテナンスのたびに「また何かやらかすんじゃないの?」と思っているとその期待不安を裏切らないことが二度や三度じゃないココログさん.
怒り心頭のユーザに対して個別にメールを送る,という手段.

                            2006年12月21日
ココログユーザーの皆様
                           ニフティ株式会社

       ココログメンテナンスについてのお詫び

 日頃よりココログをご利用いただき、ありがとうございます。

 12月5日(火)に実施いたしました53時間のココログメンテナンスにつきまして、ユーザーの皆様にはご迷惑をおかけしました。誠に申し訳ございません。

 メンテナンスの目的と、今後の予定について、ご報告させていただきます。

-----------------------------------
◇メンテナンス日時

 2006年12月5日(火)10:00~12月7日(木)15:00の約53時間

◇対象ユーザー

 ココログベーシック/プラス/プロをご利用の方

◇メンテナンス目的

 ・システムの拡張性確保のため準備(DB分割準備)
 ・ココログベーシック/プラス/プロのバージョンアップ

◇メンテナンス中止の理由

  メンテナンス最終確認時に、パフォーマンス確保への懸念点が発覚し、シックス・アパート社(※1)との協議のもと、より性能を高めた安全な状態でユーザーの皆様にご提供するべきとの判断に至ったため、急遽メンテナン スを中止させていただきました。

※1 ココログは、シックス・アパート社よりライセンスを受け、運用しております。

-----------------------------------

 メンテナンス後、今回問題となった原因の特定を行い、その改修作業も完了いたしました。現在は、次回メンテナンスに向けての最終確認作業を鋭意進めております。

 次回メンテナンスの具体的な日時については改めてご案内させていただきますが、現在のところ1月中旬を目処に作業を行っております。正式なご案内まで、今しばらくお待ちください。

 度重なるメンテナンスにより、ユーザーの皆様にご迷惑をおかけすることとなってしまい申し訳ございません。

 今後も、ココログを快適に利用していただけるよう、ユーザーの皆様のご意見を聞きながら真摯に取り組んでまいりますので、よろしくお願い申し上げます。

なんだか,もう,諦めの境地です(汗

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月21日 (木)

意図しないトラバ

アクセス解析でリンク元をチェックしていたら,私からトラックバックを送ったような形になっているblogを二つほど見つけましたが,はて?私がそこへトラックバックを送った事実が無いのです.
あたかもスパムの自動トラックバックのようで気味悪い.

そこでNiftyさんに質問したところ,

 お問い合わせいただいた件について回答いたします。

 このたびは、意図しない相手先にトラックバックが送信された旨ご連絡いた だきましたが、通常、「相手先のトラックバックURL」欄にご自身で入力し投 稿しないと、トラックバックは送信されません。

 つきましては、当窓口で詳細を確認させていただきたいと存じます。お手数 ですが、以下のフォーマットに詳細をお書き添えの上、ご返信ください。

----------------------------------------------------
■返信フォーマット

・該当の記事の「以前に送ったトラックバックを確認」をクリックしていただ  きリストに相手先のトラックバックURLが載っているか確認ください。

・以前に同様の現象はありましたでしょうか。

・意図しない相手先にトラックバックが送信されているのをどこで確認したの  でしょうか
----------------------------------------------------

 お問い合わせありがとうございました。
 今後とも、ココログをよろしくお願いいたします。

トラックバックURLの記載履歴はもちろん無い.
今回の症状を確認したのはこれが最初.
うーむ,やっぱり相手先トラックバックURLを入力しないとトラックバックされないんだよね,普通.

症状的には記事中に同じリンク参照先を入れているblogに自動トラックバックを送出しているような感じなんだけどねえ.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

海岸局

洋上と結ぶ年賀電報,年中行事のようなニュース動画映像です.(RABニュースレーダー※リンクは間もなく切れると思います)
プロの中でも電信はまだ残っているのですね.
BK-100バグキーですか,上に載せた重石がいい味出してます.
撫でるように,かつ,ぶっ叩くようにという感じのキーイングですね.
縦振りはHK-808?
いいなあ業務用ラジオ.
おいおい,そのアンテナからこの電波は出てないと思うよ.

| | コメント (6) | トラックバック (0)

先日の視点・論点

18日月曜の夜,ぼんやりTVを見ながら田舎の少ないチャンネルをチェックしているとNHK教育で偶然飛び込んできた「視点・論点 まん延するニセ科学」!おー,きくちさんだ!

きくちさんのblogはいつも拝見しているけど,告知がなかった.
なかったわけで,本人もその日に放送されるとは認識しておらず見てなかったらしい(笑.
YouTubeにアップされちゃったようです.
プロンプタをゆっくり読み上げながらの収録で,ご本人は「いつもはもっとスラスラ喋るのよー」と主張されたいご様子.
ともあれ快挙,大変良い内容と思いますのでお勧め.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月19日 (火)

知って欲しいPLCの負の面

(※注記:私のこの記事のトラックバックが何ヶ所かのblogに届いているのを確認しましたが,私本人がトラックバックをどこかに送ったという事実はありません.第三者のなりすましではないかと推察しております.)

電力線通信はどこまで使えるか?(後編)――無視できない電波漏洩や混信(NIKKEI.NET IT Plus 田村安史のパソコン進化論から)というコラムがPLCの負の面を伝えている珍しい例と思うのでご一読下さい.

我々,アマチュア無線の立場についてもかなり好意的に書かれています.
例のアマチュア無線不要論に対する批判と思われる事も述べておられます.

 PLCは、ある意味では電灯線をアンテナとした短波帯の送受信機のようなもの。そのため、同じ短波帯の電波を使うアマチュア無線とPLCが相互に悪影響を及ぼす懸念がある。PLCが無線通信を妨害するだけでなく、逆に電灯線が無線電波を拾ってしまうことで通信速度が一時的に落ちる現象も起こりうる。

 国内でアマチュア無線家を中心とする原告団が行政訴訟を起こしているのも、どうやらこのあたりも案じてのことのようなのだ。

 訴訟に対して、巷には「既得権を取り上げられることを恐れたアナクロな愛好家たちが、アマチュア無線対インターネットという構図のもとに、ヒステリックな戦いを挑んでいる」と見る向きもあるようだ。が、実際には、まったくもって違う。

 なぜなら、パソコンやインターネットの世界を切り開き、今もリードしている国内の優れた技術者やキーパーソンたちは、実は、そのほとんどが無線従事者免許を持っている。多かれ少なかれアマチュア無線の世界に身を投じ、基礎から応用に至る技術や見識を実体験として学び、それを背景にパソコンやインターネットの世界を開拓する活躍をしてきたのである。

 アマチュア無線なくしてそうした人材は育まれなかったし、パソコンやインターネットが今日ほどに発展することもなかったといっても過言ではない。そして今なおITをリードし、自らもネットにアクセスしているのだから、インターネットを便利にするであろう技術そのものを、合理的な背景なしに排除しようなどということはあり得ない。

 訴状では、裁判を起こす権利関係における根拠が必要だからこそ、PLCによって妨害を受けるとしているし、もちろん、それも嘘ではない。しかし、差し止めたい真意は、行政の拙速によって、そうした人材を育ててきたアマチュア無線の文化とインターネットを手軽に利用できるはずの技術とがつぶしあいかねない状況になっているのを打開することだ。

 私は、このコラムを書くにあたって、原告団に近い筋にも、遠い筋にも、無線経験者でありITのキーパーソンである人物たちと個別に話をしたが「(周波数がぶつかる形で見切り発車してしまったことで)アマチュア無線の電波がPLCへ悪影響を及ぼさないかも心配だ」と口を揃えた。

 彼らは技術をよく知るがゆえに、十分な検証と対策を講じないままPLCがわざわざ短波帯に入ってくれば、相互に干渉しあう可能性があることを容易に推察する。PLCに恒常的にアマチュア無線の受信が妨害されることも、技術的にも法的にも正当に運用していても、アマチュア無線の電波がPLCの速度を断続的に下げるようなことも、いわば親心として困るということである。

 アマチュア無線というのは、もっぱら技術的な興味から行い、研さんする場であると、法的に規定されている。興味や趣味というと低俗に見る人もいるようだが、好き好んでやって基礎を実体験するからこそ、キーパーソンを多く育むのである。そんな重要なコミュニティーであり教材であるものを、再び見直されようとしている中で、虐げるべきではないだろう。

ただ,重箱の隅ですが,上記引用部分の「PLCは、ある意味では電灯線をアンテナとした短波帯の送受信機のようなもの。」あるいはソース記事文頭部分「PLCは電灯線をアンテナにみたてて、かなり低い周波数でデータの送受信をしようとする技術。」という表現は正確でないと思います.
あくまでも,「PLCは電灯線を通信伝送ラインにみたてて,高周波信号を重乗するが,本来の目的外使用であるため電灯線がアンテナとして働いてしまい不要なノイズを空間に放射してしまう中途半端な技術。」かと思います.

| | コメント (2) | トラックバック (1)

これはめでたい

モーツァルトの全楽譜がOnLine公開.(Internationale Stiftung Mozarteum)

バッハがこうなってくれないもんかなあ.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月17日 (日)

温水便座の

お湯が出なくなった.
さすがにこれは自前修理出来ないのでINAXさんからの連絡待ち.

CW-RX2という型番
電信用受信機なら直せるのにねーHiHi

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2006年12月16日 (土)

フレア連発

サイクルのボトムにしては活発なお天道様.
磁気嵐が起こってるようですね.
みなさんブックマークしてますか?宇宙天気情報センター

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年12月15日 (金)

厄介な電話会社代理店

ちょっとした事件でした.
会社の電話関係がKDDIのちょっと古い契約だったものを見直そうと,同僚のO君が直接NTTコミュニケーションズ(以下NTT-COM)の営業さんと新しい契約プランへ移行するための交渉を進めていたのですが,もう工事に入ろうかというときに工務係のほうから突然

「NTT-COMの代理店の○○というところ経由で先に申し込みが入っていますので切り替え出来ないのですが.」

との連絡がありました.

縁もゆかりもない県外の代理店など心当たりがなく,「何かの間違いでは?」と調べてみると,
先月(なぜかこの絶妙なタイミングで)その代理店というところから当社へ封書で申込書が送られてきて,決済担当が

「ああ,今進めているあの件ね.」

と混同して申込書を作って提出してしまったらしい.
申込書自体はNTT-COMの様式だし,代理店の名前は手書きの欄にチョロっと記載されるだけ,実に紛らわしい.

代理店経由のほうの申し込みを取り消すためO君があちこちに電話しまくり大変でした.
私達のところに直接話が来れば代理店には取り合わないのが基本ですが,状況的に思わぬ落とし穴でした.

さて,たまたま代理店からのDMが偶然来たというだけのアンラッキーか?
仮に狙ったとすればこちらの計画がリークしているということ.
そういえば,「NTTの代理店ですが...」という電話はしょっちゅうかかってくるし,「いや,うちはNTTさんと直接話をしてるから.」と断ったこともあるような気が...
こういう断り方さえマズいのかもしれないですね.

| | コメント (8) | トラックバック (0)

ヘルプデスク

会社ではパソコンのヘルプデスクのようなこともやらざるを得ない.
いろいろな相談が持ち込まれます.
昨日は同僚のO君が仙台出張なので一人で対応することが多かった.

「これをメールで送りたいんだけど.」
とUSBフラッシュを持ってきた人あり.
「何?自分で送ればいいじゃん.」
と言いながらやり方を説明します.
エクスプロラーでリムーバブルディスクを開いて..と
「で,どれ送りたいの?」
「全部」
容量を見たら150MBでした!!

次は
「ファイルが消えた.」
と,電話あり.
話を聞くといつもEXCELを開いて操作した「ファイル」の履歴から開くということをやっていて,ファイルの「パス」という概念がないらしい.
VNCでリモートして画面を見ると,その「消えた」というファイルはデスクトップに鎮座してました.

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年12月14日 (木)

図書の分類

県立図書館「水からの伝言」の分類が無機化学なのはおかしい,と先月投書したのですが,投書が読まれたかどうかもわからないノーリアクションゆえ再投稿してみました.
今度はどうかな?

しかし,図書館のHP,なんだか重たいホームページビルダなトップページとか,住所・氏名・電話番号をSSLでない投稿フォームに書かせるとか(なぜかメールアドレスは記入欄が無い),送ると「ブラウザの戻るボタンで戻れ」とかだし,そのへんもなんとかならんもんだろか.

11月16日に下記のような要望を貴館ホームページの
「意見・ご要望はこちらまで」のフォームから投稿させて頂きました.

> はじめまして.
>
> さて,図書の分類についておたずねしたいことがあります.
>
> 波動教育社出版 江本 勝著 で 「水からの伝言」
> 及びそれに関連する一連のシリーズの図書があります.
>
> 貴館におかれましてはこの図書の分類を435(無機化学)に分類されていますが
> この図書の内容は自然科学には値しない内容であると思います.
>
> この江本氏の一連の書物は国会図書館のNDL-OPACで検索しますと
> 147(超心理学・心霊研究)の分類になっているものが多いと思われます.
> TRC(図書流通センター)の分類でも旧来から変更されているかと思います.
>
> ぜひ分類の再検討をされてみてはいかがでしょうか?
> なお,市民図書館では147になっているようです.
>
> 以上,検討をお願い致します.

この件について1ヶ月経ちますがリアクションがありませんので
未逹の可能性もあるかと思い,再投稿させて頂きます.

恐れ入りますが,この投書について

◎受理されたかどうか
◎対応の可否

などについてeメールにて連絡頂ければ幸いです.
アドレスは ************* です.

なお,江本氏の著書の貴館分類とNDL-OPC分類の差異のリストを下記に記します.

##############################################

水からの伝言:世界初!!水の氷結結晶写真集   波動教育社;東京 1999.6
↑貴館分類[435], NDL-OPAC分類[147]

水からの伝言:VOL2 波動教育社;東京 2001.11
↑貴館分類[435], NDL-OPAC分類[147]

水からの伝言:VOL3 波動教育社;東京 2004.2
↑貴館分類[435], NDL-OPAC分類[147]

水は答えを知っている:[1] サンマーク出版;東京 2001.11
↑貴館分類[435], NDL-OPAC分類[147]

水は答えを知っている:[2] サンマーク出版;東京 2003.1
↑貴館分類[435], NDL-OPAC分類[147]

水の「真」力:心と体のウォーター・ヒーリング   講談社;東京 2003.8
↑貴館分類[435], NDL-OPAC分類[147]

##############################################

また,補足致しますが,江本氏本人が朝日新聞の「アエラ2005年12月5日号」にて下記のように述べています.

> 水からの伝言はポエムだと思う。科学だとは思っていない。僕は科学者ではない。単なるロマン的なこと、ファンタジー。

このことからも同書籍を無機化学に分類されるのは不適当だと思っております.

以上,よろしくお願い致します.

2006年12月14日

山田

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月12日 (火)

冬の晴れ間

彩雲(wikipedia)っていうんでしょうか.
あまりよく撮れてませんが.
20061212_1

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年12月10日 (日)

インストが好き

いろいろ音楽は好きなんですが,インストゥルメンタルに偏ります.
人の声を楽器のように使うもの(スィングル・シンガーズのような)と宗教曲だけは聴けるのですがいわゆるヴォーカルは苦手です.

20代のころ群馬のジャズ喫茶のマスタに生意気なことを言った覚えがあります.
当時私はマクラフリンとかラリー・コリエルのような緊張感のあるギターを好んで聴いていました.
地下の暗い店で煮詰まったマズいコーヒーを飲みながら,

マスタ「ヴォーカルは全然聴かないの?サラとかエラとか.」
「いやー,聴かないっすね,全く.」
「年取るとね,ヴォーカルがぜったい良くなるって.」
「えー,そうかなー?」

みたいな話をして東京へ戻ったのですが何か気になってマスタに手紙まで書きました.
うろ覚えですけど

「人の声,歌詞のようなものが無くても,いやむしろ無い方が音楽に集中できる気がします.私が年を取ってヴォーカルをしみじみ聴いてる姿は想像できません.」

みたいな若僧のたわごとを書いたような気がします.
マスタの返事はヴォーカルの魅力についてとか,そう肩肘張らんと聴きたいものを聴いたらいいさということだったと思います.

たぶん,当時のマスタの年齢を超えたと思われる今...やっぱりヴォーカルは聴けません.
修行が足りないのでしょうか.

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年12月 8日 (金)

アマチュア無線不要論

PLCについてアマチュア無線家による行政訴訟が起こされました.
原告団オフィシャルサイト
毎日新聞の記事
NHK News
TBS News i
/.Japan

7J3AOZ's Hamlifeさんの「必要かどうかは社会が判断するでしょう」という記事によるとアマチュア無線不要論も湧いているようですね.

つまり,
「PLCという技術発展をアマチュア無線は既得権で妨害しようとしている.免許人口も減りつつあるアマチュア無線は役目を終えた.アマチュア無線に割り当てられた周波数を受け渡せ.」
的な発想なのでしょうか.

私はPLCについては環境問題と捉えています.
ノイズフロアが上がるのは100%の事実で一方それを甘受してまでの将来性がPLCにあるとは思えません.
電灯線という既設の目的外のラインに高周波信号を乗せる中途半端な技術と認識しています.
それが推進されるのは規制緩和によって誰かにもたされる利権のためかなとも思っています.
不要論を仰る方々はそこを重要視はせず,HF(短波帯)の特性や魅力もご存じないのでしょう.

自然雑音にも変動があります.
雑音それ自体が情報であり,人工雑音にマスクされる機会は極力少なくあって欲しいのです.
今は太陽の活動期の入り口です,おりしもX9.0級の特大フレアが発生してましたね.
自然雑音の表情はそういうことも反映するでしょう.
「来たか?磁気嵐」「お,これがブラックアウト,デリンジャ現象ってものか.」とか...
ノイズの表情,ノイズに浮き沈みする彼方の信号に聴き耳を立てていると季節,日中に地球が宇宙の中で回っていることを実感できます.
こういう場がどれだけ私たちに残されているでしょうか?
こういうことを体感できる環境は私のようなオヤジのためだけじゃなく,若い人たちのためにも是非残しておかなければ.

一部の経済優先で自然科学を廃れさしてはならないと思います.
ヘッドホンを頭に,受信機のダイアルとビームアンテナをくるくる回してノイズを聴きながらニンマリしているオヤジ,これも不要ってことなんでしょうけど(汗

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年12月 7日 (木)

メンテナンス終わったみたい・って,終わってねぇー!

15:00ちょうどにログイン可能になりました.
接続をテストしてみます.
本日は晴天なり.(雨だけど)

あれ,なんか前と変わんない..

なんとNiftyさんまたしくじっちゃったみたいです.

んー53時間かけてそうですか.
今回ヤバそうだって経過アナウンスも無かったねー
お知らせblogじゃ「予定通り」「大きな問題は発生しておりません」って言ってましたね,ずっと.
上場の日だからネガティヴな情報はマズかった?
こりゃ,また叩かれますな.

昨夜の負荷テストにて、負荷が高まりレスポンスが悪化するという現象が発生いたしました。当初は改善できる項目であると判断し、修正/検証作業を行いましたが、本日になっても原因の特定ができず、問題の解決には更に長時間を要すことが予想されたため、一旦メンテナンス前の状態に戻させていただき、 12月7日(木)15時にサービスを再開いたします。

ココログをご利用いただいている皆様には、長時間お待ちいただいたにもかかわらずこのような状況となってしまいましたこと、お詫び申し上げます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年12月 4日 (月)

メンテナンスだそうです

Niftyのココログがメンテナンスをしますので2006年12月5日(火)10:00~12月7日(木)15:00の約53時間の更新は出来ない見込みです.
また,通常の閲覧は出来ますが,コメントの書き込み等も出来ない模様です.

2006年12月5日(火)10:00~12月7日(木)15:00の約53時間、ココログベーシック/プラス/プロのメンテナンスを実施いたします。本メンテナンスは、先日ご報告させていただきましたココログベーシック/プラス/プロのデータベース分散化、及び、バージョンアップを目的としております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今朝も雪

今朝も雪

学童が歩道を歩けない。
夕べは筋肉痛で眠れず吐き気がするほど。
今朝も降った雪に加えて除雪車が置いて行った山盛りの雪。
かろうじて車出して出社。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年12月 3日 (日)

初雪かき

20061203_1起きて外見たらびっくり.
25~30cm近く降りましたかね.
今シーズン初の雪かきです.

ま,平日でなくて良かったと思わなきゃいけません.

20061203_2 除雪は幹線道路のみで小路は車の腹を擦りながらの走行.
4WDじゃ~!とはしゃぎながらおふくろの家へ.
あら,うちより多いねー

※追記 その後も降り続き夕方もう一回雪かき.
1日に2回×2軒はかなりきつい,筋肉痛の感触が今年も戻って参りました.

| | コメント (7) | トラックバック (0)

FM室内ANT

Fm_dpFM受信用にでっちあげたダイポール.
3C-2Vを1/4波長×速度係数(発泡充填なので0.82ぐらい)二本でバラン構成.
下部は網線と芯線をたすきがけ,上部は網線どうしを接合して芯線にそれぞれエレメント接続.

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年12月 2日 (土)

忙しかったー

義理の弟の七回忌,私は行けないがカミさんに群馬の実家まで行ってもらうことに.

朝は早出,通勤前にカミさんを空港まで送る.
道路は凍結,山の木々が氷を纏いキラキラと朝日に輝いてきれいだ.

午前中は会社で仕事,午後は群馬で食べてもらううどんと蕎麦を打つ予定.

柚子きりも作ろうと会社の帰り道スーパーに寄るが柚子がない.
結局3件のスーパーを探し回って入手.

夕べ一度踏んで寝かしておいたうどんの生地をもう一度踏んで寝かす.

昼飯もそこそこに出汁を取り,寝かした「かえし」とあわせて蕎麦つゆを作って冷ます.

1kgのうどんを伸して切る.
強い生地でなかなか伸せず,苦労する.

さて蕎麦を打とうと材料を見るとつなぎの中力粉が切れてる.
車で買いに出かけ40分のロス.

柚子なしの蕎麦と柚子きりを500gずつ打ってパックに詰める.

冷めた蕎麦つゆを容器に入れて荷造り.

クロネコへ持ち込み滑り込みセーフ.

そして遅い夕食を食べたところです.
ぐったり(笑
BSの寅さんでも見ながらゴロゴロします.

| | コメント (3) | トラックバック (0)

はやぶさ-2

SF作家の野尻抱介さん(JQ2OYC)がご自身の掲示板野尻ボードで「はやぶさ」及び「はやぶさ-2」について
>ウェブサイトやblogをお持ちの方はリンクと投書で協力をお願いします。
書いておられた
そりゃ是非とも,無力ではございますが..というわけでHi

JAXAの“「はやぶさ」の近況と 「はやぶさ-2」 にむけて”という記事はこちらです.
1億2000万キロの彼方と断続的な256bpsの通信で復旧運用を試み,満身創痍ながら残された機能でなんとか地球へ帰って来いという努力が継続中なんですね.
そりゃスゴイわー.

はやぶさの成果は日本が他国に先んじて成しえたものが多いわけで「はやぶさ-2」の計画でさらに先行したい,しかしその予算獲得が厳しい状況ということでしょうか.
NASAが何倍もの予算で「はやぶさ-2」に類似した計画を進めているとのこと.
日本がやらなきゃ早晩他国がサンプルリターンするのは確実でしょう.
別にナショナリズムってわけじゃありませんが日本が宇宙科学で先鞭をつけたのは稀なこと,これで終わっちゃうのは惜しい気がします.
で,「はやぶさ-2,ええんちゃう?」と応援いたします.

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »