« 訃報に接し電磁波のことなど | トップページ | ダイオキシン報道 »

2006年10月18日 (水)

いじめとか

「いじめ」の報道が行き交っていますね.
いじめは近年の問題で過去に無かったか?といえば脈々とあったと思います.
私自身を振り返ってもいじめと言えるかどうかわかりませんが,思い出すことがあります.

中学一年のときにバスケット部であったわけですが,急激に身長が伸びた時期であったせいか膝の腫れや痛みがひどく,部活を休みがちになったことがあり,そのときにいわれの無い理不尽な中傷を受けるようになって,それが仲間や先輩へ急速に伝播していくのを身を以って体験しました.
彼らにすればただの「サボリ」や「怠け」に映ったらしく,さすがにノーテンキな私もその時期は少し凹んでいました.
顧問の先生に「辞めたい」と申し出たときにも「そんなんじゃ何をやってもダメ.」「オレは知らんから勝手にしろ.」てな反応でした.
ただ,凹みはしたものの,自分を追い込むほどナイーブではなかったのは幸いでした.

そうこうするうちに,親父の転勤で転校することになったのはもっと幸いでした.
転校後は医者に通い,膝はオスグッド-シュラッター病であるとしてその後の体育の授業の実技については免除してもらってほとんど受けていませんが,その地で中傷を受けることはありませんでした.

人によって違うのでしょうけど,私の場合は「何年かしたら,かけらも引きずらない.」程度のことでした.
逆に「しょーもない生徒,しょーもない教師が存在するのが現実」と達観できたのはプラスだったと思うのですが,そう思える人は自分を追い込んだりしないんだろうし,むずかしいところ.
いじめられている子に言えるのは「自分でなんとかしようにも出来ないことは,もう自分の問題点じゃないんだ.」って事ですね.
そう思っていいんだってことがなかなか実感できないのでしょうけど.

|

« 訃報に接し電磁波のことなど | トップページ | ダイオキシン報道 »

その他」カテゴリの記事

コメント

お久しぶりです。
最近、いじめの報道が多くありますね。
昨年、市内の某駅で息子の同級生が飛び込み自殺をしました。同級生の女子生徒によるいじめが原因です。
学校がいじめと認めなければ、こういう事故もいじめが原因ではなくなります。
文部省に上がってきている報告では、ここ4・5年いじめのある学校は0だどか・・。
こういう教育関係の態勢にも、いじめに対する対応の遅れが生じる原因ですね。
学校・親・子供がもっと親身になって取り込めば、「自殺」以外の選択を与えることが出来ると思うのですが。何とかして欲しいものです。
コンテストも近くなりました。是非遊びに来てください。

投稿: KCI | 2006年10月18日 (水) 23時40分

KCIさんこんにちは.
やはり相当数の表に出ない犠牲者があるんでしょうね.

>ここ4・5年いじめのある学校は0

直接利害,評価にかかわる内部の調査ではあてになりませんね.

自分でどうしようもないことは他人がなんとかするべきことだから背負い込まないで欲しいですね.

GL IN WW TEST

投稿: Yamada | 2006年10月19日 (木) 08時55分

今、末子が当にその症状で思うようにバスケットが出来ません、秋の県大会ではユニホームをもらえませんでした。
バスケットの練習に加え長距離走の練習が祟ったようで医者に「これ以上やると剥離骨折するよ」と言われ、練習を手抜き気味にしたために、2年生から阻害されたようです。
「おれは御茶汲み」と割り切った為といじめた2年生もユニホームをもらえなかったので、今は何を言われても気にならないようです。

10代前半は難しい年頃ですね。

投稿: JA7QQQ | 2006年10月19日 (木) 09時51分

QQQさんこんにちは,ご子息もご苦労されましたね.
マイナスばかりじゃないと割り切れたらそれは財産だと思います.

>10代前半は難しい年頃ですね。

はい,こんなオヤジになっちゃうと思い出しもしませんがねHi

投稿: Yamada | 2006年10月19日 (木) 12時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/126022/12333917

この記事へのトラックバック一覧です: いじめとか:

« 訃報に接し電磁波のことなど | トップページ | ダイオキシン報道 »