« さっきまで | トップページ | 真空管ラジオVer.2 »

2006年9月17日 (日)

バラン交換

20060917_1バラン取替えのBefore After です.
久しぶりに柱登り.

タッパーに入れただけのバランですが
一年ぐらいだと全く問題ないようで,
いい状態で保存されていました.

20060917_2 取り外したバラン,ピッカピカ
持つもんですね,こんなので.

さて,新しいバランのほうは...良好です.
送信機側で見るSWR特性もあばれが無くてまともになった感じがします.

|

« さっきまで | トップページ | 真空管ラジオVer.2 »

アマチュア無線」カテゴリの記事

修理・工作」カテゴリの記事

コメント

普通の人は見てもくれないだろうが
食品用のタッパーから
バランらしい形になった
良かった(?)

投稿: sky | 2006年9月20日 (水) 12時58分

まあ,見てくれは気にしません.
ビニルテープでぐるぐるだしHi

某クラブでのビニルテープと割り箸がBigGunアンテナに大活躍という悪癖を引きずってますHi

投稿: Yamada | 2006年9月20日 (水) 15時18分

割り箸の次は割り箸だったhi
こけが生えてたりしてすごかった。

投稿: sanyoshi | 2006年9月20日 (水) 23時26分

割り箸をビニルテープで巻くと耐久性Up
Hi

投稿: Yamada | 2006年9月21日 (木) 00時26分

「アンテナは割り箸とビニテで作る」は、しだし名言でした。

投稿: jh7めv/まだ会社なの | 2006年9月21日 (木) 19時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/126022/11932331

この記事へのトラックバック一覧です: バラン交換:

« さっきまで | トップページ | 真空管ラジオVer.2 »