« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

2006年9月30日 (土)

あみだくじ

Amidakuji会社に来てみたら
「山田さん,あみだくじ引いて.」
頂き物の山分けらしい.

当たったのはドイツワインですかー,私ゃ飲みませんしねえ.
こういうのが家に溜まっていきます.料理酒を切らしたときに使われる運命かも...

| | コメント (2) | トラックバック (0)

虫ネタ,2題

  1. スラド本家より.
    体長50メートルの虫が地球侵略?
  2. 1945年,最初のコンピューター“バグ”(Naval Historical Center)
    うん,たしかにパネルFの70番リレーに巣食った“バグ”だ.(笑

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年9月29日 (金)

スパムめー

ん?アルコール検知器のトラックバックスパムが来たね.

そういや,今朝のニュース,アキバのヨドバシで売り切れとか言ってました.
どうでもいいけど,トラックバック先を見てみると3980円ですか.
これって,秋月で1980円で売ってるのと一見同じじゃないですか?
あと,870円ってのもあるけどね.
トラックバックスパムは削除の上IP制限が基本ですが,こいつはしばらく晒しておきます.

| | コメント (2) | トラックバック (0)

機能水

朝,通勤の車中,TBS系ラジオ「日本全国8時です」で東大名誉教授で工学博士の月尾嘉男(つきおよしお)さんの話を聞きました.
この番組は毎日分野の異なる方々が話をするのですが,月尾嘉男さんは理系の話を聞ける数少ないお方です.
お天気森田さんもいますが,あの方は理系の香りがほとんどしない(^^;(失礼)

その月尾さんが「機能水」について話しておられました.
たとえば,ナノバブル水という微小な気泡を含んだ水で海水魚と淡水魚が同時に棲めるというデモンストレーションの話,オゾン水殺菌の話や「電解水」という電気分解で作る水での殺菌の話,腹部愁訴に効果があるというアルカリイオン水の話など...

「機能水についてはわかっていない事も多い.怪しい商品も存在する.」と釘を刺しながらも月尾さんはこれらについてかなり好意的に話をされていたように思います.
日本機能水学会というのがあって機能水について

「人為的な処理によって再現性のある有用な機能を獲得した水溶液の中で、処理と機能に関して科学的根拠が明らかにされたもの」

と定義しているという説明もありました.
これらがいつもの調子に比べて歯切れが悪いというか,何か言わされているような感じさえ受けたのは私の読みすぎでしょうか.

月尾さんの好意的なお話に比べて私が以前から見聞きしている情報はちょっと方向が違います.
海水魚と淡水魚が同時に棲めるというデモは旧来○○ウォーターというダメなほうに分類される「奇跡の水」のデモとしてもやられていたようですが,生理食塩水濃度ならそれほど不思議な話じゃない水商売ウォッチングapjさん)ということです.

電解水についても小林映章(こばやしてるあき)さんの「水の話」を読むと(2.2.2 電解水から)

(電解水)

 後で述べるアルカリイオン水もそうですが、水に適当な電解質を溶かして電気分解を行ったいわゆる電解水が大々的に宣伝されています。例えば、強酸性電解水というのがあります。

 うすい食塩水を隔膜で仕切り、膜の両側に電極を挿入して電気分解を行ったとき、アノード側に強酸性電解水と称する水溶液ができます。殺菌力が強く残留性がないことから、驚異の水として病院や食品業界で話題になりました。

 機能水研究所がこの水を分析した結果が発表されています。その結果は殺菌力のある主成分として次亜塩素酸(HClO)と分子状塩素(Cl2)が検出されています。これはアノード側に移動したCl-が電極で電子を放出してCl2となるとともに、水と反応して次亜塩素酸が生成したものです。次亜塩素酸はpH5付近で最も殺菌力が強く、この条件が揃ったものです。この例はいわゆる電気分解で機能的な水が作り出されたものといえます。

 ただ一言付け加えるならば、次亜塩素酸の水溶液に希塩酸を加えてpH5前後に調節すれば、強酸性電解水と同じ水が得られます。こうすれば、高価な電解水製造器を必要としないことになります。

ということですし,同じソースからアルカリイオン水についても

 さて、上記のようなアルカリイオン水は、腹部愁訴に若干有効という結果は出ていますが、要するに弱い炭酸水のようなものですから、胃酸を調節しようするならばそのための薬を飲んだ方がよいでしょう。また、カルシウム分の補給という意味で考えると水道水の2倍程度しかありません。また、アノードにできる酸性水も殺菌力が期待できるとは考えられません。私達はアルカリ性という言葉に何か期待を抱き過ぎているのではないでしょうか。

とあります.
つまり,わざわざ高価な機械で電気分解するのと安価な薬剤を調整するのとどこが違うの?ということ.
素人ながらも私には説得力のある記述に受け止められます.

意味も根拠も無く「水が活性化する」みたいな自明のトンデモもありますが,グレーゾーンっぽいのも多数あります.
私は「機能水」については慎重に見ていきたいと思います.

※2006/09/30 追記 : こういう番組(TBS)もやっていたようなので月尾先生は以前より機能水については肯定的に受け止められておられるようですね.

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年9月26日 (火)

走行注意!

今朝,燃えるごみを捨てに集積所へ向かうと人だかり,車が数台.
見ると,交通事故なのか女子生徒が倒れ頭付近から流血しておりました.
ご近所の人が励ましながら救急車を待っていましたが,大丈夫だったでしょうか.

住宅街の狭い道だけどけっこう飛ばしている車がある.
交差点など私もヒヤっとすることが度々,ちょっとしたことが重大な事故になります.
皆さん,気を引き締めて!

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006年9月25日 (月)

ユリ・ゲラー?

Spoon1ユリ・ゲラーの仕業?

違いますよー.

正解は   こちら

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006年9月23日 (土)

アルミスケール=100円

Almi_scale1100円ショップでウロウロして買っちゃったもの.
ステンレスの30cmや50cmもあったけど,軽いし持ち手があるのがいいかな?と.
さすがにベコベコですでにヘコんでました.

目くじら立てて取り替えに行くガソリン代を考えると...
これが100均の落とし穴ですね(笑

ま,パネルや基板の罫書きにでも使います.

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年9月22日 (金)

JARLとPLC

「高速電力線搬送通信(PLC)の総務省電波監理審議会での最終結論について」としてJARLからPLCについての経過報告がありました.

私には後出しじゃんけんの言い訳に見えます.必死ささえ読み取れます.
長い文章ですが大事なのはこのあたりです,いかがでしょうか?

8月23日、電波監理審議会(電監審)において意見の聴取(聴聞)がおこなわれました。この聴聞に関してJARLでは、6月5日のPLC小委員会で主任から提案された15MHz~30MHzの漏洩電界の許容値を背景雑音レベルに合わせて10dB下げ、コモンモード電流値を10dBμA下げる案を厳守することを決めておりました。

 これに対し、10dB下げることは、小委員会の中立派の委員からも厳しすぎるとの意見もあり、6月29日の情報通信審議会以降も推進派はこの撤回を強く主張し続けていましたので、このパブリックコメントにおいては、ここでJARLがこの案に対して反対意見を出しても無視されるばかりか、逆に推進派の意見が取り入れられて緩和の方向に動く恐れも強く想定されました。

 研究会における長い議論の末にやっと決まった提言案であるので、あくまで10dB下げる案を守るために、本案に賛成を表明して推進派の緩和意見を封ずる作戦に出ざるを得ませんでした。

 この賛成意見は、短波使用者にとって真に不条理なPLCの普及を阻止するために、研究会、審議会で一貫してPLC反対をとり続けてきたJARLにとって、反対を貫くため最後にとった苦渋の選択でしたが、この背景の真意が充分反映されず、一部の方々から非難の声をいただくことになり残念でした。

納得できないのは

  • -10dBをひとりJARLの手柄のように言うこと.
  • -10dBが条件闘争のお題目として守らなければならなくなったというのは何時の誰の判断か?それを周知したか?
  • 「短波使用者にとって真に不条理なPLCの普及を阻止するために、研究会、審議会で一貫してPLC反対をとり続けてきたJARLにとって、反対を貫くため最後にとった苦渋の選択」それが「賛成」なのか?賛成に回ったのはJARLだけだった.この“賛成”が審議の結果に効果があったというのか?
  • 「この付帯事項は、総務省が研究会、審議会における再三にわたるJARLの要望を明示した結果であるとして喜ばしい次第です。」 JARLは原案に賛成」したんでしょう.それなのに付帯事項はJARLのお手柄?
  • オーケー,私は非難の声を上げる“一部の”人間.では,JARLの態度を評価する大多数の意見はどこに上がっているのか?大多数はホントに-10dBの条件闘争になっていることを承知していたのか?

おおっぴらに書けない大人の事情があるからこういう苦しい文章になるのだと思う.
だいたい,全国にある支部はなんで黙ってるんですか?

 特にこの問題が政府のe-JAPAN計画に基づいて閣議決定された計画であるため、この枠の中でJARL として取りうる最低値を目指して最大の努力を致しました。その結果は、アマチュア無線のために完璧な結果には至りませんでしたが、一連の対策により無線通信には大きな妨害なく通信ができるレベルにこぎつけることができました。一方推進側にはPLC実施に対し、実用化が困難と思われる値で決着することができました。

e-Japan,閣議決定だからと,むしろこっちが大事だったんじゃ?と勘繰りたくなる.
>PLC実施に対し、実用化が困難と思われる値で決着
甘くないですか?
他の団体や先生方がPLCの不合理性を主張し続けているのは取り越し苦労だとでも?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年9月20日 (水)

W4RTのサイトに変化

W4RTのサイトがリニューアルされてました.
私が去年,skyさんの依頼でFT-817NDにOne-Board Filterを組み込んだ時にうまく動作しなかった経緯があり,当時メーカに不具合を訴えましたが真摯な対応はしてくれませんでした.
まるで,私のスキルに問題があるかのような対応でした.

それにムカつきながらも「自分で解決する方が早道」と対応しました.
その結果,私は817と817NDではフィルタのカップリングにCとRの違いがあり,817NDではそのままだとRがダイオードスイッチをONにしてしまい,SSBフィルタが入りっぱなしになることをつきとめました
このへんはアーカイブのリンクにまとめてあります.

当時のメーカHPのFAQでは確かに

"Does the One-Board Filter work the same in both the FT-817 and the FT-817ND? Yes."

と,817と817NDのどちらでも動作すると言い切っていました.(Internet Archive)
当時のメールのやり取りでも彼らがこの問題を認識していなかったのは明らかです.

さて,今回リニューアルされたサイトではどう言っているか?というと

I have the FT-817ND. Does the OBF install the same as in the FT-817?
Maybe, but some of the FT-817ND units have two very-small SMT resistors placed in the filter circuit where SMT capacitors were used before. If your FT-817ND has the resistors, they need to be preplaced with the proper capacitors. This requires proper SMT skill and equipment. If you don't have both, then we strongly urge you to have W4RT Electronics perform the installation for you. Please see the manual.

と,言っていることが変わってるじゃないですか!
「817NDの中にはフィルタ回路中,以前はチップコンデンサがついていた場所に二つの小さなチップ抵抗が入っている場合があって,もしあなたの817NDが抵抗になっていたら適当な値のチップコンに取り替える必要がある.これにはチップ部品を扱う工具とスキルが必要...」
私の指摘どおりの内容です.
これで,私とskyさんの訴えが間違っていなかったことがはっきりしました.
私のサイトがなんらかの影響を与えたかどうかは不明ですが,経緯を残しておくのはやっぱり大事ですねえ.

| | コメント (6) | トラックバック (0)

真空管ラジオVer.2

学研;大人の科学「真空管ラジオVer.2」発売予定との事.
発売日は10月18日.
前回買いそびれたという方は予約をどうぞ.

私はいまさら真空管にもこの手のキットにも興味はございません.
新しいデバイスで省電力かつ受信性能の良いラジオなら作ってみたいですが...

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年9月17日 (日)

バラン交換

20060917_1バラン取替えのBefore After です.
久しぶりに柱登り.

タッパーに入れただけのバランですが
一年ぐらいだと全く問題ないようで,
いい状態で保存されていました.

20060917_2 取り外したバラン,ピッカピカ
持つもんですね,こんなので.

さて,新しいバランのほうは...良好です.
送信機側で見るSWR特性もあばれが無くてまともになった感じがします.

| | コメント (5) | トラックバック (0)

さっきまで

さっきまで

女子高生が二人ここに座ってた。
まったく、もう(>_<)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

天気がいいので散歩

天気がいいので散歩

近くの公園を歩いてます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トライバンダ用バラン

20060917balun_01一年前に取り替えたバランは耐久性のある作りではなかったので早めに取り替えたいと思っておりました.
コモンモードフィルタ(以下,CMF)は送信機側だけじゃなく,アンテナ側にも有効という話を聞きますのでバラン+CMFで作ってみましたがどんなもんでしょ?

コアは61材,バランの線材は1.2mmPEW,CMFの同軸はRG188A/U.
ケースは塩ビパイプVU-40とDVキャップを加工します.
1mm厚のゴムシートを切り抜いてM丸座のパッキンとします.
銅板を扇形に切って円錐型に丸め,同軸のアース側をハンダします.

20060917balun_02 アンテナ側の端子はM4のSUSネジとナット,ワッシャで作りますが,ハイパワーの方はもっと離すべきでしょう.
端子間距離を稼ぐために“ついたて”を立てるか,キャップじゃなくて塩ビパイプの方に端子を出すほうがよろしいかと思います.

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年9月16日 (土)

昼食のつもりが

Udon20060916_1 夕食にズレ込みました.
私担当の手打ちうどんです.
←変わり映えしない絵(汗
蕎麦は新蕎麦が出てくるまでもうちょと我慢です.
昨夜のうちに一度踏んでおいて,今日も踏んだのでなかなか良い出来.

Udon20060916_2 鍋と一緒に晩メシとしました.
いつもよりのど越しがなめらかな感じで美味いです.

きんぴらをうどんに入れて食べる,これはオススメですよ!

ビンボーでもヒマがあれば豊かな?食卓Hi

| | コメント (4) | トラックバック (0)

土曜の朝食

Scone朝はカミさん担当で焼きたてのスコーン.
朝食というよりティータイムみたいですがHi

ジャム・ファーストでクロッテッドクリームを乗せて
紅茶でいただく.

けしてゼイタクなもんじゃないけど,手間をかけていることで「美味いもん食ってるな.」という実感があります.

さて,昼食は...続く..

| | コメント (0) | トラックバック (0)

こう答えて欲しい

自民党が日ハムの新庄選手に参院選出馬打診?

新庄選手にはぜひこう答えてほしい.

「バッカじゃないのぉ?!」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月14日 (木)

誤解を広げかねない報道(PLC)

今回の審議会の答申の報道を見るとあちこちで

>家庭の電源コンセントにパソコンのプラグをつなぐだけで、手軽にインターネットに接続できる「PLC(高速電力線通信)」

とか言われていますが知らん人が見聞きしたら誤解しませんかね?

PLCだけじゃ外に出て行けませんよ!
アクセス系は別だよー,ADSLとか光ファイバとか今まで通り必要だよー
って,こんなの今さら説明するのもアホらしいですが.

| | コメント (7) | トラックバック (1)

これがまともな反応でしょう

天文学者、「あきれる」 電力線通信に反対やまず(asahi.com)

 「電波監理審議会(電監審)に、こんなに反対意見が集まるのは珍しい」

 電力線通信を認めるかどうかの最終段階で多数の反対意見が集まったことについて、総務省内部からも「異例だ」という声が上がった。

 装置メーカーはすでに巨額の投資をしており、後に引けない。検討開始から、6年がたっているという状況だった。

 電力線通信を利用する際、そこから漏れ出す電波を制限するため、今回の規制値案が電監審に諮問されていた。検討は01年から始まり、設置された委員会などにも、短波放送事業者、アマチュア無線家、天文学者らから反対の意見が寄せられた。このため、当初案より厳しい規制値案が提示されたものの、最終段階の電監審にも、ほとんど同じ内容の反対意見が続出した。検討内容に納得しなかったためだ。

 メーカーなど約50社でつくる高速電力線通信推進協議会も電波が漏れることは認める。「利用者らの声を聞きながら、改良していきたい」という立場だ。

 電監審も微妙な問題だということは承知だ。答申は(1)装置の許可に当たり、他の通信に妨害を与えないとする資料提出や説明を求める(2)混信が起きた場合に対応できる総務省の体制を整備する(3)必要な場合は、技術基準を見直す――の3点を総務省に求め、反対意見に配慮した。

 だが、「電波による天文観測が崩壊する」と危機感を表す大石雅寿・国立天文台助教授は「科学的な誤りとの指摘が多く寄せられたのに、強行するのにはあきれる。電波公害になれば、総務省の責任になるはずだ」と話す。

電波環境が生命線の天文学者さんと我々アマチュア無線家の立場は科学的・技術的興味においては少しも違わない.
しかし,アマチュア無線「連盟」がとった行動と天文学者さんたちの意見を見比べて,この差はなんだろうか?科学的・技術的興味で説明できない連盟幹部の大人の事情か?
こんな連盟がアマチュア無線家の代表だなんて残念でならない.

| | コメント (6) | トラックバック (0)

PLC答申提出

【速報】高速電力線通信がついに解禁,省令改正へ(日経IT Pro)

 総務相の諮問機関である電波監理審議会は9月13日,高速電力線通信(PLC)の規制緩和について適当とする答申を出した。電監審の答申を受け,総務省は情報通信審議会が取りまとめた報告書案を基に関係省令を改正する。改正後,メーカーはPLC対応ルーターなどを販売できるようになる。

 電監審は15時からスタート。17時30分過ぎに終了した。審議の模様については,電監審会長の羽鳥光俊・中央大学理工学部教授が会見を開く予定。詳細は追って報じる。

【続報】「PLC解禁案に対する意見書は異例の分厚さだった」--電監審会長が会見(日経IT Pro)

 ついに高速電力線通信(PLC)が解禁となった。電波監理審議会(電監審)は9月13日,竹中平蔵総務大臣に無線設備規則の一部を改正する省令案を適当とする答申を提出した。

 答申書には,短波放送や航空無線など2M~30MHz帯を利用する無線通信との混信回避策についての「要望」を付記している。その理由について,電監審会長の羽鳥光俊・中央大学理工学部教授は「省令改正案に対する意見書が異例に分厚いものだったこともあり,反対の意見について十分に配慮した」と説明した。

 答申書に付記した要望は3項目。(1)許可に当たって他の通信に妨害を与えないと認めるために,必要な場合は資料提出や実地調査をするなど慎重に審査すること,(2)混信発生時に総務省が即応できる体制を整えること,(3)必要に応じて技術基準を見直すこと,という3点に対する配慮を総務省に求めている。8月に実施した利害関係者に対する意見聴取ではPLC解禁への反対意見が続出していたほか,賛成に回った日本アマチュア無線連盟の姿勢に疑問を持ったアマチュア無線家が1800人を超える反対署名を集めて電監審に提出していた。

 今回電波法に基づき電監審が諮問を受けた省令は「無線設備規則」で定めるPLC設備に関するもの。総務省は個別の許可申請が不要でエンドユーザーが購入できるPLC設備,いわゆる型式指定機器に関する「電波法施行規則」など他の省令案についても,答申の要望と意見募集の結果を踏まえて近日改正/制定する。関係省令が定める許容値の範囲内でどこまで通信速度を上げられるか,混信時の対処をどう機器に実装するのか,実用化に向けたメーカー間の競争が激化しそうだ。

大人の事情どおりの結末.
それにしても,JARLが「賛成」に回った意味がどこに?
今までどおり他の反対派と同じく「反対」でも同じ結末だったでしょう.
全ては会長の「相手にされなくなる」発言に象徴されていますね.

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年9月13日 (水)

Win2kの方アップデート前にご注意

マイクロソフトの月例アップデートの日ですが,Windows2000でNTFSで前回までのアップデートでMS06-049 パッチ (920958) がインストールされている方は今回の月例アップデートを実行する前にそのパッチをアンインストールしておいた方がいいようですよ.

MS06-049 副作用 (NTFS 圧縮ファイルが壊れる) :←セキュリティホールメモから

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月12日 (火)

一般紙にPLC問題記事

コンセントをネット端子に 電力線通信、解禁は不透明(asahi.com)

 電気のコンセントをネット端子に変えてしまい、電源コードがインターネットの配線を兼ねる――。そんな高速電力線通信(PLC)という技術を解禁するかどうかが、13日にある総務省の電波監理審議会(電監審)で最終判断される。国の検討は6年に及ぶが、発生する雑音電波(ノイズ)で短波放送に混信が起き、電波による天体観測が妨害されるなどの反対意見が噴出。土壇場になって行く末が不透明になっている。

 PLCは、本来は電力を供給する電源コードを使い、ネット接続を可能にする技術。コンセントと電源コードの間にPLCモデムという装置をはさむだけで、配線工事なしで手軽に高速インターネット回線が家庭に引けるとして、政府は01年3月、「e-Japan重点計画」に盛り込んで推進してきた。

 ただ電源コード本来の使い方でないため、コードがアンテナのように振る舞い、ノイズが漏れて無線通信や放送に影響が出るのが欠点だ。

 そのため、計画は一時頓挫。03年の重点計画で、家庭のテレビとパソコンなどを結ぶ「屋内に限っての活用」と目的を変え活路を見いだした。

 電監審は、これまでの研究会や技術検討委員会が報告したノイズの規制値が適当かどうかを判断する。一部のメーカーはかなりの投資をしており、すでにPLCモデムを完成させて10月の電子機器見本市で発表する構えだ。4年後に600万台が出荷されるとの推計もあり、「ゴーサイン」を待っている。

 ところが、ここに来て反対の声が強まっている。電監審は8月、審議を控えた意見聴取を行った。関係者によると、賛成は推進協議会などメーカー側のみで、反対意見が大半。反対してきた日本アマチュア無線連盟が突然、賛成に回ったものの、アマチュア無線家らは独自に2000人近い反対署名を集めて提出した。

 天文学者の反対も強い。大石雅寿・国立天文台助教授は「欧米に比肩する成果を上げてきた日本の電波天文学が崩壊する」と話す。「個々のノイズは弱くても、大勢が使えば話は違う。宇宙からの微弱な電波はノイズに埋もれて観測できなくなる」と心配する。

 国内向け短波放送の日経ラジオは「わが社にとって死活問題」。PLCを使う家庭では、短波放送が聞こえなくなるほどのノイズが出ると想定されているためだ。国内には900万台近くの短波ラジオがあるという。

 大阪大学の北川勝浩教授は、理論計算をすると想定外のノイズが大量に出るという文書を電監審に提出。「もっと科学的な検討が必要ではないか」と主張している。

 NEC電力エンジニアリングの安木寿晴技術主幹は「ノイズが出るのは事実だが、市場に製品が出れば利用者の声も集まり、改善点もはっきりしてくる」と語っている。

JA1ELY草野さんが取材を受けていたらしいことは拝見していましたが,電波監理審議会の前日に出してきたんですね.
一般の方々にも目に付くのは良いことで,この問題のドタバタぶりも少しは伝わることでしょう.
北川教授のおっしゃることがごもっとも,NECのはヒドい話,市場に出してから改善?
あちこちでPLCをデモしているようにツイステッドペアで配線されている家庭なんかまず無いでしょう.
製品になる前に電界を実環境で検証しとくのがスジというもの.
JARLもそこを主張してたはずなんですがまさかの寝返り.

さて,明日の審議会,「大人の事情」ではPLC解禁と出ることが決まってるんだそうですがどうなりますやら?
賛成に回ったJARLの愚行もわからないけど,その後も何のコメントもしない会長,理事さんたち,何の言及もしない支部に失望.
どちらに転んでも責任追及の声が本格的に高まることでしょう.

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2006年9月10日 (日)

FT-767を直す_2

767_vrモニタのVRがガリっています.
ただ,これが基板取り付け用の小型VRで
なかなかそのへんの部品屋さんに置いてないのです.
Yaesuさんにも,もはや無いそうです.

「どうしても無ければ分解して再生?」
と覚悟しながらも,いろいろ探し回った結果,共立電子さんに2連のものがありました.
片側を使うことで対応できました.ラッキーHi

| | コメント (8) | トラックバック (0)

時おり雨の日曜

午前中は久しぶりに歩きました.
イトヨのショッピングカートで負傷した足指は爪がはがれちゃいまして本調子ではありませんが,また太ってきたし(汗

Musium 午後は県立美術館へ出かけました.
前売り券を買ってあったシャガールのアレコなど鑑賞してまいりました.
めちゃシャガール・ファンというわけでもありませんが,夢のように浮遊感のある絵がいいですね.
不思議な表現の馬と鶏が妙に目に焼きつきます.

常設展も拝見,棟方志功いいですねー.奈良美智の落書きみたいなのが面白かった.

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年9月 8日 (金)

コメント表示戻します

ダメだ,使いにくいので古いのが上,新しいのが下に戻します.

コメント入力欄が上にあれば別なんですがねえ.

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年9月 7日 (木)

銃刀法と「刃物」

スポニチから

 刃渡り8・6センチのナイフを所持携帯していたとして、警視庁石神井署は7日までに、銃刀法違反の現行犯で、人気漫画「DEATH NOTE(デスノート)」の作者で漫画家の小畑健容疑者(37)を逮捕した。

 調べでは、小畑容疑者は6日午前0時45分ごろ、東京都練馬区大泉町の路上に止めた車の中で、折り畳み式のアーミーナイフを所持していた疑い。「反省している」と容疑を認めている。

 ナイフは同容疑者のもので、車内のコンソールボックスに入れていた。車のヘッドライトが切れていたため石神井署員が職務質問して発覚した。

 小畑容疑者は当初、「キャンプ用に持っていた」と釈明したが、ほかの準備が見当たらず、同署は刃渡り6センチ以上の刃物の携帯を禁じている同法違反に当たると判断した。

 デスノートは原作を別の作者が担当し、小畑容疑者は作画を担当していた。集英社の「週刊少年ジャンプ」に連載され、名前が記されると死ぬというノートをめぐる心理サスペンスで、映画化されるなど大ヒットした。

 小畑容疑者は新潟県出身。高校在学中に投稿したのをきっかけにデビュー。子どもの間で囲碁ブームを呼んだ「ヒカルの碁」でも作画を担当し、2003年に手塚治虫文化賞新生賞を受賞した。

間違いだらけの記事です.

銃刀法では刀剣刃物は全く別のものです.
「刃渡り」という用語は刀剣に用いられるもので,刃物であるアーミーナイフに使っちゃダメ.
「刃体の長さ」と言わなきゃいけない.

それに,
>同署は刃渡り6センチ以上の刃物の携帯を禁じている同法違反に当たると判断した。
も正確さを欠いています.
刃が固定された刃物は6cmですが,折り畳み式の刃物の場合は8cmです.
しかも,“以上”じゃなくて“超える”ものが禁じられます.

折り畳み式でも刃体がロックされるものには6cmが適用されるので今回はそういうケースだったのかもしれませんが,それは固定出来るものは折り畳みと認められないからであり,前文で単に「折り畳み式のアーミーナイフ」と書いているので一般のロックしないアーミーナイフに6cmを適用されるとミスリードしかねない記事になってしまっています.

警察が間違ってるのか,記者が勝手に作ったのか知らないけど,用語や法律は正確にお願いしたいところ.

※注記 本文は用語の正確さを求めるもので,ナイフの携行を礼賛するものではありません.刃物の携行は刃体長のいかんによらず軽犯罪法で問われる場合もありますのでご注意を.

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2006年9月 6日 (水)

表示の変更

コメントの表示ですが,前は古いのが上になっていました.
記事は新しいのが上なので,コメントも新しいものが上になるように変更しました.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

昔のコンテスト風景

コンテストも進化したもので,PCによるリアルタイムのロギングはもちろん,SO2R(K8ND)を使って1バンド/別バンドに複数の無線機を割り当てるようなご時勢.
一人のオペレータが複数の無線機を同時に操るんですね.

受信をハイブリッドで2系統にしてオペレータを2名にし,ランニングとマルチ探しを同時にするようなことは80年代には行っていました.
もっと遡ると,学生時代には1台の無線機に3名張りつけていたことがありますね.
ヘッドホンを二つ用意し,メインのオペのほかにパイルアップを聴き取るサブオペ,さらに紙マルチチェック,紙ダブリチェック担当の3名が長椅子に座る図Hi.
オールCity(古~!)なんかでは連番を送らなければならなかったので,各バンドのオペレートデスクに電磁カウンタを置いてQSOするたびにボタンを押してカウントアップしますが,そのカウンタがたまにカウントミスしてバンド間で食い違ったりするので,それを見廻って修正する同期担当者も存在した.

徹夜が続くとオペがバタバタと倒れ,長椅子(幅30cm)で仮眠,熟睡してはいけない,ノリは体育会系.
ゾンビのように蘇った者が入れ替わりオペレートデスクにフラフラと向かう.
カタギの人から見ると「なんじゃ,こいつら?」という光景だったでしょうね.(遠い目)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年9月 5日 (火)

FT-767を直す

767_20060905この767も入院回数が多いです.

また舞い戻ってきましたが,
今回は電気的な故障ではなく
機械的なものです.

767_knob1 767_knob2「周波数が変わらない.」と聞いてましたので
ロータリーエンコーダのフォトカップラか?
と思ってましたがメインダイアルノブ
そのものが回らないとのこと.

診てみると,エンコーダのシャフトが回りません.

767_knob3 767_knob4 分解してみるとシャフトと軸受けにキズあり.
長いこと使ったためついたキズの金属紛が
周りに「咬み込んだ」模様です.

エンコーダを取り替えることも考えましたが
保守部品があるかどうかもあやしいし,
ご高齢であることも考え合わせ修理で持たせることにしました.
シャフトと軸受けを#1500のペーパーで研ぎ,セラミックグリースを塗って
組み立て直しました.
キズが少し残っていますので再発するおそれがありますが数年は持つでしょう.

あと,押しボタンスイッチがグラグラでダメなのですが,
これはプラスチックのツマミの2本の腕で挟む構造であるところが
やはりご高齢で腕のテンションが無くなっているためです.
何か詰め物をして直してみようと思います.

| | コメント (6) | トラックバック (0)

栓抜きがついてる○○

栓抜きのついたPC(crazyape.com)のくだらなさもいいのですが,
これを見て思い出すのが栓抜きつきアンプですHi

大学クラブがコンテストで元気だった頃のライバルですねえ.

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年9月 2日 (土)

秋の気配あり

秋の気配あり

まだ暑かったりするのですが。
TVではストーブやスタッドレスタイヤのCMが始まってます。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年9月 1日 (金)

悪夢

先日,寝ていてカミさんを蹴飛ばしたらしいのです.
そういや,夢で何らかの危機に迫られて,何かを思い切り蹴り倒すシーンをぼんやり記憶してます.
なんか深層心理に追い詰められているものがあるのか?Hi

この話をまたカミさんが友達に

「ダンナが夢の中で怪獣と闘ってたみたいで...」

と面白おかしく話すものだからタチが悪い.

しかも,その友達も友達で

「えー!! それで勝ったの? 負けたの?」

..って,そういう問題じゃないだろ...(汗

| | コメント (7) | トラックバック (0)

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »