« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

2006年7月31日 (月)

プール事故

小2女児吸い込まれ死亡 埼玉、プールの吸水口(共同通信)

 31日午後1時50分ごろ、埼玉県ふじみ野市大井武蔵野、市営ふじみ野市大井プールで、所沢市立小手指小学校2年の戸丸瑛梨香さん(7つ)が流水プールの吸水口に吸い込まれた。瑛梨香さんは約4時間後に吸水口から約5メートル奥の吸水管内で見つかり、病院へ搬送されたが死亡した。

 吸水口はプールの流れを作るため壁面にあり、ボルトで固定されていた格子状のアルミ製ふた(約60センチ四方)2枚のうち1枚が外れ、すき間から吸い込まれたという。

 監視員が事故の直前、ふたが外れていることに気付き、吸水口に近づかないよう注意を呼び掛けていた。県警は業務上過失致死の疑いで捜査、管理や運営に問題なかったか関係者から事情を聴いている。

実に悲惨な事故です.
私自身,プール関係の仕事を長いことやり,流水プールも何ヶ所か手がけましたので余計に胸が痛みます.
当初,報道では「排水口」と流れていましたが,救急隊員が壁面を覗き込んでいたのでこれは排水口ではなく流水用の取水口(吸水口)だと思っておりました.
配管を体で塞いでしまうと※二桁キロワットのポンプ・モータで吸い込まれることになり到底逃げ出せません.
パイプからある程度離れていればそれほど流れを感じませんが,そのまま近づいていくと急激に引き込む流速が上がります.
これが危ないのです.
なので,体で塞ぎきれないような広い範囲かつ遅い流速で取水しなければならず,大きな窓に格子を設ける構造となります.
映像を見る限り,格子の構造や取り付け方法が弱かったのだと思います.
作った当初だけでなく経年劣化,流水の振動などで外れないよう十分強固な構造でなければならず,点検時も最優先でチェックすべきところでしょう.
私が過去に手がけたものは格子がボルトではなく,溶接で固定されていました.

また,格子の異常を見つけたあとの対応もまずかったのでしょう.
監視員はその場を離れず,すぐに遊泳者をプールから出し,次に流水ポンプのスイッチを切ることを誰かに指示するべきだったでしょう.

教訓を生かし,こういう痛ましい事故が皆無になることを願ってやみません.

※追記 流水ポンプが3箇所にあったとの事らしく,一台あたり「二桁キロワット」はないかもしれません,7.5kWぐらいか...

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月30日 (日)

一周年

このblogをスタートしたのがちょうど去年の7月30日でした.
親父の命日なんだな,墓参りに行かにゃ.

当初の予想通り,的を絞りきれず,雑多かつコアなblogに仕上がってしまっていますね(汗
「なんだこりゃ?」
と思われた方も多いかと思いますが,かまわず書きなぐって参りますね.
お付き合い頂いた方々には御礼申し上げます.

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年7月29日 (土)

930を直す_7

930_misc本体の動作とは関係ない番外編です.

過去に持ち込まれたTS-930は例外なくこの蓋が開きませんでした.
バネでテンションをかけて,なかなかしっかりした構造なのですが,貼り付けてあるテフロンシートの“のり”がはみ出て固着してしまうようです.
バラしてシールはがしで拭き取ります.

それと,これもまた例外なくバックアップ用電池のホルダが壊れているものです.
長期間電池を入れっぱなしだとこの手のプラスチックホルダは持たないようです.
ICUに入っている別の930のためのパーツといっしょに手配中です.

スピーカのネットも両面テープで張り替えます.

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2006年7月27日 (木)

自作ステップATTが壊れた

Stepatt1

Stepatt2

Stepatt3 

自作ステップアッテネータのトグルスイッチが一個ダメになりました.
修理中のキカイがあるのに,また現実逃避してこれを治したくなりました.

ご覧のとおりアルミ板,アルミアングル,銅箔シートでケースを作り,
リベットでかしめてしまっています.
(理にはかなっていると思うのですが)
リベットの頭をドリルで飛ばして解体します.

お見せするような工作じゃないんですけど,ある意味力作?Hi
これでもけっこう重宝して使っています.
ビンボー・アマチュアさんにお勧めします.

| | コメント (2) | トラックバック (0)

送別会

送別会

転勤する社員がいるので。

某ビアホールで飲み&食べ放題だが。。

ウーロン茶があってよかった〜

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年7月26日 (水)

930を直す_6

930_2tone自作のAF 2tone ジェネレータをぶち込んだUSBの波形です.
合格点だと思います.

もう少しランニングしてみてOKなら退院ですHi

| | コメント (2) | トラックバック (0)

930を直す_5

930_spec請け負った930の修理を放っぽってPin Di ATTの実験やTVの修理にうつつをぬかしておりましたSRI
ぼちぼち動作確認と調整をしてます.
局発の調整とSメータの調整でだいぶ自然な受信状態になりました.

送信はWARCは改造済みでしたが,28MHzが50Wでしたので100Wにしました.
写真は14MHz,110W出力でのスペクトラム.
第三高調波が-54dBぐらい,他はほとんど見えません.
まず正常だと思います.
そろそろ退院ですね.

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2006年7月24日 (月)

違和感..

アクセス解析を眺めていて「長沼伸一郎+カルト」というキーワードがあり,気になった.
長沼氏はこないだ買った本(物理数学の直観的方法)の著者です.
あの本については邪道とは思いましたが,思い切りのよさかげんについて私はやや好意的に受け止めたのですが,さて?と氏のサイトと思しきところをたずねてみると,うーん,たしかに本流からのズレが香ばしいまでになっている感じも否めない.
テーマが物理・数学からはみ出しているし,なんか「チーム」とか言ってるし,これはちょっと理解の及ばないところです.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月23日 (日)

ミスドの回し者みたいですが

ミスドの回し者みたいですが

今日は三割引きのクーポンを使えるので
(^_^;)

調子良く歩いたけどやり過ぎたみたいで脈拍がなかなか下がらず軽く熱中症ぎみになった。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年7月22日 (土)

TV(BS)の修理

Bs_repair1 先日,壊れかけたTVに「もうちょと頑張らんかい!!」と気合を入れたのですが,このTV,他にも不具合がありました.
かなり以前よりBSの映像がダメになってたのです.
しかし,ビデオのチューナでも見ることが出来るので放っておいたのです.
思い立って,この際,治しておくことにしました.

Bs_repair2 徐々に症状がひどくなっていたのでケミコンの容量抜けだろうと推測はしておりました.
そこでBSチューナユニットのケミコン一個を入れ替えましたが症状は変わらず.
この道のプロの弟,めv殿のアドバイスで

「BS・IFユニットのケミコンはけっ こうダメになるよ.」

との事でしたので,そちらを診てみました.

Bs_repair3このユニットにはケミコンが多数ついているので,まずは当たりをつけます.

ユニット基板の表面をみると色の濃くなった部分あり,この辺りが熱を持つのでしょう.
ケミコンは熱に弱いのでこのエリアの周り,とりわけ上のほうから疑ってみます.

一つ一つ外して容量をチェックします.
Bs_repair4 ケミコンはメーカやロットによって耐久性が違ってきます.
黒い外装のニチケミのものはOKそうです.
ほかはほとんど"marcon"と表示された青い外装のケミコンで,2個だけグレーの外装のものがありました.
グレーのものを一個チェックしたところ見事に容量抜けしておりました.
「もしや?」 ともう一個のグレーをチェックするとこれも抜けておりました.

Bs_repair5 不良のケミコンを交換,まだ全体の3割ほどしかチェックしてませんが,この時点で組み直してみたところOKのようです. 結論としてはクロック発振器まわりのデカップリングのようでした.
めv殿,ありがとさん.

まだ当分は地デジの出番はなさそうです.

| | コメント (2) | トラックバック (0)

今日は体調不良

今日は体調不良

歩いて脈拍が上がると耳がグワングワン言って調子が出なかった。
写真は体育館の自販機、これだけ売り切れ、なんか気になる。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006年7月20日 (木)

PINダイオードATTを試す

ヒューレット・パッカード(現アジレント,以下HPとする)社は優れた半導体の製造メーカでもあります.
以前より同社のPINダイオードに興味がありました.
HPのアプリケーション・ノートAN-1048番に "A Low-Cost Surface Mount PIN Diode π Attenuator"というのがあり,そこの特性表を見ると,HF~50MHzあたりであれば80dB近いアッテネーションが実用になりそうなすばらしいものです.
歪みも少なそうですし,いろいろな応用が出来そうで魅力的です.

AN-1048の製作例はHPのHSMP-3814という,1パッケージの中に2個のPINダイオードがカソードコモン接続で収められたものを使用しています.(データシートpdf
かねてより一度作って試してみたい気持ちはあったのですが,HPのダイオードの入手方法がわからずペンディングになっていました.
それが,たまたま秋葉原の鈴商さんに逆極性(アノードコモン)のHSMP-3813がありましたので即,買い求めました.
5個入り850円です.

Pin_att 極性が逆ならマイナス電源にすればイケるだろう,と-5V固定,0~-15V可変の2系統出せる電源をでっち上げ,ありあわせのパーツで組み立ててみました.
AN-1048のようなチップ部品は使わず,抵抗の定数もちょうど良いのが無いので組み合わせて作るというやっつけ仕事です.

Pin_att SSGとスペアナをつないで特性を見てみると,AN-1048のデータよりは劣りますがHFでは-60dBぐらいまではほぼフラット,MAXで-80dBぐらいは落ちてる感じです.
パーツを吟味して実装も気を遣えばAN-1048どおりの特性が出せるものと思います.

このATTをリグのANT端子につないで夜間の7MHz帯の放送を受信,メータで9+60dBの信号がATTでS1~3ぐらいまで落ちます,アンテナ切り替え器で同軸を短絡しても変わらないというレベルです.
こいつをどう使おうか,いろいろと妄想しておりますHi

| | コメント (11) | トラックバック (1)

2006年7月18日 (火)

モールスコード・ドライブ,どこが?

USBフラッシュメモリもいろんなものが出てますが,
モールスコード・ドライブ(レアモノショップ)ですか.

フムフム,本体のテンキーでハードウエアにパスワードをかけられて,ソフトウエアでもパスワードをかけられる,と...

..で, “モールス・コード” はどこに?(*_*;
なんか,“モールス・コード”って私の知らない意味が別にあるのかな?

それとも,パスワードが正しいと -・-・ ・・-・ --と鳴って
間違ってると ・- --・ -・ ・・--・・ とか来るのかなHi
で,何度も間違うと ・-・・ ・・ -・・ HiHi

| | コメント (3) | トラックバック (0)

スペースシャトル

無事,ご帰還されたようで,おめでとうございます.
打ち上げ時,SRB/固体ロケットブースタに搭載されたカメラの動画がNASAのサイトにアップされていますね.

12分あまりの動画ですが,実にかっこいい.
リフトオフから地表が遠ざかっていくところ,切り離されてシャトルを見送るところ,引力に引き戻されてきりもみ,パラシュートが開いて着水するまで,どれも見たことがないような映像で,感動モノです.
お子様などおられましたら是非見せてあげられたらいかがかと.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月17日 (月)

痛てー

夕べ何度も目が覚めてよく眠れなかった.
筋肉痛です.特に腿の前側がひどい.

「なんでかなー?」

と考えてみると,昨日の「網戸の張替え」ですね.
都合9枚の網戸を張り替えましたので,しゃがんだり立ったり,けっこうなスクヮットをこなしたのと同じ事になっていたんでしょうHi

歩いたりするのと違う筋肉を使ったってことでしょうねえ.
そんな体に鞭打ち,今日も歩いて参りました.
バイクと併せ550kcalほど...

で,帰り道,ミスドの100円セールの引力に惹かれ,以下略

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月16日 (日)

TVまた不調

お袋の家で網戸の張り替えをしている間に
うちのTVが突然消えたとのこと(^^;

Tv_repair1 いよいよダメかなーと思いつつバラして基盤の裏を眺めると,
パワーダイオードの足がハンダ浮きしていて,これが原因でした.

(←良い子はマネしてはいけません,重大な事故につながる危険があります)

Tv_repair2他にもパワーTrなど数個が浮いてましたのでハンダ上げしなおしました.
この機種はダメなんでしょうねえ.
我が弟殿はこのメーカのサービスのプロなので教えを請おうとしたのですが,返事が来る前に見つけてしまいましたHi

| | コメント (2) | トラックバック (0)

網戸張り替え

網戸張り替え

以前からお袋に頼まれてたのですがサボってました。
暑くなりましたのでやっておかないと。
こないだ手に入れたレザーマンが活躍Hi

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月15日 (土)

今日も歩いたのですが

今日も歩いたのですが

これでは帳消しじゃないか?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年7月14日 (金)

“50オーム”の諸説

同軸ケーブルの50オームや75オームの由来については諸説があるようです.
下記はその一例です.

  1. 同軸ケーブルはなぜ50Ω? (高周波のページ ;RF Engineer's page)
  2. Why 50 Ohms?(microwaves101.com)
  3. The History of 50 Ω(RF Cafe)

先ず,ファクトとして空気誘電体の場合,電力伝送能力の最適値は30オーム,電圧ブレークダウンの最適値は60オーム,伝送ロスの最適値は77オームぐらいであり,ポリエチレン誘電体になると伝送ロスの最適値が51オーム近辺になるということがあります.

上記1.では当初,伝送ロスの観点から75オームの柔軟性の無い中空同軸が先ず使われ,第二次大戦中(1933)開発されたポリエチレンを同じ導体径比のものに充填したため50オームになったというような記述です.

2.では,中空同軸で電力伝送能力と伝送ロスとの妥協点をとるために30オームと77オームの間を取って50オームというのが(1930年台初頭に)先に決まっていて,ポリエチレン誘電体が使われたのはその後であるという説.75オームについては,安物同軸ケーブルは鉄に銅メッキした芯線を使っていたので50オームでは柔軟性に欠け,柔軟性を持たせるために細くするとインピーダンスが上がり,その妥協点を採ったのではないか?という説.

3.では経済性の観点から使用材料について水道パイプなどの規格品寸法を採用した結果50オームが標準となったという説.ただし,ここの後の記述で,75オームは“誘電体充填ケーブルの伝送ロス最適値”としているのは誤りですね.それは空気誘電体での話ですから.

では,「どれが本当のところか?」 私は判断しかねます(汗
ただ,75オームのポリエチレン充填ケーブルの合理性はあまり無いように思いますね.
機器の規格が変更されずにケーブルの方がそれに合わした,という感じがします.

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年7月13日 (木)

激重は脱出?

先ほど,まずまずのレスポンスで投稿できましたのでココログのメンテナンスはとりあえず成功というところでしょうか.
しかし,スタッフも認めているようにサーバ増設して負荷分散しないと根本的な改善にならないと思います.
それにどれだけ早期かつ真摯に対応してくれるかというところを見守りたいと思います.

| | コメント (5) | トラックバック (0)

オーストラリア産Blues

sanyoshiさんから1枚のCDを拝借しました.
Lloyd Spiegel というオーストラリアのブルース・ボーカル&アコースティック・ギターな人です.(ちょっと小太り?Hi)
先日sanyoshiさんが上京したおりにたまたま聴いて,かっこよかったのでCDを求めたそうな.
6月16日~7月15日の日本ツアーにめぐり会ったのですね.

聴いてみました,声はジミヘン似,良く鳴るギター,右手のカッティングとベースノートが打楽器風にバシバシ来るのが特徴かと思います.
写真で見た風貌よりもカッコ良くて華がある感じを受けましたねHi

| | コメント (3) | トラックバック (0)

たばことダイオキシン

たばこの毒、細胞内ではダイオキシン並み 山梨大研究(朝日新聞)

 たばこを吸うと、猛毒ダイオキシンが大量に体内に入った時と同じ反応が細胞内で起こる――。こんな報告を、山梨大医学工学総合研究部の北村正敬教授(分子情報伝達学)らが、米学術誌「キャンサー・リサーチ」15日号に発表する。

 ダイオキシンはヒトの体内に入ると、細胞にある受容体(カギ穴)にカギが入るように結びついて細胞を活性化させ、毒性を発揮する。国は健康に影響しない1日の摂取量を、体重1キロ当たり4ピコグラム(ピコは1兆分の1)と示している。

 北村さんらは、たばこの煙とこのダイオキシンの受容体とのかかわりに着目。市販されているたばこ1本分の煙を溶かした液体を使い、マウスの細胞の反応を調べた。国の基準の164~656倍のダイオキシンが受容体に結びついた状態にあたる活性がみられ、タール量が多いと活性も高くなる傾向が出た。

ダイオキシンを「猛毒」とする記事には以前から批判も多いです.
まず,急性毒のことなのか慢性毒についてなのかぐらいは言及して欲しいところ.
ダイオキシンの毒性を「サリンの17倍の猛毒」と表現するのをよく見聞きしますが,これはモルモットの致死量から人間へと単純に換算したもののようで,人間に対してホントにそう言えるのかどうかは確認されておらず,実際,ダイオキシンの急性毒性による死者の例を知りません.
ウクライナ共和国の大統領選で毒を盛られたユシチェンコ氏でさえ命を失うことはなかったわけで..

慢性毒に関しても,普通の環境で普通のものを飲食していれば(妊婦さん,妊娠予定の方は注意して頂くとして)ダイオキシンはそれほどの脅威ではなかろうと思います.
新聞記事表題の「たばこの毒、細胞内ではダイオキシン並み」から読み取ると,記者さんは元来,“ダイオキシンの毒”“たばこの毒”と思われていたのでしょうか?
どうも私の感覚と違います.
たばこのリスクの方が端から重いだろうと思います.

そもそも,たばこの煙にはダイオキシンが含まれているようですので記事のような結果が出て何の不思議も無いようにも思います.
ま,私のようなアマチュアの言うことよりも安井センセのサイトの記事でも読んで頂くほうがいいと思います.

以下,摂取量編から

たばこの煙は、ダイオキシン発生編でも述べたように、1本あたり、20~40pg-TEQのダイオキシンを含むとされている。もしも40pgだとして、1日20本、そして、摂取量とはそんなものだとして100%を掛けて計算すると、なんと800pg/日となって、食品から摂取しているとされているダイオキシン量120pg/日のなんと6~7倍になる。下の表では、それはあまりなので、吸収率を25%として、200pg/日という値にした。それでも、食品からの摂取量を上回っている。

いくら食事に気をつけていても,隣でたばこを吸われたらおしまいってことか?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

お,開通してるじゃん

メンテ終了の時間まであと一時間ですが
もうログイン出来るようですね.
どうれ,テスト投稿
VVV VVV VVV

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月11日 (火)

日本沈没前夜の気分

さても激重のcocolog@niftyですが,いよいよ本日から二日間の長時間メンテナンスに入ります.
しかし,あちらはコメント欄荒れてますね

ここのところ症状が悪化しておりまして,モバイルからの投稿はエラーが返ってきて,それじゃと,もう一度送ると二重投稿に(汗
夜に気がついて記事削除しようとしますが管理画面にログイン出来なかったり,出来ても激重,proxyエラーやタイムアウト出まくりで使い物になりません.

今回のメンテナンスで全面解決は難しいだろうと思ってますし,これまでのパターンですと二日で終わらない可能性もあります.
この投稿が最後にならなきゃいいのですが,それでは皆さん,ごきげんよろしゅうに.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月 9日 (日)

運動したけど

運動したけど

私は週末だけだけど、カミさんはほとんど毎日歩いている。
それも700Calとか1000Calとかやり過ぎで、もはやいい汗を通り越している。
今日も歩いたが限界に達したか、突然
「太るもの食べたい!」

| | コメント (12) | トラックバック (0)

体型維持

昨日,デパートのバーゲンでカミさんにくっついて行った.
たまには私の服を買おうということになり,細身のパンツとポロシャツ,麻+シルクのジャケットなどを購入.
なかなかおしゃれなのですが,パンツはこれ以上太ると履けないサイズHi

そんなわけで今日も体育館のトレーニングルームへ...

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月 8日 (土)

がら空き

今日も県営体育館のトレーニングルームで汗を流した。
土曜日なのに人がいない、5〜6人、ほとんど貸し切り状態。
一時間100円なのに・・都会では考えられないことでしょう。
豊富なマシンがもったいない。
利用者としてはよりどりみどりでラッキーなのですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月 7日 (金)

googleの警告

Google_alarm

googleの検索結果からキャッシュを開こうとしたら突然アラームが出るようになりました.

これはFirefox 用Google ツールバーの機能の一つでGoogle セーフ ブラウジング「フィッシングサイトの疑いあり」として発するアラームのようです.

今朝から問題なくブラウジングしていて,突如アラームが出るようになりましたので,googleさん,何かやったんでしょう.
しかし,自分のサイトをフィッシングと判断してちゃいけませんねえHi

追記: 7月10日アラートが出なくなりました,Fixされたようです.

| | コメント (3) | トラックバック (0)

どうせなら春日無線でいかが?

TS-2000創立60周年記念「TRIOモデル」だそうで,口悪く言うと小手先の限定モデルですか.
おまけ付きだけど基本スペックは変わらないようで,開発に力を入れていないのがミエミエで情けない.

いや,私,最初に買ったラジオがJR-310,トランシーバがTS-520とけっこうトリオ派ではあるのですよ.
でも廃れちゃいましたねえ,すっかり.

ここ一番,新しいの出しませんか?>Kenwoodさん.

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2006年7月 6日 (木)

TS-850のAGC修理2

850agc1930が一段落なので,850へ.
AGCボードのC交換です.チップケミはアキバで仕入れて来ました.
遠近両用メガネをかけ,ルーペを頭に作業開始.
紙エポのランドが弱くて再利用には向かない基板です.
普通はサブボードごと交換なのでしょう.

850agc2

動作確認,OKです.
あとは930と同じく,ゆっくり総合調整します.

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年7月 5日 (水)

いーかげんにせーよ

夕べ投稿しようとしたらココログに全くログイン出来ませんでした.
まあ,ひどいもんです.

なんか来週二日間止めてメンテナンスするらしいのですが,DBとOSのアップデートだけで解決出来るという見込みは甘いと思ってます.

「ハードの増強をしましょうよ.」

というのが普通の対応だと思います.

一連のトラブルについてNiftyは「負荷の見積もりが甘かった」と言ってますが,改善策の見積もりも甘いし,何よりもユーザ感情の見積もりが甘すぎます.

| | コメント (5) | トラックバック (0)

930を直す_4

930_04 AF/PAのIC,HA1368が手に入らなかったので,もう一台ある半ジャンクの不動TS-930から部品取りして移植,受信音が生き返りました.オーケー!

メータの振れ始めが辛いような感じがする,弱い信号も聴こえてはいるのでサービスマニュアルに沿ってあとでゆっくり調整しましょう.

930_05 930_06 さて,2枚のシグナルユニット基板をご覧下さい.
左は今回修理したシリアル40*******番台の930,右は半ジャンクの30*******番台.
右はだいぶいじった跡が残されていますね.

調べてみないとわかりませんがロットによってサービスブレティンが出ているのかも知れません.
あるいは今回修理した40*******番台にも有効なMODがあるのかもしれません.
迂闊には手を出せませんが...

半ジャンクの方は詳しく診ていませんので,できれば復活させる予定です.

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年7月 3日 (月)

帰ってまいりました

お袋のペースで歩いてたのでそれほど疲れることはありませんでした.
たまに行く東京はいいですね.
マナーのいい粋な人が多いと思うし,サービス業の接客も上手.
美味い店はいくらでもあるし,
ただしお金さえあればねHi

人の多さには圧倒されますね.
sanyoshiさんが「ねぶたが出てもおかしくない.」て言ってたけどHi
住めるところじゃないかも.

帰って来て空港から家まで車を走らせてると,
誰も歩いてないし車もまばら(笑
気温14度,ヒータを入れました.

| | コメント (5) | トラックバック (0)

やぶ久さん

やぶ久さん

蕎麦の勉強もしなくては。
日本橋、やぶ久さん。
創業明治35年、正統派の二八、美味いです。
斬新なメニューもあって勉強家みたい。
奥の席で年輩の方、お酒に板わさ、玉子焼き。渋い。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

またアキバ

HA1368ありませんねぇ。
小沢さんのパーツケースにラベルはあったけど横線が引かれていました。
ラジデパ斉藤さんでこないだ買えなかったコアを買った。
社長と二言三言、部品が少なくなったよね、と。
斉藤さんのところは貴重な物があるからありがたいよーと話してきました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

靴のマシモさん

靴のマシモさん

新井薬師のマシモさん。今回のお袋の目的の一つ。
足の負担を軽くするよう一人一人靴をカスタマイズしてくれる。
職人肌のおやじさん、いいですねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

神谷で夕食

神谷で夕食

昼は身内のおめでたい席でハンガリー料理をコースで、夕食は銀座神谷でディナー、食べ過ぎです。
まあ、滅多にあることではありません。
締めの蕎麦が美味かった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年7月 1日 (土)

東京です

午後の飛行機でやってきました。
sanyoshiさんも都内をうろちょろしてるらしいHi
杖をついて歩くお袋を連れているのでゆっくり動いてます。
電車ではお袋のためにすぐ席を立って下さる。
皆さん、ありがとね
(^o^)

| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »