« 激重は脱出? | トップページ | 今日も歩いたのですが »

2006年7月14日 (金)

“50オーム”の諸説

同軸ケーブルの50オームや75オームの由来については諸説があるようです.
下記はその一例です.

  1. 同軸ケーブルはなぜ50Ω? (高周波のページ ;RF Engineer's page)
  2. Why 50 Ohms?(microwaves101.com)
  3. The History of 50 Ω(RF Cafe)

先ず,ファクトとして空気誘電体の場合,電力伝送能力の最適値は30オーム,電圧ブレークダウンの最適値は60オーム,伝送ロスの最適値は77オームぐらいであり,ポリエチレン誘電体になると伝送ロスの最適値が51オーム近辺になるということがあります.

上記1.では当初,伝送ロスの観点から75オームの柔軟性の無い中空同軸が先ず使われ,第二次大戦中(1933)開発されたポリエチレンを同じ導体径比のものに充填したため50オームになったというような記述です.

2.では,中空同軸で電力伝送能力と伝送ロスとの妥協点をとるために30オームと77オームの間を取って50オームというのが(1930年台初頭に)先に決まっていて,ポリエチレン誘電体が使われたのはその後であるという説.75オームについては,安物同軸ケーブルは鉄に銅メッキした芯線を使っていたので50オームでは柔軟性に欠け,柔軟性を持たせるために細くするとインピーダンスが上がり,その妥協点を採ったのではないか?という説.

3.では経済性の観点から使用材料について水道パイプなどの規格品寸法を採用した結果50オームが標準となったという説.ただし,ここの後の記述で,75オームは“誘電体充填ケーブルの伝送ロス最適値”としているのは誤りですね.それは空気誘電体での話ですから.

では,「どれが本当のところか?」 私は判断しかねます(汗
ただ,75オームのポリエチレン充填ケーブルの合理性はあまり無いように思いますね.
機器の規格が変更されずにケーブルの方がそれに合わした,という感じがします.

|

« 激重は脱出? | トップページ | 今日も歩いたのですが »

アマチュア無線」カテゴリの記事

コメント

2が納得できそうな説ですが・・・

ところで、CQ出版社から先日の運用について原稿依頼がありました、OZWさんのシュミレーションを参考として使わせていただきますが、コールサインも記載してよろしいですか。

投稿: JA7QQQ | 2006年7月14日 (金) 21時16分

私も2が有力かな?と思います.
当時はレーダー用マイクロウェーブが主目的で
ロスもさることながら電力伝送が大事だったろうと
おもうのですがねHi

>コールサインも記載してよろしいですか。

えー,構わないですが,テキトーにやったからなぁ,あれ(汗
ツッコまれると弱いのですがHi

投稿: Yamada | 2006年7月14日 (金) 22時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/126022/10933656

この記事へのトラックバック一覧です: “50オーム”の諸説 :

« 激重は脱出? | トップページ | 今日も歩いたのですが »