« スミスチャートなど | トップページ | 電池管ラジオ »

2006年2月26日 (日)

高周波,低周波

ベストで電磁波大幅カット 札幌などの4社が共同開発(共同通信~東奥日報社)だそうで,以下引用(文字着色は筆者によります)

携帯電話の高周波電磁波だけでなく、電磁誘導加熱(IH)調理器などが出す低周波電磁波も防ぐのが特徴。影響を及ぼす電化製品は減りつつあるが、不安を感じるペースメーカー使用者は多く、開発関係者は「安心して日常生活を送ってもらいたい」と話している。

なんでもひとからげに「電磁波」とせず「高周波」と「低周波」に分けているのは評価できますが,IHのくだりはどうでしょう?
IHの一次側の商用周波数50~60Hzのことなのか,加熱用の数十kHzのことなのか,おそらく後者なのでしょうけど,インバータで作った数十kHzは「低周波」じゃないように思ってしまうのは工学的すぎるでしょうか.
それに,ペースメーカー使用者以外の一般に発ガン性の疑いとかで「電磁波が危ない」として取り沙汰されるのは極低周波の商用周波数であり,これと混同する読者がいるのではないか?と先読みしてしまいます.
商用周波数となると「電磁波」の「電界」と「磁界」は分けて考えるべき性質がありますし,いわゆるリスクの可能性を言われているのは主に「磁界」の方です.
商用周波数の「磁界」の遮蔽はなかなか難しく,このベストでは出来ないでしょう.
そういった混乱が起こらなきゃいいなと思います.

|

« スミスチャートなど | トップページ | 電池管ラジオ »

科学・疑似科学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/126022/8838896

この記事へのトラックバック一覧です: 高周波,低周波:

« スミスチャートなど | トップページ | 電池管ラジオ »