« Moon Light | トップページ | クルマ換えます »

2005年12月15日 (木)

ノルウエーの子供たちの科学者観

Nature.comの記事でNorwegian children's not-so-mad scientistsというのがありました.
科学をテーマとしたアート・コンペティションから見えて来るノルウエーの子供たちの科学者像でしょうか.

A decade ago, when the Research Council of Norway's youth club held an art competition for children aged 5 to 15, most of the pictures of scientists were of the stereotypical mad variety, complete with dishevelled hair and test tubes. And they were all men.

やはり一昔前は科学者というと髪を振り乱して試験管を覗き込む男性のマッドサイエンティストというイメージだったようで...

In this year's competition, though, scientists were drawn excavating dinosaur bones, in outer space and studying whales underwater. Of the hundreds of drawings submitted, 30% were of female scientists.

それが今年のコンペでは恐竜のホネを掘り,宇宙に飛び出し,海中で鯨を研究するというような描き方をされており,30%は女性の科学者として描かれているらしいです.
先日の日本の中学3年生の意識調査と対照的だと思いましたが,このアート・コンペは5歳から15歳ということなので目がキラキラした幼い子の作品も多いのでしょう.
そこを持続させるような教育であって欲しいです.

|

« Moon Light | トップページ | クルマ換えます »

科学・疑似科学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/126022/7640069

この記事へのトラックバック一覧です: ノルウエーの子供たちの科学者観:

« Moon Light | トップページ | クルマ換えます »