« keyer工作中Ⅲ | トップページ | 蕎麦打ちの年末は忙しい »

2005年12月28日 (水)

keyer工作中Ⅳ

keyer_prjct7 keyer_prjct8ケース上蓋はこのように,非常にシンプルです.
90×60×20のケース,ホントはボタン電池で十分動くのでチップ部品を使ってもっと小型化は可能なのですが,このぐらいが使いやすいかも.
少しランニングして,異常がなければ奉公に出せると思います.

|

« keyer工作中Ⅲ | トップページ | 蕎麦打ちの年末は忙しい »

アマチュア無線」カテゴリの記事

修理・工作」カテゴリの記事

コメント

さっそくQSOパーティーで使用してみました。
ウェイトコントロールが有りませんが、符号の癖は5分も使えば違和感は全くありませんでした。
ただ、EOMコマンドを打ち込む時どうしても「トッツーツーツーツーツー」
となってしまい認識されない事がしばしば有りました、ここはうまく
「トツーツーツーツーツーツ」とスマートに入れないと認識しないようです。
非常に小型で移動用には最適です、通常の定型文を入れておけば充分楽しめそうです。

投稿: JA7QQQ | 2006年1月 4日 (水) 00時56分

そうなんですね,普段打ち慣れない符号はなかなか打てないもので私も難儀しましたHi
メールで送った回路図でC10の容量が間違ってましたので再送しておきます,ただし,送って頂けばいつでも修理しますのでこき使ってやって下さい.

投稿: Yamada | 2006年1月 4日 (水) 12時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/126022/7881328

この記事へのトラックバック一覧です: keyer工作中Ⅳ:

« keyer工作中Ⅲ | トップページ | 蕎麦打ちの年末は忙しい »