« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »

2005年12月31日 (土)

皆さん良いお年を

一日中蕎麦を打っていました.
配達完了したのが18:30ごろ,さすがにくたびれました.
最後は手の皮が剥けてしまいましたです.ヤワだねぇ.
十数軒の家族の方が私の蕎麦で年越しされているかと思いますHi

そんなこんなで今日も終わってしまいますので,これにて.
来年もよろしく(~o~)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月30日 (金)

朝一番の仕事

udon20051230_1 udon20051230_2蕎麦を打つ前にうどん.
カミさんの実家へ送ります.
わりと会心の出来(^^
上州では蕎麦だけじゃなくうどんも欠かせない.

きんぴらごぼうやすりゴマ,ほうれん草の茹でたのとか入れて食べるのが上州スタイル.

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年12月29日 (木)

本日は仕事納め

仕事の方では不景気でパッとしない一年でした.

個人的には8月から遅まきながら始めたこのblogで,何か,誰かの役に立つことが一つでも出来ていればいいな,と思うわけですが...

今夜は明日発送するうどんを捏ねて踏みました.明日まで寝かせます.

蕎麦のほうは短期間勝負,明日からが修羅場です.
蕎麦つゆや「かえし」も作っておかなければなりません.
おせちの準備をしているカミさんと台所の取り合い合戦ですHi

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005年12月28日 (水)

蕎麦打ちの年末は忙しい

今夜から蕎麦つゆを仕込んでます.

先日の忘年会,各自プレゼントを持ち寄るのですが,私は「手打ち蕎麦ご優待券を出しましたHi
今2310時ですが,その当選者に明朝持って行く蕎麦をこれから打ちます.

暮れにかけて6kg~7kgの蕎麦を打つ予定です.
雪かきもあり,体力が持つか?Hi
腰に気をつけて頑張りますよー!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

keyer工作中Ⅳ

keyer_prjct7 keyer_prjct8ケース上蓋はこのように,非常にシンプルです.
90×60×20のケース,ホントはボタン電池で十分動くのでチップ部品を使ってもっと小型化は可能なのですが,このぐらいが使いやすいかも.
少しランニングして,異常がなければ奉公に出せると思います.

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年12月27日 (火)

keyer工作中Ⅲ

keyer_prjct6バラックでのテストを終了し,ケースに組み込んでみました.
キーイングスピードは結局RCの定数を変えて対応しました.
100kΩのVRが1MΩになりましたが消費電力的にはこちらのほうがいいのかHi

<NNN>-・-・-・と<ANN>・--・-・というマクロをメッセージに埋め込んだ上,コマンドでマクロモードにするとコンテストで連番を送れます.
この場合,<NNN>-・-・-・が3桁の数字で,<ANN>・--・-・は実際には送信されずに連番のカウントアップだけを行います.

従って,メッセージ1に
UR 599<NNN> BK
メッセージ2に
QSL TU <ANN> DE JA7○△× TEST
とメモリしておけばメッセージ2で交信を確認するたびに次のメッセージ1の連番がカウントアップするというわけです.なるほど...

また<EOM>・-----というマクロでメッセージの分割が可能で,押しボタンスイッチの連打で何番目の分割メッセージを呼び出すかを選択出来ます.
かなりギミック満載ですHi

説明書は英文でA4版6ページぐらいになるのですが,これの和訳も必要かなと思ってます.

このあとはケースの上カバーに押しボタンスイッチとLEDが顔を出す穴をあけておしまいですが,これの位置決めはかなり慎重にやらないと不様になりますのでゆっくりやります.
クリスマスプレゼントには出来ませんでしたがお年玉には間に合うか?Hi

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年12月25日 (日)

keyer工作中Ⅱ

keyer_prjct4 keyer_prjct5DL4YHF's QRP Keyerの製作過程です.
基板をざくっと作ってみました.
蛇の目基板にディスクリート部品です.

PICにプログラムを書き込み,バラックで動かしてみたところ,キーヤ部分は動いているようです.
PIC16F84のところに84Aを使ったせいか,キーイングスピードがやたら速い.
ソースを書き換えるかRCの調整でなんとかなるでしょう.
まずは一段落...今日のところはここまで.

追記:F84とF84Aで違いは無さそうですね.RCの定数がおかしいか?クロックのチェックからやってみませう.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月24日 (土)

Merry Christmas!

久しぶりに,仕事に3DCGの依頼が入って脳味噌に少しシワが寄った感じがしておりますHi
22日は仕事の後会社の忘年会,23日は気合を入れて風呂の大掃除,今日は年末渋滞の中買い物,なんてことをしていると慌ただしい気持ちになります.

今夜はピカピカになった風呂に入った後はバッハのマタイ受難曲でも聴きながら工作にいそしもうかと思っておりますです.
皆様,それぞれのクリスマスイブをFBにお過ごし下さい.

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005年12月21日 (水)

雪道,最悪の記憶

かなり昔の話だけど,今でも思い出すと腹が立つ.

大雪になると車道がすり鉢状になって車のスレ違いが困難になります.
ある日,そんな道路をそろそろ走っていると,かなり狭い道幅のところに差し掛かりました.
左に寄ると,車は大きく傾き,中央車線へ向かって滑りそうになるので慎重に進みます.
すると対向車線を脳天気にけっこうなスピードで走ってくる軽乗用あり,見るとオバハンです.
そのオバハン,結局ズルっと滑り,私の車のボデイとぺったりくっついてしまい,身動き出来なくなりました.
そうなると,さあ大変,両車線の流れが止まって大渋滞です.

私はなんとか助手席側の窓から外へ出て,何人かのドライバーの協力で相手の軽乗用を担ぎ上げてスレ違い出切る位置まで動かしました.
その間,相手のオバハンはハンドルにしがみついたまま出ても来ず,それもムカついたのですが,驚いたのはその後です.
そのオバハン,何事も無かったの様にそのままブーンと走り去って行きました(*_*;

手伝ってくれたドライバーさんたち共々,唖然と見送るまま,ナンバーを確認する間もありませんでした.
あのオバハン,あんた,最低最悪です!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005年12月20日 (火)

雪空に傘をさす人たち

各地で記録的な雪が降ったそうで,ニュース映像見てると

「あ,こりゃ普段雪が降らないところなんだな.」

ってすぐにわかるのが,雪の中傘をさして歩いている人たちの画(え)でしょうね.
こちら雪国では雪だからって,まず,傘をさすことはないね.
少々の雪なら気にも留めないし,逆に吹雪けば横から下から吹き付ける雪に対して傘をさすような無駄な抵抗はしないし(笑

関東出身のカミさん,最初のころは近所に買い物に行くときチョコレートを持参してましたナ.
「一時間して帰ってこなかったら探しに来て.」
と.
ビバークでもするつもりだったろうかHi

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005年12月19日 (月)

keyer工作中

keyer_prjct1QQQさんからご依頼頂いたキーヤの工作を始めましたので途中経過をHi
今日のところはケース加工.
タカチのYM-90というケースに収めます.
ケースに取り付く部品を配置しました.

keyer_prjct2 パネル前面,パドル用3pジャックとスピード調整用VRのみ.



keyer_prjct3 リアパネル,左からQSKコントロール用RCA,トーンon/offスイッチ,キーアウト2pジャック,パドル・リバース用スライドスイッチ
電池は単五×2本で電源スイッチはナシ
あと,天板にプッシュスイッチが二つとLEDが一つつきます.
LEDはキーヤからのインフォメーションを表示するようです.
トーンをoffにしていても各種操作が出来るのかな?と思ってますが,まずはゆっくり作ってみましょう.

基板のレイアウトとプッシュスイッチの位置合わせが大変そうです.

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005年12月18日 (日)

買い物しようと街まで〜

出かけたが、ホワイトアウトもたびたびの吹雪。051218183216.jpg

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2005年12月16日 (金)

クルマ換えます

11年乗ったポンコツ・インテグラでしたがクラッチの修理,来年来る車検,磨り減った夏,冬のタイヤ,今後の不具合の発生を考えると潮時と判断し,買い換えることにしました.
新しい車は燃費の良いコンパクト・カーがよかろうとFitに.
冬道を考慮して4WDです.

カミさんは「2ndカーならいいけど,小さい車はやだ」という意見だったのですが,まさかレクサスも買えませんので,ここは辛抱して2ndカーを先に買ったと思おう...とHi
(当たらんかなー,宝くじ...買ってないけど)

納車は来月,それまでは代車のHRVに乗ってますが,雪道は楽っすねー,コレ.
でも,四駆も過信するとくるっと回りそうになります.
つるつるの轍とかソロバン路面で飛び跳ねながら走る時とか,下手にグリップすると四駆のほうが怖い場合もありそうです.

マニュアルのFFからオートマの4WDになりますので慣れるまでは慎重に行こうと思いますです.

| | コメント (13) | トラックバック (0)

2005年12月15日 (木)

ノルウエーの子供たちの科学者観

Nature.comの記事でNorwegian children's not-so-mad scientistsというのがありました.
科学をテーマとしたアート・コンペティションから見えて来るノルウエーの子供たちの科学者像でしょうか.

A decade ago, when the Research Council of Norway's youth club held an art competition for children aged 5 to 15, most of the pictures of scientists were of the stereotypical mad variety, complete with dishevelled hair and test tubes. And they were all men.

やはり一昔前は科学者というと髪を振り乱して試験管を覗き込む男性のマッドサイエンティストというイメージだったようで...

In this year's competition, though, scientists were drawn excavating dinosaur bones, in outer space and studying whales underwater. Of the hundreds of drawings submitted, 30% were of female scientists.

それが今年のコンペでは恐竜のホネを掘り,宇宙に飛び出し,海中で鯨を研究するというような描き方をされており,30%は女性の科学者として描かれているらしいです.
先日の日本の中学3年生の意識調査と対照的だと思いましたが,このアート・コンペは5歳から15歳ということなので目がキラキラした幼い子の作品も多いのでしょう.
そこを持続させるような教育であって欲しいです.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Moon Light

20051215月あかりで雪かきが出来ました.
大変穏やかですが,これも束の間か.
予報ではこれから荒れるそうです.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月14日 (水)

すんごい雪

snow_20051214 今朝30cmほどの雪かきをして出かけたのに,夕方帰ってきたら35cmぐらい積もっててまた雪かき.

夕食を取ってお茶を飲み,PM9時.
膝の手術で入院中のおふくろの家(車でニ~三分の距離)の雪かきをしに行きました.

←はその玄関先.
長ーい私の足の膝までありますから55cmぐらいか.

今のところ近場に棄てる事が出来るのでまだ楽な方,40分ほどの作業でした.

この大雪で二件分の雪かきは結構大変ですが,ダイエットには良いかとHi

ぎっくり腰を再発しないよう頑張ります.

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005年12月13日 (火)

科学者にはなりたくないそうだ

「理科大好きでも科学者イヤ 中3男子56%・女子81%」(朝日新聞)だそうです.

 世界の研究者が02年から44カ国・地域の15歳4万人余りを対象に進めている「科学教育の内容と日常生活との関連性調査(ROSE)」のうち、小川教授らが03年に実施した国内の中学3年生560人分のデータを分析した。

 その結果、理科については「面白くて他の教科より好き」が33%、「面白いがもっと好きな教科がある」が32%、「面白くなく嫌い」が33%と三分された。

ま,それは,そんなもんだろうと思えます.

 このうち、「面白くて他の教科より好き」と答えたグループに職業を選ぶ観点を尋ねると、「能力や才能を発揮できる仕事をしたい」が92%、「重要で意味があると考える仕事をしたい」が87%。さらに「科学は社会にとって重要」との回答も87%にのぼった。

おお,優等生的なお答え.だけど...

 ところが、「科学者になりたい」との回答はわずか34%(男子44%、女子19%)。男子の56%、女子の81%は「なりたくない」と答え、前者の回答との食い違いが目立った。

 ROSEの予備調査で各国の子どもたちに科学者の絵を描いてもらったところ、日本の子どもはマニアックで暗いイメージの科学者を描く傾向が強かった。

そうかー,科学者ってカッコ悪いのかorz
私の中ではヒーローなんだけどなー.
お子様たち,科学者も職人もカッコいいと思うですよー.

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2005年12月12日 (月)

うーん,何か変

以前作ったK8キーヤですが,操作してみると違和感があります.
短点メモリ,長点メモリが欠落するタイミングがあるように思うのです.
A(・-)がE(・)になったり,N(-・)がT(-)になったり,ごく限られた微妙なタイミングのときだけそうなるような感じがします.
パドルの接点のチャタかな?とも思いましたがRCのフィルタ定数をいろいろ試してみてもダメでした.

とはいえ,ソースが公開されており,実績も多数あるキーヤです.
バグがあればFIXされていることでしょう.
何か私のミスがあるのか?ゆっくり,ソースを眺めつつ確かめてみたいと思ってます.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月11日 (日)

里帰り中のキーヤ

前回の手当てでモニタが鳴らなくなることはありませんが,たまにチャーピーな音になることがあります.
そこでRC発振器の帰還方法を少し変え,定数も少しHigh-C,Low-R側にシフトしてみました.
様子をみてOKならまた奉公に出します.

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年12月10日 (土)

本日の修行

20051210今日も蕎麦打ち修行.
カミさんの知人が「スローフードのムニャムニャ...」(よく知らないHi)なにやらいろんな人が集まってミーティングをやるらしく,その席で食べてもらえるらしい,少し緊張.
北海道の蕎麦粉と茨城の蕎麦粉と二度打って比べてみました.

バッハ:無伴奏チェロ組曲第1&3番

BGMはミッシャ・マイスキーのバッハ,無伴奏チェロ組曲.
バッハ,落ち着きます.

蕎麦は蕎麦粉10に対してつなぎ1の「外一」で打ちました.
今回は北海道の方が打ちやすいし美味かったという結論.
年末はどこの蕎麦粉にしようか,会津か信州の予定.

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005年12月 9日 (金)

県立病院にて

おふくろが膝の手術のため入院,半月板です.
医師の説明を一緒に聞いたのですが,内視鏡を使って損傷した半月板を切り取るとの事.
わりと簡単そうな手術,うまく治るといいのですが.

面白かったのは医師の口調.
私よりもだいぶ若そうだったけどおふくろや私,カミさんに対して見事なタメ口(笑

「○○なんだよね」「○○だからさ」「○○だけどね」

それがエラぶったようには聞こえず,親近感に聞こえるのは本人の人徳かHi
多分,この医師は誰に対してもずっとこんな感じで話してきたのかな?と思った.
医局の部長先生とどんな会話をしているか聞いてみたいもんだ.

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年12月 7日 (水)

レスポンス

夜間のココログ・アプリケーションサーバですが,ここのところそんなにレスポンス悪くないです.
Niftyのスパム対策が効いてるのか,私のアクセス先が増設サーバに割り当たってるのか?Hi
もっと早いことやってくれてりゃいいのに.
機能アップデートも急いでね.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

もう里帰りかい?

skyさんのところに奉公に出たキーヤですが,朝一発目などモニタ音が出ないような症状が出るとの事で戻って来ました.
作った直後も似たような症状がありました.
温めたり冷やしたりしても相関は無さそうで,時間を置くと症状が出るような感じ.
一旦症状が治まると再現せず,私の推察は次のようなものです.

電源スイッチに長いこと(おそらく20年以上)パーツボックスで眠っていた小型のトグルスイッチを使いましたので,接点に酸化皮膜が出来るのかもしれません.
ある程度大きな電流なら酸化皮膜を破れるのでしょうが微小な電流なのでうまく導通しないのでは?と
3pの一回路ニ接点のトグルを6pに取り替え,接点を並列にしてみました.

これで様子を見てみます.

| | コメント (1) | トラックバック (0)

まだ読んでませんが

奇妙な論理〈1〉―だまされやすさの研究 奇妙な論理〈2〉なぜニセ科学に惹かれるのか疑似科学モノではこちらのほうが基本かも知れません.

数学者であり,マジシャン,パズルの大家,懐疑派著書多数

マーティン ガードナーさん,

今度借りてこよ...

奇妙な論理〈1〉―だまされやすさの研究
奇妙な論理〈2〉なぜニセ科学に惹かれるのか
ハヤカワ文庫NF:マーティン ガードナー (著), Martin Gardner (原著), 市場 泰男 (翻訳)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月 6日 (火)

こんな本読んでます

きわどい科学―ウソとマコトの境域を探る 図書館でこんな本を借りてきては読んでます.
<きわどい科学―ウソとマコトの境域を探る>マイケル・W. フリードランダー (著), Michael W. Friedlander (原著), 田中 嘉津夫 (翻訳), 久保田 裕 (翻訳)
疑似科学ネタはひととおり読んでおこうと思いまして,ただ,買ってまでは...(汗
読んでる途中ですが科学の手法など基本のところがしっかり書かれていると思います.

「知」の欺瞞―ポストモダン思想における科学の濫用過去に読んで一番痛快だったのは,<「知」の欺瞞―ポストモダン思想における科学の濫用>アラン・ソーカル (著), ジャン・ブリクモン (著), 田崎 晴明, 大野 克嗣, 堀 茂樹(翻訳),でしょうか.
アランソーカル事件は物理学者が小難しい学問用語をテキトーに並べてネタで投稿したらポストモダニズムの学会誌に載って絶賛されたというお話.
ポストモダニズムがなんだかよくわからないのは中身が無いからだという皮肉が利いています.
これは買って置いておいてもいいかなと思ってます.(買えよ!自分)

なぜ人はニセ科学を信じるのか―UFO、カルト、心霊、超能力のウソ<なぜ人はニセ科学を信じるのか―UFO、カルト、心霊、超能力のウソ>マイクル シャーマー (著), Michael Shermer (原著), 岡田 靖史 (翻訳),も読みましたねえ.
疑似科学がどうやって騙そうとしているかの実例を多く見ておくことは自分のためにもなります.


 

わたしたちはなぜ科学にだまされるのか―インチキ!ブードゥー・サイエンス<わたしたちはなぜ科学にだまされるのか―インチキ!ブードゥー・サイエンス>ロバート・L. パーク (著), Robert L. Park (原著), 栗木 さつき (翻訳),人間が持つ「信じたがる脳」の働き,参考になります.
モヤっとしていたことが「そうだよな」と思えてくる一冊.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月 5日 (月)

いろいろ壊れるのです

金曜日のこと,出勤のため車を出すとオイル漏れか,なんだかクラッチの踏み代が違っていて,「あれ?」と思いながら出社.
帰りに車を出そうとするとクラッチが床にへばりついてました(大汗
なんとか会社の車を借りて帰ってきたのですが大弱りです.

修理の見積り,車検時期,車のコンディションを考えると直さず買い替えが正解か?決断の時ですHi

しかし,家の外壁やら屋根やら,いろいろとくたびれて来ているのです.

私はぎっくり腰,カミさんは玄関先で転んで尻餅,ばあちゃんは膝の手術で入院するし...
エントロピーの増大には逆らえないって事ですか.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月 4日 (日)

雪の日も蕎麦打ち

Bill Evans Alone 今日もビル・エバンスをBGMに蕎麦を打ち,たまに行く寿司屋の大将へ押し売りHi
以前食べてもらったとき喜んでもらえたので調子に乗って新蕎麦を届けました.
ちょっと頑固そうでサバサバした職人さん,好きですねえ.

前回の経験から加水率は48%を用意したけど,今度は余った.
毎回違って実に微妙.
でも,この粉で4回目なので以前よりは良かったと思うのであります.

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2005年12月 3日 (土)

Niftyさん

「そりゃないだろー」のエントリでココログフリーのNiftyの対応,夜間のレスポンスの低下を批判したのですが,みなさん思うことは同じ(Slashdot Japan)ようで,社長も平謝りというところでしょうか.

騒ぎになった効果か?,今夜はやたらレスポンスがいいですぞ.
このまま改善されるようならGJですが...
ココログフリーのリリース時の対応とか,あんな対応をすれば批判が出てくるのはわかりそうなものですが,それをやってしまう事自体,何かが緩んでるんだなー.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

LCメータも欲しいねえ

娘に依頼されているテルミンがさっぱり進んでません(汗

製作に先立ってコイルのインダクタンスやコンデンサの容量を計るLCメータが欲しいなと思い,探してみますとVK3BHRさんの製作例がありました.
なかなかFBと思います.

一方,ストロベリーリナックスというところにLCメータのキットもありますね.
いろいろ検討してみましょう.
ここは面白いサイトで,安価なRCサーボがありますし,12月中旬にはUSB接続可能なシグナルジェネレータを発売するとの事で注目しております.
こんなのがスラスラ作れるようになったら面白いと思うのですがHi

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005年12月 2日 (金)

DL4YHF QRPキーヤ

最近,PICキーヤづいてますが(汗)WEB上には沢山の製作例があります.
中でも,ソースコードが公開されているものは自分で作る場合においても大変参考になり,ありがたい事です.
DL4YHFさんのキーヤもFBなソースです.
先日作ったF675キーヤは8pinのPICでしたが,モニタ用に14pinDIPを載せてしまいました.
DL4YHFキーヤは18pinのPICを使っていて,2バンクのメッセージメモリ(分割可能)があってモニタトーンも出せます.
さらにメッセージにマクロを埋め込むことでコンテストモードにすることが可能です.
つまり連番のコンテストナンバーを3桁で自動生成出来ます.
数字は省略形にも出来ます.
まあ,本格的にコンテストに参加しようと思ったらPCでロギングソフトと連動させるのが今時の運用でしょうけど,これはこれで面白そうです.
何よりもいいのは低消費電流に徹していてスタンバイモードでは1μAを切るようですから電源スイッチを設ける必要はありません.
ちょっと気に入ってしまいました.

「そんなにキーヤばかり作ってどうする!」という陰の声も聞こえます.
ええ,わかっちゃいるのですが,パーツボックスを見ると,あーらま,PIC16F84が一個あるじゃないですか(笑
週末は,また...?

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2005年12月 1日 (木)

中周波?

「中周波」,聞いたことがない言葉です.
「低周波」,「高周波」ならばわかりますが...
おととい来たチラシの,胡散臭いエステの広告中に「中周波」とありました.
試しに「中周波」でGoogleしてみるとあるわ,あるわ...
健康・美容モノではメジャーなんでしょうか?

まともそうなのを探すと,中には水晶振動子メーカのページ(エプソン・トヨコム;“周波数帯”の項目を参照)などでも見ることが出来ますが,ごく狭い業界では使うのでしょうか?
これを見ると100kHz~1MHzが「中周波」と分類しています.
ただ,その帯域を中周波とすることにどれだけの意味があるのか?

電気工学的には「低周波」,「高周波」ならばわかります.
英語では "Audio Frequency" と "Radio Frequency" ですね.
これは,厳密には周波数で分類しているのではなく,

    *音声周波数帯域としての扱いなのか
    *無線信号の搬送波としての扱いなのか

の違いです.
なので10kHzの電気信号が「低周波」でもあり得るし,「高周波」でもあり得ます.

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »