« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »

2005年11月30日 (水)

Firefox 1.5

Firefox 1.5がリリースされました.
会社のPCのブラウザをアップデートしてみたところ,レンダリングがだいぶ早くなるような感触でした.
ただ,使っている各種エクステンションがまだ1.5に対応してないので不便.
自宅のPCはもう少し待ってからにします.

追記:エクステンションがうまく動かないのはマルチユーザ環境でアップデートの機能が働いたとき,インストールフォルダにユーザー書き込み権限がないと更新されないというのも一因でした.

| | コメント (4) | トラックバック (0)

F675keyerもうちょと

675keyer_4パドルの右手<=>左手のリバーススイッチを増設しました.
ここのスライドスイッチも出っ張らないようツマミ部分をカットしました.
これで大体完成.
回路を眺めてみるとキーイングスピード調整や押しボタンスイッチの検出は電源電圧を分圧してA/Dコンバータでやっているようなのですが,分圧抵抗の値をもっと大きくすると消費電流をもう少し節約出来そうでした.
その辺は次回作るときにでも検討してみます.

さて,このキーヤは817NDオーナーのskyさんにしばらく使ってみて貰おうと思います.
うちにキーヤが三つも四つもあっても,手が二本だしHi
近日中に817NDといっしょに発送致します.

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年11月29日 (火)

F675keyer

675keyer_2若干の改良
移動運用を意識して少し手を入れました.
・押しボタンスイッチとケース穴の隙間処理===お菓子の包装紙
・電池の固定===台所掃除用スポンジ

675keyer_3・トグルスイッチの保護===アルミチャンネル加工

バッグの中など移動中に誤ってスイッチが入ったりし難いようにスイッチを保護してみました.

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005年11月27日 (日)

PICキーヤをまた...

今週末は蕎麦打ち修行の合間にこんなことをやってました.

PIC初心者なのでまずは他人様の設計したモノを作ってみる,キーヤは手頃なオモチャなのでよいかと.

675keyer_0675keyer_1JA1HHF日高さんのページで公開されているO.I.Key F675を作ってみました.

PIC12F675という8pinのPICにキーヤ機能と2chのメッセージメモリ機能を詰め込んでいます.
メッセージは64バイト×2でEEPROMなので電源を切っても消えません.

写真は土日の二日間のやっつけ仕事です(汗
オリジナルの回路ではモニタにミニブザーを使っておられるのですが,消費電流を考えてピエゾスピーカをCMOS ICの発振器でドライブしました.
そのため,8pinのPICにほとんどの機能が集約されているのに,モニタのためだけに14pinDIPのIC(MC14011B)が乗っかっているという間抜けな基板になっています.
今回は手持ち部品でなんとかしようとこんな事になってしまいました.

さて,組んで電源を入れてみると「QRV」と元気に反応,なんなく動きます.
PIC工作でいつも思うのは,このあっけなく動いてしまう脱力感といいますか,やはりプログラムするまでが仕事なのでしょうね.

使用感は問題無いようです.
ただ一点,モニタをOFFにする機能も欲しいと思いました.

内蔵モニタはサイドトーンとしての機能だけでなく,メッセージ入力のときのインタラクティブな操作に必要なため,サイドトーンが要らないからといって,スイッチなどで物理的に殺すわけにはいきません.

以前作ったK1ELのK8ではコマンドでサイドトーンを消すことが可能で,その場合でもコマンドのためのモニタ音は生きるという設計でした.

写真のキーヤではモニタの信号はH/Lの制御信号ですがK8ではAFトーンで直接ピエゾスピーカをドライブしていました.

| | コメント (3) | トラックバック (0)

構造計算偽装問題

私も建築士の端くれで,建築の現場管理も少々経験しておりますが,この事件で業者や民間検査機関が「知らなかった」というのはありえない話ですね.
割安感で短期間に注目を集め,売りさばきさえすれば後で問題化も覚悟の上ってことなのか?

現場の監督のみならず,型枠大工,鉄筋職人にしたって首をかしげながら仕事をしていたに違いありません.
1階も10階も同じ柱型,梁型になるわけがない.常識中の常識.
施主,元請に逆らって仕事を進めることは不可能だし,ましてや建築業界は仕事が無い,選べない.
現場監督や職人さんたちがどんな気持ちで仕事をしたか,考えると複雑な気持ちになります.

私が現場で一番感じ入ったのは,職人さんたちの技術と誇,カッコよさです.
いつも憧れていました.

「ヘボなことをやらかして職人さんを怒らしたら仕事が進まない,職人さんは大事にしろ.」

職場の先輩から教わって唯一ためになった言葉です.

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005年11月26日 (土)

修行が足りない

昨日,カミさんの実家に手打ち蕎麦と手打ちうどんを送った.
20時までにクロネコへ持っていけばクール便で翌日届くので,会社から少し早めに帰って作業したのですが大慌てで出来が悪く,今日は気分が少し凹んでます.

蕎麦粉も届いたばかりの新蕎麦だったので慣れず,ぶっつけ本番はきつかったかも.

「はやぶさ」のGood Newsに気を取り直して,今日も出汁を取り,かえしを仕込みました.
昼飯に再挑戦だー

追記:
今日も蕎麦を打ちました.都合2回

Moon Beams BGMはビル・エバンス.

今回の茨城の粉は(いつもの製粉所なのに)感触が違う.
前回の北海道の粉とも全然違います.

いつもは加水率45%ぐらいだけど,今回はそれだとひび割れてしまいます.
2回目に49%にしたら少し多かったみたい,ベストは48%ぐらいか.
数CCの差が勝負です.

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年11月25日 (金)

そりゃないだろー

Niftyのココログにフリー版が登場したらしい.
それはいいんだけど,このフリー版,私が使っている会員サービス(ベーシック:これも無料だけどねHi)よりも高機能なのだ!
アクセス解析,マイフォト/マイリスト,ポッドキャスティング,ココログアフィリエイトなどに対応しているとの事.
広告は出ちゃうんでしょうけど,容量もベーシックと同じ.

ベーシックタイプもそれに応じてアップデートしてくれりゃいいんだけど来年の3月とか言ってる
つまり会員サービスがフリー版よりも不便な逆転状態が続くわけね.
会員優先してくれないのね.
なんかムカつくわー,夜のレスポンス低下も余計に腹立つなー

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005年11月24日 (木)

すごいぞ「はやぶさ」

すごいですよね「はやぶさ」
イオンエンジンで自律航法しながら何年もかかって小惑星イトカワに着陸したってんですから.
もう一度タッチダウンを試み,サンプルを収拾して地球に帰って来るんだとか.
わくわくしますなー,マジで

さらに感心するのはリアクションホィール(姿勢制御装置)が一つ故障したりいろいろトラブルが発生しても,その都度出来得る対策をやりながらの快挙で,何かドラマを見ているようです.
また,記者会見での川口マネージャーのコメントが渋いんだよなー.

この飛行,低予算で濃い中身ですよねぇ,100点満点をとっくに超えて快挙を積み上げ中.今週末も注目!!

今日の「はやぶさ」(JAXA)
松浦晋也のL/D
野尻ボード

追記: 海外BBSでちょっと話題になっているのが,

この写真 ( unmannedspaceflight.com )

コンピュータ脇の小瓶が後に増えてたりして関係者のご苦労が窺われるのですね.

ユーモアと愛情のある書き込みが微笑ましいです

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2005年11月23日 (水)

水道水が安全

40代以上の日本人にピロリ菌保有者が多く(七割以上),その原因は昔の飲み水の衛生状態が良くなかったのも一因らしいのです.

私もピロリ菌保有者で胃潰瘍経験者,昨年除菌治療をしましたが失敗したらしい(>_<)

ここ,地方都市の水道水は昔から「良い水」として有名なのですが,私が生まれて間もなく親父の転勤で東京に住んだことがあります.
当時,この田舎でもちゃんとした水道がありました.
ところが親の話によりますと,そのころ(昭和30年代初頭)東京都足立区では井戸水だったとのことです.
養殖蛙が毎夜牛のように鳴き,すごいところだったそうな.
近所の人から

「まー,遠いところからお出でになったのねー.」

と田舎者のように言われるたびに

「こんなに不便なところで暮らしたことないわ.」

と内心思っていたとのこと.
ピロリ菌はそこで貰ったのか?親父も胃潰瘍持ちでした.

ここいらの水道水は山の雪解け水を沢から取水し緩速ろ過したもので今も優秀です.
そのまま飲むのはもちろん,蕎麦打ちにも問題なく使えます.

しかし,そんな当地でも浄水器とか付けないと安心出来ないお方がおられるようです.
浄水器はアヤしいのが多いので注意が必要です.
塩素の除去,物理的なろ過以上の効果はあまりあてになさらない方が懸命.
「○○が治る(消える)」「○○活性水」「クラスターが小さい」など書いてあったら要注意.
また,まともな浄水器であっても塩素が除去された水が溜まる状況には注意が必要.
朝の捨て水が肝心,冷蔵庫の氷に使うのは危ない.
トリハロメタンが怖いといって塩素を除去するより感染症のリスクの方が怖いと思います.

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年11月22日 (火)

たわし

tawasiたわしです.

束子と書いてたわし.

メイド・イン・スリランカのたわしです.

たわし以上でもなく,たわし以下でもない.

今日,このたわしを貰ったわけですよ.

どうしてこれを貰ったのか?って話は...

思いのほかつまらなく,

皆さんに想像してもらった方がまだ面白そうなので

書 か な い.(爆

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2005年11月21日 (月)

TV雑感,私の目くじらなど

「世界一受けたい授業」(NTV)という番組がありますが,19日放送分に国連大学副学長の安井至先生が出ていました.
「水道水の水質は年々悪くなっている」,「ミネラルウォーターは安全」,「天然のものは安全」といった市民の誤解についてわかりやすく説明されており,さすがと思いました.
しかし,安井先生のHP「市民のための環境学ガイド」によると1/3程度にカットされていた模様です.
興味がある方はHPのこちらこちらで放送されなかった部分も確認できます.

概してバラエティ番組は視聴者の目を惹こうという意図でアヤしげな内容になりがちなところ,この番組は至極まともな内容がセンセーショナルだったりするのがおもしろく,「あるある・・・」なんかと正反対の内容になったりするのが実に興味深いのです. #司会者,同じなんだけど(笑
こんな取り上げられ方でも「安井先生のHPでも見てみようか」と思われる人が増えればそれは結構なことと思います.

さて,先日,私のエントリ「安易でくだらないネタ」で波動系の「声かけ」について書きましたが,期せずして安井先生もやっかいな「水からの伝言」という記事を書いておられました.
引用させていただくと,

(1)どうせお伽噺なのだから、まあ良いではないか。
(2)「善意」に基づく話なのだから、まあ良いではないか。
(3)この話に科学性が無いことぐらいは、誰でも分かっているから、まあ良いではないか。


A君:お伽噺仮説については、表面的な現象だけを追えば、それほど問題にならないような気もするのですが、次の善意に基づく話なのか、ということも絡めれば、これは違うだろう。

B君:やはり、付加的問題点その2の波動測定器、波動転写器なるものによる商業的価値を高めるための意図が隠されている、という理解をすべきではないか。

A君:しかも、(3)科学性が無いことぐらい分かっている、という判断はどうも間違いのようですね。ウェブなどを見ていると、盲目的に「水への伝言」を礼賛するような、全く分かっていないという感じのブログなどが多いので。

B君:あの本の記述のやり方などを見ていると、科学的にも、現時点では未解明ではあるが、正当な科学であるという主張をしているように思える。しかし、これは明らかに、疑似科学である。すなわち、科学教育に悪影響を与えるという主張を、我々も積極的に行うべきであるように思える。

私も全く同感で,私ごときが何を書こうが影響力は無いかもしれないけど細々と目くじらを立てているわけです.
で,この「水からの伝言」ですが,大阪大のきくち先生のblogに6億冊の「水伝」絵本 という記事がありました.
これを読むと,波動転写器商売にとどまらず,何か薄ら寒いものを感じざるを得ません.

ttp://www.hado.com/info/waterforlife.htm

に出てますが(ちらしのpdfファイル)

..... 江本勝氏は「未来を創造していく世界の子供たちに水のメッセージを伝えていくことが世界の平和につながる」という信念のもと、"絵本版『水からの伝言』" を製作、無償配布する計画を立てた。題して「EMOTOプロジェクト」。2015年までの10年間で世界人口の10%に相当する6億5千万人の子供たち (3歳~12歳)にこの絵本を配布する計画。その公開記者会見をかねた絵本の完成披露と計画発表がこの日、会場で行われる ......
Water for lifeフェスティバルで、実際にこの発表があったようです。

さて、江本はなにを目論んでいるのか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月20日 (日)

秋月のチャージャ

charger_1charger_2charger_3





  1. 外観,これにシガープラグつき電源コードがついて1,400円なり.
    先回,上京した折に買ってきたもの.
    これに2500mAhの単三型ニッケル水素電池4本を追加しても2,200円,これは安い.
    ⊿V方式の充電機能,ディスチャージとリフレッシュの機能も付いてる.
    見た目国籍不明,ケースの金型はあまり良くないし電池をホールドする金具も安っぽい.
    こんなんで使えるのか?と思ったけどけっこうイケます.
    デジカメ用の電池に重宝してます.
    メモリ効果のせいかダメになった古い電池もリフレッシュで復活しました.
  2. 内部の基盤,中を見るとだんだん価格が納得できるような気がしてくるHi
    ディスクリートを多用してますね.
    LEDの脚に入ってるパイプ状のゲタがなんだかすごい.
    電解コンデンサだけは国産に載せ換えておいたほうが良さそうだ.
  3. 基盤のパターン表面,なんだー?この白化現象は...
    どうもフラックスのように見えます. 掃除しときます.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月19日 (土)

今日のランチ

ノエルというレストランでお昼。
さくらえびとほうれん草のキッシュ、サラダ、カボチャのポタージュ、自家製パンおかわり可、お飲み物で千円。
おいしい!051119131932.jpg

| | コメント (13) | トラックバック (0)

PLC共存案へのパブコメ

PLCへのパブリックコメント,締め切りがいよいよ明後日です.
推敲が不十分なのですが,私もなんとか提出しました.
まだの方はお急ぎ下さい.
JE1CKA熊谷さんが連名での提出を募っておられますのでそちらを利用されてもよろしいかと思います.

意見書
平成17年11月19日

総務省総合通信基盤局
 電波部電波環境課  殿

郵便番号:######
住  所:******
氏  名:Yamada
連絡方法:######
「高速電力線搬送通信と無線利用との共存条件案に係る意見の募集」に関し、
下記のとおり意見を提出します。

アマチュア無線を生きがいとする者の立場として意見を提出します.
PLCの実用化に反対致します.

アマチュア無線ではバックグラウンドノイズに見え隠れする信号に耳を傾けています.
そのためには家を建てる場所も,あえて便利な市街地を避け,郊外を選択している者も多いわけです.
個人の趣味とは言え良好な環境を得るためにライフスタイルを定め,既に投資をしている人への影響は多大なものになるでしょう.
オーバーオールのノイズ上昇がこういった環境に影響を与えない程度のものであれば反対は致しませんが,多くの方が試算されている雑音レベルは許容出来る範囲を超えており,案で示されている規制値では不十分です.

案ではコモンモード電流値でパソコンなどの機器と同等のノイズレベルとするということですが,私達は,微弱な無線信号を聴くためには,パソコンなどのノイズが規制値以下であっても各種の対策を施し,少しでもノイズを減らすような努力をしています.
パソコンならば自己の努力で対策が可能です.
しかし,隣家の電力線となると手を出せず,お手上げということになりましょう.

実際,障害が起きているとした場合,その発生原因をどう特定し,どう対策したらいいのでしょうか.
コモンモード電流値だけ決めて,障害の確認方法,対応の制度や指針といったものはこれ以上協議されないのでしょうか?
不自然に打ち切られた研究会にも不満が残ります.

そもそも既存の屋内配線に平衡度など期待出来ません,テーブルタップ増設,負荷状態の変動などで条件が一定しないでしょうし高周波雑音輻射のコントロールなど極めて困難なものと推察されます.

また,無線LANなど既存の他の技術がある中,短波帯の雑音レベル上昇という欠点を容認してまで得られる利便性があるとも思えません.
こういった未成熟,かつ欠点を有し,あるいは不要であろう技術を急いで導入しようとすることについては理解出来ません.

受信機を通して聞こえてくる信号はたとえ相手が居なくても,「遠方の雑音」でさえも貴重な意味を持つものです.
それを近隣ノイズでマスクして頂きたくない.
それは電波天文学に限らず短波通信に興味を持つものにとっても等しく同じことです.
遠方ノイズの変化に耳を傾けているだけで,その日変化,季節変動で地球が回っている事を実感できます.
太陽活動とそれに影響を受ける地球規模にスケールの大きい自然現象を直に感じられる場が私たちの周りにどれほどあるでしょうか?
雑音の少ない環境ならば,アンテナと受信機があればそれを体験することが出来ます.
私の中には,幼少期にそれに触れた感動が今も生き続けています.

世の中の「理科離れ」が懸念されています.
これからの青少年のためにも,こうした自然現象との触れ合いの場を奪い取るべきではありません.
負の遺産を残さないようお願い致します.

 

以上

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2005年11月18日 (金)

雪道とブレーキ

今朝,各地で凍結スリップ事故が続発.
私も通勤路の跨線橋が通行止めになっていてとばっちりを喰らいました.

気温はプラスで路面は濡れ状態でしたが,早朝,橋の上などは凍結していたんでしょう.
雪道シーズンの初めでドライバーもうっかりしたんでしょうが,道路管理者も油断して凍結防止剤を撒いてなかったのでしょうかね.
気を引き締めてまいりましょう.

ところで,以前,カミさんが免許更新に行ってきて講習を受けたそうなんですが,その講師が

「短い時間なので,一つだけためになる話をします.」

と前置きし,

「雪道では中途半端にポンピングブレーキなんかせずに思いっきり踏んじゃった方がいいんですよ.女性の方は特に怖がって踏めないから.」

と言ったそうな.
カミさんに

「それってABS装着車を前提って言ってなかった?」

と聞くと,「記憶にない,ABSって何?」と...

これはかなりヤバいです.
講師は“ABS”と言ったかも知れません,いや,たぶん言ったでしょう.
しかし聞いたほうの印象に強く残っていない.
この場合,「しっかり踏め」よりも「ABS限定の話ですよ」の方が強調されていないとマズいでしょう.
そして,その「しっかり踏め」の理由としてABSはコレコレこういうもので,ABSが動作するには,怖がらず,ある程度しっかり踏まなくちゃいけないんだよって話じゃないと...

カミさんにはうちのポンコツ車(ABSなし)では絶対やってくれるな!ブレーキはロックする寸前までは踏んでロックしたら離せ,と釘を刺しました.

| | コメント (2) | トラックバック (0)

安易でくだらないネタ

以前,ニュース雑感のエントリでTOSSなる教員のグループが道徳の時間に

「水にありがとうと声をかけると結晶がきれいになり,ばかやろうと言うと結晶が崩れる」

というような授業をしていることに触れました. もちろん批判的にですが.

昨日,NiftyのDaily Portal Z「コシヒカリに英語が通じるか」というネタを見つけた.
「ごはんに声かけ」もよくある“波動”がらみのトンデモだけど,それを英語でという安易なネタ作りもなんだか,ですね. こういうのは無くなって欲しい.
先の授業を受けて育った記者じゃあるまいか?

Daily Portal Zはそんなに嫌いじゃないんだけど,実験モノには科学リテラシーに欠けるうっかりネタがかなり登場して来ます.
たとえば,「気化熱で安く涼む装置を作ってみる」とか.
これって気化してないし...orz

| | コメント (8) | トラックバック (1)

2005年11月17日 (木)

少し追加

「静観」と言いながら,W4RTのOBF→817ND顛末記に,帯域が違うフィルタがパラレル動作した場合についての考察を,若干,追加しました.

「広い方が生きてるっていうんなら“大は小を兼ねる”で広くしか聴こえないんじゃないか?」
「ちゃんと近接でキレてるから問題ない」

と思ってしまう人(もしや,販売元も?)が居やしないかと先読みしましてHi

実際には振幅特性だけじゃなくて狭いほうの遅延/位相特性が広い方の帯域の中で合成されるので複雑な動作になるでしょう.
一見,近接ではキレているように見えるかもしれません.
しかし,その向う側にもピークがあります.

確かに広いバンドでポツンと聴こえる信号は大差なく聴こえるでしょう.
でも,混んだバンドでは少し離れた信号が回り込んできます.

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年11月16日 (水)

Wi-Fi

会社で無線LANの設定をしていると,こんな田舎でもよそ様の電波が多数受信出来てしまう.
まあ,今のご時勢,無理からぬことなんだろうけど.
しかし,設定がお粗末な無線LANの多いこと...

NetStumblerをインストールしたノートを持って会社の周りを歩いてみると続々見つかる.
しかも.IDがYBBUSERでパスなしとかザラなんですね(汗
暗号化なし,any接続OK,MAC制限なし...
先般,スパイウエア詐欺のニュースがあったけど,悪いことするヒトにとってカモ・ネギな環境が多すぎますねー.
私はいい人ですから悪用はしません(^-^)
しかし教えてやるにも特定するのは大変だし,気を遣うし,キリがないし,被害がなきゃそれでハッピーなんだろし,あっても自業自得ちゃー自業自得だし...Hi

| | コメント (2) | トラックバック (0)

雪だぁ!

ぎっくり腰でまだ庭の雪囲もやってないのに雪が降ってきました.
ここニ~三日は雪模様らしい.車のタイヤだけは何とか交換.
腰の調子もだいぶ復活してまいりました.

さて,フィルタの件は一通りのことはやったのでしばらく静観します.
追試された方がおられましたら情報をお願いします.

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年11月15日 (火)

ふーん,そうかな?

オーナーさんがW4RT Electronicsに問い合わせた結果が来たようです.

The same construction OBF has been installed many times in both the 817 and 817ND without any problem.  I have no idea what is the cause of the problem you mention.

同様な構成のOBFが817と817NDに何度もインストールされており,問題は起きてない.
あなたが問題と言うことの要因については知らない.(わからない)

...ですか,論理的な反論ではないですね.
あの回路でどうやって正常に働くんだろう?出力側が運良く導通しなければOK?今回のケースは特殊例?

今の時点で,私が間違っているとも思えないのでArchivesのメニューに"W4RT's OBF817 CW narrow doesn't work properly in New 817ND"を加えて広くご意見を募ることにします.

追記:上記について日本語版も作りました.リンク先は英語ですが上部のボタンから日本語へリンク出来ます.(要Java Script on)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005年11月14日 (月)

MCUさんかー

クレージーこんてすたーズ (Crazy Contesters)の熊谷さんのblogで,JA1MCUさんのことに触れておられた

私は今,隠居中のような形なのだけど昔は某YXPやら某YRRでコンテストに入れ込んで来た者なのです.
5BAND-DXCCで有名なMCUさんとは直接面識は無いけれど大学の先輩だって聞いて,おースゲーと思ったものです.
それと,同じくYXP出身である私のXYLは上州空っ風とナンとやらの前橋出身でMCUさんとは同郷.
いや,ただそれだけの話なのだけれど...

| | コメント (4) | トラックバック (0)

OBFのFT-817NDとIC-703での動作の違い

ic703_ifW4RTのOne-Board Filter(OBF)のFT-817NDにおける動作不良の件ですが,OBFはIC-703用もあります,そちらではどうなのか?と703のIFを見てみますとダイオードスイッチのドライブのしかたが817とは違いました.
817ではDCをあらかじめ全フィルタ経路(といっても二つですが)にかけておいて,目的のフィルタを選ぶにはグラウンドに落としてコントロールしていますが,703では目的のフィルタだけにDCを「加えて」コントロールするようになっています.
論理が逆ですから,ここではOBF + 817NDのような不具合は起こりません.

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年11月13日 (日)

平凡な名前の苦労

三日に会社の若いもんの結婚式があったばかりだけど,今日も知人の息子さんの結婚式に呼ばれてたので参加.

しかし,私の席がない???(汗

ちゃんと出席のはがき出したつもりなんだけど.
どうやら,似たような名前の人がいてブッキングを間違えたのではないかとのこと.
急遽席を作ってもらって,一応参加したんだけど,ちょとヘコんだ.
ま,おめでたい席,ということで (^-^)v

確かに私の名前Yamadaさんはインパクトが無い.
郵便物は誤配達されるし,間違い電話もよくある.

一番ひどかったのは,夜中に電話,カミさんが出たとたん女性の声で

「○○さんは私のモノなんだからね!」

ヲイヲイ,誰と間違えてるか知らんが,それだきゃあヤメてくれと Hi

え?何もありゃしませんて,神に誓って (^^;

| | コメント (6) | トラックバック (0)

curfew

パリですごいことになってるようだけど,
「夜間外出禁止令」って英単語(goo辞書)があるらしい.
Going outside ban in the night とかじゃないんですねえ.

覚えとこう,使うことないかもしれないけど.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月12日 (土)

まとめてみた

W4RTのOne-Board FilterがFT-817NDのCWナローでマルチビートな件について顛末をまとめましたのでこっそりリンクしておきます.
製造元に見せるために英語になってます.
これをもとにオーナーさんが問い合わせられるでしょう.
先方の反応次第でArchivesへのリンクを考えます.

しかし,こんなこと私が言い出しっぺってわけじゃないと思うんだけどなー,なんか見落としてる?
私の勇み足だったら教えて下さい.引っ込めますので.
製造元サイトのFAQ見ると
Does the One-Board Filter work the same in both the FT-817 and the FT-817ND? Yes.
って書いてあるしなぁ.

追記:メジャーサイトなJH3YKV's Amature Radio News さんにトラックバック頂戴しちゃいましたね.
ありがとうございます,ただ私の早とちりでなきゃいいんだけど.
ND専用のOBFがあるよとか...Hi

| | コメント (9) | トラックバック (0)

わかったぞー!

W4RTのOBF,CWナロー時のマルチビート,わかりました.
OBFは817NDにおいてはCWナロー受信中でもSSBフィルタを殺せないのです!!

ムラタのセラフィルは古い回路図ではコンデンサ結合されていますが,817NDの回路図を見ると結合コンデンサのあった場所がなんと470オームの抵抗に入れ替わっています.

さて,OBFのSSBフィルタの入力はT型に配置された3個の抵抗回路になっています.
古い817ならDCカットされていますので問題ありませんが,NEW817では結合用抵抗⇒T型回路とDCが流れ,ダイオードスイッチを常にONしてしまいます.

これが原因です.対処方法としてはOBFのSSBフィルタはコンデンサでカップリングして接続しなければいけません.
結合用に入っている470オームは除いてパターンブリッジしちゃえばいいでしょう.

あー,さっぱりした.
しかし,製造元はそんな事も知らんのか?腹が立つ
インストールマニュアルには何も書いてなかったぞ
ま,技術屋と営業の乖離があるのかもしれませんが...
休み中に英文のまとめHPを作って晒します.
オーナーさん,今度は胸を張ってクレームのメールを送ってやって下さいねHi

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2005年11月11日 (金)

続ぎっくり腰

ぎっくり腰テーマのTV番組を見ていたら,くしゃみの瞬間にギクッとやっちゃう人もいるから,くしゃみをするときはテーブルなどに手をついておくといいそうです.

そしたら,カミさんが

「えー?くしゃみなんかでぎっくり腰になるのー?ハハ..」

と笑うのです. あー,そうですか.

しかし,キッパリと言っておきましょう.

#お笑い番組で笑いコケて肋骨を折ったことがあるヒトに笑われたくないっ!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005年11月10日 (木)

きのうの“ためしてガッテン”

テーマがぎっくり腰だった.
「TVでやるよー」と親切に教えてくれた人もいました.

で,見てみたけど,ぎっくり腰にならないための予防が中心で,ぎっくり腰真っ最中の人のための内容ではなかった.
そりゃそうだ,私みたいにタイムリーにぎっくりやっちゃってる人は全国に何人いたのかHi

この番組,もう4日早く見たかったです.

| | コメント (2) | トラックバック (0)

フィルタの不具合など

test_bench夜はココログが混み合っててさっぱり更新出来ません.
昨日の更新が出来ませんでしたが,例のフィルタの件でいろいろやってました.
「ほらみろ,ラボに送らずに無理して自分でやろうとするからトラブるんだ.」
みたいに言われたんじゃこっちも意地になるよねHi

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2005年11月 8日 (火)

大荒れ

うわ,カミナリが近くに落ちまくりです.
みなさん,だいじょぶですかー

| | コメント (5) | トラックバック (0)

あれあれ?

817のOne-Board FilterですがCWをあまり聴いていませんでした.
で,気がつくとなんかおかしいのです.
NARROWにして聴くとゼロビートのむこう側にもう一つビートが聴こえます.
WIDEではビートは一つです.
SSB用のフィルタはジャンパ線を引き回して配線しているのですが
そいつを外してCWフィルタ単体にするとちゃんとシングルビートです.
フィルタ自体には問題が無いのでしょう.

ジャンパ線を接続するとアイソレーションが悪化しているようにも見えるのですが
私の何らかのミスか個体の不具合かもしれませんので予断はしません.
オーナーさんから販売元へメールで確認してもらっていますので返事待ち.

何かご存知の方ありましたらよろしくです.

追記:MURATAのフィルタに戻し,純正のCWフィルタを入れてみました.
結果は問題なし.One-Board Filterに原因があるらしいことははっきりしました.

さらに追記:解析・解決編はこちら

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005年11月 7日 (月)

まいった

ぎっくり腰が悪化。
伝い歩きしなきゃ歩けない状態なので仕事を休んだ(>_<)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005年11月 6日 (日)

爽やかなお天気に反して

体調は最悪です.
まず,風邪,まあこれは治りつつある.
あと,今朝起きたら寝違えたようで首が回らない.
それと,うどんを打っていて足踏みした生地を取り上げるときに腰がギクッ(泣

あちこちに湿布を貼って...もう寝ますわ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

近所で紅葉狩り2

051106130819.jpg

| | コメント (1) | トラックバック (0)

近所で紅葉狩り1

051106130559.jpg

| | コメント (2) | トラックバック (0)

小春日和

海の方を散歩してました。
こんな天気はこれからは望めなくなります。051106103436.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月 5日 (土)

新旧817内部比較

817inside_compare左が旧,右が新
○で囲ったICですが,ミクサICで左はすべて回路図どおりのSN16913.
右の黄色い○はJRCの2954,ピンクがフィリップスのSA602です.
16913はDIPですが2954や602は小型のICにゲタを履かせ代替に使っているようです.
16913が早々と製造中止になったので苦肉の策なんでしょう.

あと,気がついたのは,右では背面のファイナルユニットへ電源を供給する回路にヒューズのチップ部品が入っていました.
実はこのヒューズ私の不注意で飛ばしてしまいました(汗
オーナーさんごめんなさいHi 応急処置してあります.
部品取り寄せて復旧しておきます.

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005年11月 4日 (金)

FT-817 Earth_Terminal Mod

terminal_mod1terminal_mod2terminal_mod3




  • 左:オリジナルの3ミリのネジ穴,オーナーは5ミリの蝶ネジを使いたいとの事です.
  • 中:4.2ミリの下穴をあけました.もう後には引けません(^^; このとき,PAユニットは作業で傷つけないよう撤去しておきます.また,切粉が飛ばないよう養生します.
  • 右:アルミダイキャストなのでタップはサクサク切れてしまいます(ピンボケご容赦)

terminal_mod4terminal_mod5terminal_mod6




  • 左:5ミリのボルトを切って全ネジを作ります.
  • 中:全ネジを埋め,ナットで固定.
  • 右:出来上がり.

オーナーさん,これでいいんでしょうか?

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2005年11月 3日 (木)

817次なるミッションは

E_terminalこのアース端子のネジ(M3)が小さすぎて使いにくいのでタップアップして蝶ネジor蝶ナットにしてくれとのこと.

んー,新品の筐体にタップ立てますかー(^^;   続く...

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月 2日 (水)

地物で海鮮丼

donburi地物のひらめの昆布締めと大間のまぐろの中トロで海鮮丼です.
こないだの娘とのデートで食べたアメ横の海鮮丼よりずっと豪華で美味いです.
見てるかー?娘よー(^。^)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

やたー!

ココログの容量大幅アップ(by Nifty)です!!

「いつか増えるハズ」と待っていた甲斐があろうというものです.
これで,チマチマ画像だけHPへFTPで飛ばさなくてもいいよなー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

フィルタのデータ比較

遅まきながらフィルターのデータシートを確認してみました.

Murata CFJ455K14 2.2~2.6kHz@6dB 4.5kHz@60dB Loss 7dB
Collins 526-8739-010 2.26kHz@6dB 4.6kHz@66dB Loss 5dB
(Collins は526-8739-020のデータが無かったので526-8739-010を使いました)

やはり,私の感覚に正直に合っていると思います.
セラフィルの方が広めにバラついている可能性があるし,減衰特性もなだらかです.
ロスもメカフィルが2dB少なく,「ゲインが上がった感じ」は正解だったようです.
インピーダンスはセラフィルが入出力とも2000Ωぐらいで,メカフィルはたぶんもう少し高いんでしょうか.
上がるゲインは歪っぽくなりますので落としたいところです.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月 1日 (火)

817コンビ

817over817漫才でも始まりそうな佇まいですHi

左はオリジナルのムラタの2.2kセラフィルが入った817
右がコリンズの2.3kが入った817,比べてみました.

結果は以前のレポートのとおりですね.
標準の設定ではムラタのほうが広く感じます.
キレは甘いがこれが「いい音」という人もあろう,という感じです.
ちょっと見HiFiぽいですがダラっとする感じも否めない.
ラグチュー向きというか,流行りの音に近いです.(それがいい,悪いじゃなくHi)

数字上広いコリンズの方が聴感上は狭いです.
メカフィルのキレの差だと思います.
若干ゲインが上がっている感じを受けます.
メリハリの利いた感じになります.(悪く言うと毛羽立った感じ)
マッチングとかレベル配分とか再確認したいところです.

キャリアポイントを低音側にズラします.
するとムラタの方は近接のカブりに余裕が無くなって来ます.
音もモヤっとした感じになってきます.
コリンズの方がカブりには強く,音は寄せた分低音が出て来ますがやはりカッチリした音です.

両者の差は微妙だと思います.
趣味趣向で評価が分かれることでしょう.
私なら実戦趣向なのでコリンズに一票

| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »