« キター!! | トップページ | キレたと言う電球 »

2005年8月23日 (火)

ピアノマンは芝居

当初,あのニュースが出たとき「天才的ピアニスト」みたいな触れ込みでした.
もし,それが事実でほかに何も情報が無いのだったら,演奏スタイルから得られる情報があるだろう,と思いました.
訓練されたピアニストであればあるほど演奏から感じられるものも際立ってくる,音楽の専門家あるいは熱心な音楽フアンでもいい,聴いてもらえば学んできた国ぐらいは特定できるかもしれない,と感じていました.
演奏の様子を語るのが病院の関係者だけというのが何か歯がゆく,ホントに天才的なの?と疑わしく思っておりました.
結局,ピアノはたいして弾けない,ということでしたね.

人間には目の前に起こっている事柄の前後関係を,事実の検証なしに頭の中で繋げてしまう傾向があります.
やはり医療関係者だけでなく,音楽のことなら音楽家にコメントさせておけば混乱も少なかったでしょうね.

|

« キター!! | トップページ | キレたと言う電球 »

音楽・ギター」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/126022/5602542

この記事へのトラックバック一覧です: ピアノマンは芝居:

« キター!! | トップページ | キレたと言う電球 »