« 三日坊主は経過 | トップページ | 測定器たち;周波数編 »

2005年8月 3日 (水)

測定器たち;ジェネレータ編

instrument3発振器,信号発生器の類です.
これらも無くてはならないツールです.

上段左から1は秋月の8038ファンクションジェネレータキット組立て品,2は自作の455kHzセラロック発振器,3は同じく自作の1kHzAF発振器,4は自作のAFツートーンジェネレータです.
1から3を続けざまに作った直後に下段の発振器が手に入ってしまったので,これらはほとんど使うことがありませんでした.

下段5はLEADERのオーディオジェネレータLAG-120,弟に貰いました.
6は格安(k)で手に入れたMEGUROのシンセSSG,MSG-2610.~1050MHz
やや蛍光管表示が暗くなってますが十分使えます.
当初,UNCAL(キャリブレNG)が点灯してました.(安かったのはそのためでしょう)
点検したら内部のALCアンプの不良でした.
修理して完動,調子よく動いてます.

測定器を自分で修理して,ちゃんとした校正もしない,なんて,プロでは考えられませんが貧乏アマチュアにはこれで十分なのですぅぅ....

んー,負け惜しみだなあ,そりゃもっとC/Nが良くて広帯域の発振器を2台ほど欲しいのですがねHi

|

« 三日坊主は経過 | トップページ | 測定器たち;周波数編 »

アマチュア無線」カテゴリの記事

修理・工作」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/126022/5298666

この記事へのトラックバック一覧です: 測定器たち;ジェネレータ編 :

« 三日坊主は経過 | トップページ | 測定器たち;周波数編 »