« 2005年7月 | トップページ | 2005年9月 »

2005年8月31日 (水)

VNA

去年のQEXにPCへUSB接続するタイプのローコストな ベクトル・ネットワーク・アナライザ (VNA)が掲載(pdf;1.1MB)されました.

ネット・アナなどまともに買えば数百万円,ジャンク測定器でも相当な価格ですからこういう製作記事は大変魅力的に映ります.
「作りたい」と思ったときの問題は,入手難な部品があることと,基板の作成などです.
たしか,JA9TTT's Radio Experimenter's siteさんのBBSで有志者が先立って部品を入手し,キット化して配布していたと思います.
こういったボランティアに近い活動に敬意を表します.

そのVNAですが,TenTec社が製品化,販売するようです.
$655はもう少し安ければ!というころですが,物欲が刺激されますHi

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1ヶ月経過

blogスタートしてちょうど1ヶ月.
カウンタが1000を超えましたが,もともとアクセス数を増やすことを意識していませんし,これが多いのか少ないのかさっぱりわかりませんHi
読者の方には感謝です<m(__)m>

さて,トラックバックですが,共通ワード検索して飛んでくるだけのものは削除することにします.
こちらの記事を引用されているものだけ残したいと思います.

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年8月30日 (火)

蕎麦のニューウェーブ

蕎麦にもいろいろスタイルがあります.
◎つるっと喉越しのいい更科系
◎香りと味の藪系
◎力強い挽きぐるみの田舎蕎麦
と,ありますが,最近の ニューウェーブ といいますか,流行の傾向があるようです.

それはざくっと言ってしまうと,「手臼挽きの粗挽き十割」とでも言いましょうか,透明感があり,香りが強く,甘みも強い,初めて食べると,従来の蕎麦との違いにちょっと驚くような蕎麦です.
手打ち蕎麦ブームの中,勉強熱心な若手の中で流行っているようです.

私も自分で蕎麦を打っていて,「お,十割でも打てたじゃん.」と機嫌よくしていたころ,京都東山の虚無蕎望なかじんさんへ行く機会があり,ちょとしたカルチャーショックでした.
自分の蕎麦も美味いと思ってたけど,また次元の違った蕎麦でした.
見て粗挽きの十割を極細に切る技術的ハードルの高さに驚き,食べてナッツ系の甘い香りの強さに一瞬固まり,「こりゃ,調子に乗っている場合じゃないぞ.」と反省させて貰いました.
蕎麦の産地は会津,信州,出雲など各地のものを「せいろ」「粗挽き」それぞれ違ったブレンドで石臼挽きしているとのことでした.
また,一般に言われる「蕎麦の三“たて”」(挽きたて,打ちたて,ゆでたて)に反し,打った蕎麦は一日寝かせているとのこと.
私の目指すものとは違うかも知れないけど,やっぱりいろいろやってみないと...とりあえず石臼欲しーい

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年8月29日 (月)

記憶に残るコンサートWORST2

行ってよかったコンサートもあれば,後悔するようなコンサートもあるわけで...
辛口になるので実名は控えます(汗

一つ目はアイドル的デビューを飾り,以来女性に人気の日本人男性ピアニスト.
私が聴きに行ったときは30代半ばでしたか,登場した人物は見る影も無く太っていてプロフィールの写真と何度も見比べてしまいました.
演奏も何か 「二日酔いですか?」 と言いたくなるような演奏で,本人も演奏中何度も首を傾げているような状態でした.
私は一曲目でしらけてしまったのですが,前の席の若い女性はラベルの 「亡き王女のためのパヴァーヌ」 が弾かれると涙していました.
判らないものだと思いました.

もう一つはつい去年のこと.
招待券を貰って行った地元出身,東京在住という女性ピアニスト.(というか主婦なんだけど)
招待券をくれた人への手前,行かなくてはならない.
親族の関係か,某地方銀行と○○市教育委員会が後援.
周りを見るといかにも 「義理で来ました.」 という人が多数.
演奏中にも人が出入りし,携帯が鳴り,子供が泣き,おばあちゃんが咳き込む.
それよりも,私が帰りたくなったのは演奏そのもの.
それなりの難曲もありましたが楽譜をさらって 「弾けてます」 っていうだけの演奏.
おそらく先生に付いて指導されながら練習していた頃はいい演奏もしていたのでしょう.
いい評価をされていた時もあったのでしょう.
それが,独立して自分の力,自分の考えで演奏という時にその力がさっぱり無かった,それに気付いていない,そんな演奏でした.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月28日 (日)

記憶に残るコンサートBEST2

片田舎なので,なかなかコンサートへ行く機会に恵まれません.
行ってもハズレみたいながっかりする演奏もあります.
そんな中でもいくつか思い出に残るいいコンサートがありました.

一つは高校生の頃,親父と行ったドイツ・バッハ・ゾリステン
私は無口なタイプだけど,それに輪を掛けて無口な親父(故人)と話した最長時間の会話は生涯を通じて一分程度だろうか.
そんな関係での二人連れもなんか照れくさいものでしたが,ドイツらしいかっちりしたテンポ,構成美に溢れたバロックの演奏に親父の指が動いていたのを思い出します.

もう一つはピアノを学ぶ娘と行った舘野泉さんのコンサート.
これも17~8年前の昔のこと.
シベリウスの小品,たしか「樅の木」だったと思うけど,その澄んだ音,静寂で美しい世界に鳥肌が立ちました.
その舘野泉さん,脳溢血で右手を演奏に使えなくなり,左手だけの演奏活動を再開されています.
私にとって,20年近く経っても,あの感激を抱き続けられるのは幸せな事です.
舘野さんにはこれからも幸せな人を増やし続けて頂きたいものだと思います.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月27日 (土)

寝起きに蕎麦打ち

今日は本来休みなんだけど,会社の電気配線のチェックのため出社.
増改築を繰り返すたびにバランスの悪い配線になっているため.

soba_20050827出社前に一仕事,同僚のK部長とO君に手打ち蕎麦のおすそ分け.
「蕎麦打ちが趣味なのよー.」と,いつも話だけじゃね(笑
たまには食べてもらいましょ.
秘伝のつゆと「蕎麦のゆで方」というリーフレットのセットです.

蕎麦を打っていて,良くまとまって伸びも良く打ちやすい蕎麦粉もあれば,加水率を上げてもひび割れて難しい蕎麦粉もあり,この手強さが面白いです.

今使っている会津の粉は前者,非常に打ちやすい.
今日も加水率41%で用意した水が余りました.
感触は柔らかで粘りがあり,良く伸びる.ひび割れない.
自分が上手くなったように勘違いさせる粉か?
しかも美味いです.(これで安けりゃいいんだけど...)
粉の見た目は粗く,多めの水が要りそうに見えるんだけど,粒径が不揃いな石臼引きってのはただ細かい粉よりもむしろまとまりやすいですね.

ハイ,また修行であります.

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2005年8月26日 (金)

クールビズのあとは

「ウォームビズ」だそうで,また「遠赤外線下着」のようなあやしげな商品が広まるのでは?と,(その温かさっぽさに反して)悪寒が.

遠赤外線も世の誤解が多い用語だと思います.
エネルギーを外から加えられておらず,熱的に平衡あるいは低い温度の物質が周りに対して遠赤外線を放射することはありません.

断熱された箱の中に温度の違う物質を二つ置くと
時間が経つごとに,「対流,熱伝導,輻射」の三つが働いて両者および周りの容器の壁は最終的に同じ温度に落ち着きます.これが熱的平衡です.
遠赤外線は「輻射」の担い手です.
遠赤外線はあくまでも温度の高い側から低い側に対して放射されますが,どんな物質でもその逆はありません.
エントロピーがどうのと持ち出さなくても,高校の理科程度の知識で「遠赤外線下着,なんかおかしい」と思えるのではないでしょうか?
保温性能がいい商品ということなのでしょうが,遠赤外線は違うでしょう.

私が遠赤外線について考えるようになったのは会社に持ち込まれた商品がきっかけ.
道路融雪(電気式ロードヒーティング)で舗装に「遠赤外線素子」なるものを混ぜると効率がアップしヒーターの電気容量を25%減らせる,というもの.

一般に道路融雪では「対流,熱伝導,輻射」のうち「熱伝導」だけで設計・計算されます.
実際に25%減らしたという計算書を見せてもらうと中身は普通に熱伝導だけの計算で,最後の最後に省エネ係数なるものを乗じています.
当然,ではその係数の根拠は?という事になりますが,「過去の実験の結果から」という事でした.

前回申し上げた「科学的方法」から言えば,特定の実験者が特定の実験施設で得た結果があるとしても,理論で裏付けされ,他者が別の実験で追証・再現出来るようなものでなければ正しいだろうとは言えません.
省エネ係数はいかにも唐突すぎます.

それに,道路融雪ではほとんどが熱伝導の作用であり,輻射の効率アップで25%も改善する余地があるとは思えません.
アスファルトなどの舗装材料の遠赤外線輻射効率は94%ほどでもともと悪くないらしく,「遠赤外線素子」の輻射効率がいくら高くても(96~98%らしいですが)その(4~5%の)輻射効率の「差」が25%の省エネになるでしょうか?
私はならないと思います.

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年8月25日 (木)

疑似科学・未科学

プロフィール  

出来は悪いが理系コテコテ人間。
理科離れの世の中に蔓延する疑似科学話にはちょっと口を出したくなるタチ

と書きましたが,まだそのテの話題が出てきていませんでした.
これから,ちょこちょこ,気になったものについてはコメントしてみたいと思っています.
なんか,Radio Clinic がさっぱり Radio の話になりません(汗

TV番組やバイブル本など,世の健康情報,環境危機を煽る情報には眉唾なものが多いですね.
波動,電磁波,遠赤外線,磁気,マイナスイオン,血液サラサラ,環境ホルモン,なんちゃら活水器,etc.

「目に見えないモノ」   に対して, 「“一見”科学的な説明」   をつけられると
「へー,そうなのか」
と無批判に思ってしまう傾向があるのではないでしょうか?
理数科離れと言われる今の社会では,批判しようにもその素地が育てられていないのだと感じます.

自然科学には 「言った者勝ち」   ではない科学の 「ルール」   があります.
数学と違って,科学には 「絶対正しい」   はありません, 「正しいと言っていいだろう」   はあります.
ニュートンもアインシュタインも自然現象を完璧に法則化したわけではありません,しかし,それでも,彼らは彼らの視点において正しかったと言っていいでしょう,ということになります.

その一方で,身勝手な理論を流布するトンデモな“疑似科学”や仮説に留まっているだけの“未科学”が存在します.
それらは書店に平積みされていたり,毎日のTV番組で紹介されています.
「そんないいかげんなものは学会で淘汰されるだろう.」
と思われるのはもっともですが実情は違います.

「○○はコレコレこうなのだと推察されます.」
みたいな学会発表や投稿があったとして,それが評価に値しないトンデモであっても
「××氏の説は間違っている」
ということを証明するだけの研究をするほどヒマな研究者はいませんし,批判のためだけの研究予算など取れません.
また,「学会」と言っても身内だけの自作自演学会もあり,放置されることになるわけです.

そもそも,新しい仮説が立てられたときにそれを証明する責任は新規性を主張する側にあるのであって,否定派が 「それは違う,ということ」   を反証する必要はありませんし,反証は一般的に難しいものです.
「幽霊は存在する」   という説に対して 「幽霊はいないこと」   を証明しようとしてみて下さい.
枯れ尾花である可能性,屋根裏のネズミである可能性,飲みすぎた焼酎のせいである可能性...全ての可能性を検証し尽くすことは不可能です.
逆に「存在することをこうやって確認した」という事実があって,その証明過程において見落としが無ければ「いると言っていいだろう」ということになるでしょう.
「私の説が間違っていると言うのなら,間違っていることを証明してみろ.」
と言っていたら,それは疑似科学者の常套句です.

△△博士が推薦
学会で発表
□□研究所で確認
特許取得
著書多数
体験談
TV番組で紹介された
◎◎と言われている

いずれも, 「科学的正しさ」 とは直接関係ありません.
教科書に載っていないミラクルなことはそうそう滅多に起こりません.
きちんとした 「科学的方法」(by Wikipedia)のルールを知っていれば氾濫する疑似科学話に惑わされることも少なくなるだろうと思うのです.

科学的正当性を持ち出すと
「科学は万能ではない,わからないこともある.」
と,かえって反発される方がおられます.
しかし,だからといって疑似科学を信じる必要も全く無いわけです.
科学的説明を敬遠して,“科学っぽい”仮説のほうを尊重するのは間違っていると思います.
それならハナから“科学っぽさ”を棄てて信心,信仰の道,では?と思われるのですが,どっこい宗教も独自な理論で様式化する事を好むようで,疑似科学に結びついていることも多いようです.
やはり人間はどこかに「説得されたい」と願う気持ちがあるのでしょう.
そこに付け入るのが疑似科学なんですね.

疑似科学やあやしい学説を科学者の立場からきちんと批判しているサイトは少ないのですがあります.一度,ご覧になることをお奨めします.

市民のための環境学ガイド
(国連大学副学長,安井先生;マイナスイオン批判で有名ですがほかにも参考になるコメント多数)

J.Nakanishi's Home Page
(化学物質リスク管理研究センター長,中西先生;環境リスク学の立場から書かれる“雑感”は目からウロコという情報が多い)

お茶の水大富永研究室 中の 水商売ウォッチング
(山形大学助教授,天羽先生;あやしげな浄水器商売などの非科学的説明をぶった切る,掲示板では活発な意見交換が行われている)

Tsubono Report
(東北大学教授,坪野先生;疫学の立場から健康情報の読み方が伝わってくる.特に健康情報を評価するフローチャートは必読.)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005年8月24日 (水)

キレたと言う電球

電球が「私、切れました」送信 「物」がネット接続(by 朝日新聞)
どうやら,PLC(Power Line Communication:電灯線インターネット)の優位性を訴え,正当化するための一つのアイデアなんだろうな,と思いました.

 たとえば電球の場合、あらかじめ信号を溝形の接合部に刻んでおき、電球が切れた時に電力線を通じて電気信号を出すことで、ネット上に「切れた」という情報を送信できるという。この情報を外出先で携帯電話で知った持ち主がすぐに買い足しに行く、といったことが可能になる。

電球ぐらい買い置きしておきますって.
別に,出先で

「お,トイレの電球が切れやがったな.」

みたいな情報は要らないと思いますけどね(^^;

PLCのような中途半端な技術普及には反対です.

もちろん,微弱な信号に耳を傾けている我々アマチュア無線家にとって,PLCがばら撒くノイズは致命的なものになるでしょう.
しかし,それが面白くないって理由だけで反対するわけじゃない.

アメリカの例を見ても,政治家は既存の電灯線を使って安くインフラを作れるPLC(アメリカではBPL:Broadband over Power Line)が国民にアピールすると思うらしい.
ミラクルな技術のように宣伝する.
けどね,電灯線は電灯線.
端末ごとにモデムぶら下げてどうするんだろうと思う.
そんな目先の技術はいいから,光ファイバ拡張しましょうよ.

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2005年8月23日 (火)

ピアノマンは芝居

当初,あのニュースが出たとき「天才的ピアニスト」みたいな触れ込みでした.
もし,それが事実でほかに何も情報が無いのだったら,演奏スタイルから得られる情報があるだろう,と思いました.
訓練されたピアニストであればあるほど演奏から感じられるものも際立ってくる,音楽の専門家あるいは熱心な音楽フアンでもいい,聴いてもらえば学んできた国ぐらいは特定できるかもしれない,と感じていました.
演奏の様子を語るのが病院の関係者だけというのが何か歯がゆく,ホントに天才的なの?と疑わしく思っておりました.
結局,ピアノはたいして弾けない,ということでしたね.

人間には目の前に起こっている事柄の前後関係を,事実の検証なしに頭の中で繋げてしまう傾向があります.
やはり医療関係者だけでなく,音楽のことなら音楽家にコメントさせておけば混乱も少なかったでしょうね.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月22日 (月)

キター!!

hoax妙な手紙だ.
AIR MAILと印刷してありながらどこにもスタンプが無い.
"PERSONAL"「宛先人のみ開封のこと」...おー,怪しい.
こりゃ,どうせオーストラリアあたりのロトで

「おめでとうございます, 抽選 抽籤の結果,貴方に挑戦権が...」

みたいな 詐欺 じゃないの?
と思いながら開封してみると,そのまんま図星だったorz

着払いの返信用封筒が入っている,
デタラメ住所氏名を書いて鉄板など重量物を入れて返送するテもあるそうだけど,ま,無視が一番だねえ.

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年8月21日 (日)

ひとり手打ちうどんをやってみる

hitori_udon1昼食を手打ちうどんにしてみようと思います.
一人分は初の試み.
9:00 材料は強力粉(カメリア)150g
食塩水(水62cc塩7.5g)

hitori_udon2こねてボール状に
水が回って少ししっとりするぐらい.
この段階でボソボソ感があってもOK
これをラップにくるんで30分ほど置く.

hitori_udon3あ,ピンボケだ
上の玉をビニール袋などではさんで踏む
伸びたものをたたんで踏む,これを繰り返す
表面が餅のようになる.これをラップして3時間ほど寝かす

hitori_udon4(実際には寝かしている間にもう一度踏んだ)
麺棒で伸して切る.
太さは均等に.
長い方が喉越しがいい.

hitori_udon5今回は細いので9分だけ茹で,氷水をくぐらして
「いただきま~す!」
美味ーい(^-^)v
4時間かけて作ったが,3分で食べ終わった.

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2005年8月20日 (土)

有次さんの薄刃

aritugu_usuba西の「有次」東の「正本」と言いますが
有次の薄刃,いい包丁です.

手入れが必要なので普段はグローバルのステンレスを使いますが,ここ一番というときはやはり安来鋼の和包丁の切れ味にかないません.桂剥きはこれじゃないといけません.
こういう包丁は研いでいても本当に楽しい.

食器はマイセンだとかアウガルテンだとか,チョコレートはピエールマルコリーニだとか,カミさんのそういうブランド志向を私はあまり意に介さないのですが,思うに包丁のブランド趣味だけは一致しますね.
金属工学を専攻したというカミさんの片鱗が見られるのは唯一そこだけですなー.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月19日 (金)

スイカ

夏,カミさんの主食はスイカです.
無類のスイカ好き.
そもそも8月産まれの生い立ちに伝説あり.
八百屋を営む生家で,働き者のおふくろさんが出産ぎりぎりまで仕事をしていて,
「いざ,産まれる!」って時にトラックの荷台に寝かされ,体の周りをスイカの山で固定しながら病院に向かったのだとか...
スイカと誕生前からのお付き合いとは恐れ入ります(^^;

スイカはカミさんの主食であり,私など下々の者がありつけることはほとんどありませんが,まあ,異論はありません.そんなに好きなら,どうぞお召し上がりなさい.
若いころは大玉スイカを包丁で二つに割り,洗面器に入れ,スプーンを手に
「いただきま~す!」
とやっていたものですが,最近ではさすがに4等分になりました.
夢はリンゴの丸剥きのようなスイカが食べたいとのこと.

どこのお茶の間にもある4等分をさらに縦にサクサクと切った「三角」なスイカは,訪問先で出されても食べません.#拒否します.
おいおい,スイカはそれじゃあダメなんだ,と...
「三角」なスイカを見ていると悲しい気持ちになるのだそうな.

折りしも,お盆の繁忙期,実家の八百屋を手伝うために里帰り中のカミさんは思う存分スイカを食べていることでしょう.

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005年8月18日 (木)

アメリカンジョーク

peeler研ぎ減りした皮むき.
研いだ直後は桃がリンゴのように剥けます.
新潟の刃物メーカー吉田金属工業(株)製,“グローバル”というブランドが馴染みかもしれません.
ステンレスの包丁はここのがお勧めです.
モリブデンとバナジウムを含んだ硬質の刃物用ステンレスをサブゼロ処理(焼入れの際950℃から一気に-80℃まで冷却する)しており,鋭い切れ味が持続します.
実際使ってみると硬すぎることも無く,研いでも割と刃がつきやすい感じです.
家庭用包丁は硬さと研ぎやすさのバランスが大事だと思います.

ここの包丁を知人にプレゼントしたり,紹介したりして,使っている人も多いのですが,皆さんあまり研がないのですね(^^;
たまに拝見するとひどい状態になっている場合がたびたびです.
(流しで回ってくる研ぎ屋さんに出したりする人もいるようですが,やめたほうがいいですね.グラインダをかけられてせっかくの包丁の焼きが戻っちゃったりします.)
そういうひどい状態の包丁は喜んで研がさせてもらってます.
粗砥石に垂直に刃を立てて刃こぼれを落とすところから始めます.

包丁を研ぎながら,いつかこういう場面でアメリカ人がそばに居たら(どんなシチュエーションやねんっ!)言ってみたいアメリカンジョークがあります.

Do you want to know how I'm so good at honing kitchen knives?
There is the best time and the best place to sharpen knives,definitely.
The time is .....in the midnight.
And the place is .....beside my wife's pillow.

いかがでしょうか? Hi

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年8月17日 (水)

ダメでしょ,これ

daiso_epダイソーの100円ラジオや300円ラジオのイヤホンはよく断線する.
今回も切れた,再生しようかと剥いてみるとこんな感じ.

芯線は単線!シールド?は5本ぐらいのもっと細い線がパラパラ.
こりゃ切れますよね.
外皮の品質もひどくて人の皮脂で硬化して来る.
これはいくら安くてもいただけないですね.
いらないから100円安くしてHi

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年8月16日 (火)

地震

ゆれましたねー
みなさん,だいじょぶ?

[追記]
揺れを感じて,揺れている最中に Hi-net高感度地震観測網を見てみたら震源地,マグニチュードが既に出ていました.
自動観測ですが,第一報の情報としてはニュース速報より速く得られます.

| | コメント (2) | トラックバック (0)

Silver Knight

Silver_knightガーバー社のシルバーナイトシリーズからウッド.
スマートな形(故アル・マー氏のデザイン)がいいです.
ブレード材は銀紙,一般的な刃物用ステンレスです.

このナイフを見たとき,スーツのポケットからこいつをサッと取り出して封筒の封をスッと切る,そんな自分の姿を妄想しました.

しっかりした作りは日本のサカイのOEM生産でした.
マスプロ品であっても職人の技の冴えが伝わってくる,こういうナイフが大好きです.

一度生産中止になったのですが,日本での人気が高いためか復刻版が作られています.
写真は廃止モデルです.青箱とともに...

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月15日 (月)

ナポリタン

spa20050815げ,作りすぎちまったよ(汗

ま,喰っちまったわけだが...

どうも一人分の分量ってかげんがわからずいつもこうです.
学習能力ナシ

| | コメント (3) | トラックバック (0)

William Henry

ウイリアム・ヘンリーは老舗ではないけど革新的構造・デザイン・品質で眼を惹くナイフです.
カスタム・ナイフさまざまある中でもコスト・パフォーマンスはピカ一でしょう.
いつかはここのカスタムナイフが欲しい...

W-H_conable9この写真は日本のMOKIがOEM製作しているマスプロですが,ウイリアム・ヘンリーの魅力は十分感じられます.
モデル名Conable9,ブレード材はV金10号,バナジウムが入って硬めの素材です.
ライナーロックを片手でさりげなく開閉するのがカッコいいでしょう.

このナイフを東京で買い,帰りの空港で一悶着.
いつも通り入場口でナイフを持っているから預ける旨申告したところ,
「確かめさせて下さい.」
と,袋,ケースを開けて見るや
「ちょっと,お待ち下さい.」
すると警察官が来て
「あんた,ちょっとここに住所氏名を書いて.」
え?と思いながらも書いたら.
「これは刃渡り90mmにもなる,銃刀法違反だ.今回だけは見逃してやるが今後注意するように.」
ちょっと待て,銃刀法なら承知している.
(だいたい“刃渡り”じゃなくて“刃体長”だろ)
「買ったものを持って帰るのは“正当な理由”にあたるでしょう.梱包されているし,レシートもある...」
と言いかけたら
「ま,いいからいいから」
とさえぎられてしまった.
何か腑に落ちなかった,警察官の名前を聞いておけばよかった.

ま,しかし,折りしも9.11同時多発テロの直後だったし無理からぬ面もあるのか.
刃体長60mmを越えるものについては厳しくなっているようですね.
今度からは宅急便で送ろうと思った次第.

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005年8月14日 (日)

今日のお仕事

udon_soba_20050814ええ,打ちましたとも,うどん1kg,蕎麦1kg.
汗だくです.
蕎麦つゆ約1.5Lとともに荷造り直前の図.
里帰り中のカミさんの実家へクール便で送ります

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005年8月13日 (土)

ふう...

弟夫婦と甥っ子二人,母が蕎麦を食べに来てくれた.

今日も会津桐屋の蕎麦粉で打った.(二八)
41%の加水でも柔らかい,でもずる玉(加水が多すぎた失敗作)というわけでもなさそう.
次回は40%にしてみるか...

甥っ子に切ったばかりの生の蕎麦をそのまま食べさせたら
とたんに「甘い!」,と
正解だぞ,甥っ子(^^)

いい食べっぷりでした.
またおいでー.

さて,後片付けだー

| | コメント (2) | トラックバック (0)

トラバ

初トラックバックがついたのですが,どうも中身を読むと「なんで?」という感じ.
私のエントリと絡む内容ではなさそうなのでスルーです.
どうも,トラックバック・スパムというか,片っ端から大勢の方にトラックバックを送っておられる方なんでしょう.
私が,「ソフトウエア」という一般的なカテゴリ名を使った為に目に付いただけの事のように感じましたのでカテゴリ名を変えました.
不特定多数の方に読んでもらうには一般的なカテゴリ名をつけて人気blogにたくさんトラックバックするのがいいのでしょうが,私の趣旨とは違いますので.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

電波時計フェチ

電波時計が好きです.
時報に秒針がピッタリ合ってると思わず頬が緩むタチ.

一般の電波時計は基本的には普通のクォーツ時計で,日に一度から数回だけ,10万年に一秒だけズレる程度の高精度という福島/長崎の標準電波JJYと時刻合わせをする時計です.
また,我々が利用できる正確な時刻情報としてはGPSもあります.
JJYやGPSに常時,完全に同期しているという時計もありますが,それらは大変高価で特殊なものになります.
我々のお茶の間にある電波時計は,その正確な時刻情報に対して,「時々」時間合わせをしているだけのクォーツ時計ということになります.
radioclock1
上の①は目覚し時計,¥980で買えます.
②の壁掛け時計は\3,000ぐらいで買いました.
③は\4,000ぐらいだったか...

①と②は深夜一度だけJJYに同期するタイプですが,クォーツ時計としての精度があまり良くなく,一日の間に1秒弱遅れます.
一般にクォーツ時計の月差は15~30秒ぐらいですから,一日のうちにこのぐらいの誤差はあるものです.
まあ,「1秒はズレてませんよ」という時計でしょう.
③は毎時,一時間おきに時刻合わせをするタイプですからもう少しマシになります.
毎時の時刻合わせといっても電波の状況は季節的に,かつ一日の間でも時間的に常に変化しますので数時間同期できないという場合も往々にしてあります.
(それは何の不思議でも無いことなのですが,世の中にはそれに神秘性を見出してしまい,地震の前兆だとか一喜一憂する人たちがおられるようですHi)

mywatch腕時計はCitizen Promasterスカイシリーズ2772を昨年の冬,衝動買いしました.
こいつの面構えが気に入ってしまいました.
中身は思いっきりハイテクの電子部品なのに外見はどこから見てもまるでシンプルなアナログ感覚.
アラームもストップウォッチも照光もナシ,時刻を知らせるだけという潔さがいいです.
ベゼル周りのごちゃごちゃした目盛りは計算尺になってます.
使うことは無いでしょうが,しゃれたデザインの一部になっています.
クォーツ自体の精度がいいので秒針も気持ちよく合っています.

見た目ごついがオールチタンで思いのほか軽い.
黒いベゼルも表面処理したチタンということなのですが,面取りの不十分な角があり,さすがのハードコートにも小さなキズが出来ています.
この部分はメーカーサービスでキズのつきにくいものに交換可能という情報をWEBで見ました.
でも,このキズも「味」かな?と思える部分があり,迷ってます.

ソーラー電波腕時計は時刻合わせも電池の交換も不要でずーっと正確な時刻を刻み続けるのが魅力です.
「あ,ちょとズレてきたな...」とか「あれ,そろそろ電池切れかな?」とか考えなくてもいい,というのは何か気持ちが軽くなったような気がします.

正確な時刻,という面ではこの時計はロレックスなどの高級機械式腕時計を凌ぐでしょう.
それに,そういう高級機械式時計の正規オーバーホール2~3回分の費用で買えます.

しかし,とんでもない水圧の深海,電池の能力が落ちる極低温の極地,電子回路が嫌う放射線の多い宇宙空間など,本当に過酷な自然条件で信頼できるのは機械式なんですよね.

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2005年8月12日 (金)

出汁をとるの図

todayssoup明日,お盆で里帰り中の弟一家が蕎麦を食べに来るので準備中.
キッチンは,最近,IHにリフォームしたのだ.
ついでに無線・工作部屋にも200Vを引いた.(こっちが目的?違うってばHi)おっと,灰汁を取らなきゃ!

[追記]秘伝のかえしと合わせて蕎麦つゆ完成,味見した.ウマー!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

プリンタの修理依頼

上司から持ち込まれたプリンタの修理.というか(^^;

printer_trouble「プリンタが紙詰まり状態になってどうやっても回復しない.」
という訴え.
電源を入れて試してみるが,症状再現せず.

で,よくよく眺めてみると,こんなところに画鋲がHi

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ハンターナイフ

今回も義弟の形見になります.
生前,義弟はこれらのナイフを腰に,カナダや北海道でブラウントラウトなどを追いかけていたのでしょう.

keidoh杉原渓童と言えばナイフ好き,釣り好きには説明の必要が無いでしょう.
ダマスカスの波紋が美しいですね.
程よい大きさ,ぴったり来るシース,使いやすいハンターです.

edgemarkSolingen Western Germany Edge Mark 471 と書いてある.
ハイス鋼のように見えます,研いだ感じも硬い.
ドイツらしいしっかり感がいい.

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005年8月11日 (木)

電卓今昔

calculator左はカシオのfx-10
昭和49年/1974年発売,当時の定価24,800円!!
大学生のころどうしても欲しくてバイトして買った関数電卓,8桁,10関数.こいつが登場する前は計算尺の世界だった.
31年後の今でも動きますが,キースイッチのチャタリングがあります.レストアは可能でしょう.対数や指数を計算させると,数秒間,一所懸命計算している様子がわかって愛らしい(^-^)

右は去年衝動買いしたヒューレットパッカードのhp-33s
現在,国内に代理店が無くサムソンケーブルズ社から通販で買いました.
私は$54ぐらいで買いましたが,現在は$49.99の模様,送料は$17程度.
国内で並行輸入しているようなところもあるけど,価格は2倍近くする.
これを衝動買いしたのは昔のコンプレックスがあるから.

fx-10をやっとこさ買った頃,ヒューレットパッカードのhp-35という,実に魅力的な計算機がありました.
当時オイルショックで円相場約300円/ドルという時に,これは$395という高額だった.
私にはとても手にすることも出来なかったけど,同級生のお坊ちゃまの中には持っているヤツも居て,とてもうらやましかった.
さらにもう一つ,hp-35はキー操作が普通の電卓とは全く違いました.
1+1=2 を普通に計算できないのです,というかイコールさえ無い.
「ちょっと電卓貸して.」と気軽に頼めない電卓なのです.
それもなんかカッコ良かった.

「逆ポーランド記法」Reverse Polish Notation(by Wikipedia) 略してRPNと言います.
キー操作は1+1の場合,1 [enter] 1 + と打ちます.
ややこしいようですが,日本語で「1 に 1 を 足す」と読み上げるのと同じに打ち込めばいいだけなのです.

この方式の利点はカッコや分数がある複雑計算で発揮されます.
普通の電卓はカッコや分数があると,メモリに入れたりメモリを読み出したりして計算しますが,RPN方式では,たとえば
(1+2)÷(9-7) のような場合
1 [enter] 2 + 9 [enter] 7 - ÷ 
(1に2を足したものを9から7を引いたもので割る)
と,メモリを使わず,日本語で読み上げるのと同じように順番に入力していく事で計算出来てしまうのです.
実際,この計算方法に慣れてしまうと病み付きになります.
根強いフアンが多いのも頷けます.

この特徴的な電卓にずっと憧れを持っていましたが,国産の安い関数電卓がありますし,EXCELが使えるこのご時世にあまり必要性も感じていませんでした.
その上,ヒューレットパッカード社は一時電卓生産から手を引くとアナウンスしていたので,もう新製品は手に入らないものとあきらめていました.
そんな時にポンとhp-33sが登場して,手頃な値段だったので「あー,やっぱりRPN欲しいっ!」と飛び付いてしまったのでした.
でも,買ってよかったー,便利です.重宝してます.

仕事用のPCにもCalculator.netというフリーウエアをインストールしています.
RPNの関数電卓を体験してみたいという方は試してみてはいかがですか?
このソフトも昨日エントリのソフトと同様,マイクロソフトの.NET Framework 1.1 のインストールが必要です.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月10日 (水)

Paint.net

フリーウエア,どんなものを活用されてますか?
私も,ブラウザはFirefoxですし,メーラーはTunderbird,各種のエクステンションを入れて便利に使ってます.

Windows 2000,XPの方にはこれもおススメ.
Paint.net という画像処理ソフトです.
Adobe.Photoshop (約10万円のソフト)をお持ちだ,という方は別ですが,そうでない方は試してみてもいいかと.

私の場合,例えば先のギターの写真はハレーションがひどかったのですが,急きょ,このソフトのクローンスタンプ機能で修正してアップ出来ました.
職場ではPhotoshopでよくやる作業,同じ感覚で出来ましたヨ.
ライセンスはMITですか!ソースも公開されているようですし,プラグインも今後増えてくるかも.

ただし,メニューは全て英語です.
また,Microsoft .NET Framework 1.1 が事前にインストールされている必要があります.

[追記]
同僚のO君が日本語化パッチ(by X Worksさん)を教えてくれました.
へぇー,こりゃいいわ. リンク先のGraphicというところにあります.

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005年8月 9日 (火)

眠...

寝苦しさのせいか,ここ一週間の間で3回ほどam3:00ごろに目が覚め眠れないことがありクタクタ.
今日は夕食の後居眠りしてしまった.
更新ありませんSRI

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005年8月 8日 (月)

ギターとのかかわり

プロフィールの「興味のあること」欄,2番目にギターを持って来ていながら出てきてませんでしたね.
ギターは10代のころ没頭してました.いわゆるギター小僧でした.

中学校のときに数ヶ月クラシックギターを習いましたがその後は独習.
映画音楽のようなものを適当にアレンジしてポロポロ弾いたりしてました.
高校のときはフォークロック,CSN&Yをコピー.
大学に入ってからはなぜか無線仲間とハードロック.
バンド名はSingle Sided Band(笑
LED ZEPPELIN,DEEP PURPLE,BAD COMPANYなど,当時お決まりのコース.
blogタイトル下の "And the forests will echo with laughter." は
ZEPPELINの"StairWay To Heaven" の歌詞から好きな部分.

聴く方もジミヘン,ジェフ・ベックなどギターばかり.
だんだん,ジャズっぽい方を聴くようになり,ラリー・コリエル,アル・ディメオラ,一番のお気に入りはジョン・マクラフリン.

大学を出るとギターはぱったりやらなくなりました.

その後,クラシックも聴いてみようと思い「基本はバッハだよな」とバッハを聴き始めたところが,以来バッハにのめり込み,そこから抜け出せません.
対位法,ポリフォニックの音楽は自分の好みに見事に合いました.
(CWの混信を一度に聞き取るような感覚Hi)
二声から三声,五声,六声と奇跡のように絡み合う旋律は最初はただの音の塊に聴こえましたが,だんだんわかってくればくるほど面白く,スコアを見ながら聴いたりしていました.

その中でも最高峰はバイオリン・パルティータの2番の第五曲「シャコンヌ」でしょう.
バイオリンの4本の弦から生み出されるとはとても信じられない世界がありました.
「自分でもこんなのが弾けたらなぁ」
と思うものの,今からバイオリン初めてもそりゃ無理ってもの(^^;
少し弾ける楽器といえばギターぐらいです.
guitarギターをやらなくなってからおよそ20年,練習用に買ったギターがこれです.
スペイン製のアントニオ・サンチェス.
作りは華奢ですがチューニングが決まると値段以上の明るいいい音がします.
「カスタムは買えない,安い方がいい,でも練習が楽しくなる程度にはいい音がして欲しい.」
という選択肢としては良かったと思います.

やさしい曲から始めて,「シャコンヌ」12ページの楽譜中4ページまで暗譜で弾けるようになったのが去年のこと.
そのまま練習続ければいいのに,手打ち蕎麦なんか始めちゃったもんだからまた中断してます.
ほかの趣味と両立するほど甘い曲じゃありませんでした.
でも,いつかマスターしますぞ「シャコンヌ」.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月 7日 (日)

夕食は手打ちうどん

蕎麦だけじゃなく,うどんも打ちます.
どちらかというと,やってて,蕎麦の方が面白いですね.
うどんは力も要るし時間もかかる.
蕎麦とは似ているようで全く違うものです.

noodle_tools麺打ちの道具ですが,麺棒はホームセンターで買ってきた安物の丸棒,延し台と駒板は大工のTさんが作ってくれました.
麺切り包丁は京都の有次(ありつぐ)さんで求めた物.
尺もの(30cm)で鋼材は白紙.去年の年越し蕎麦がデビュー.

一般に包丁は尺一(33cm)がいいとされているようです.
特に十割の生粉打ち(きこうち)をされるような方には.
鋼材も,プロは青紙の二号や一号といった刃もちの良い硬い鋼材をつかうようです.
が,私のような週末蕎麦打ち修行には白紙で十分です.
ただし,自分で研ぐのは大変難しいです.
長くて薄い刃はちょっとした加減で刃のラインがまっすぐじゃなくなってしまいます.
「特技は包丁研ぎ」の私でもこれを研ぐときは緊張します.

| | コメント (4) | トラックバック (0)

測定器たち;自作小物編

自作の小物たちです.

instrument7①ステップアッテネータ,ケースをアルミ板,アングル,ブラインドリベットで加工した力作?
②リターンロスブリッジ,SWRもこれと①とSSGとスペアナで測れます.
③20/30dBカップラー(方向性結合器),①とスペアナを組み合わせ,送信機の電力,スプリアスなどスルーラインで測ります.
前述のデジタルパワー計と組み合わせ,MAX1000W/60dBmのデジタルパワー計とすることも可能です.

こんな小物もメーカー品を揃えようとすると中古でも大変ですから自分で作ります.
そこそこ使えるし,こんなものを作ってるのも楽しいからねー.
測定の幅も広がるってもんです.

instrument8やっつけ仕事はご愛嬌.
左は簡易なノイズジェネレータ.受信機の調整などに使います.
右はノイズブリッジです.
昨今はMFJ259Bなど便利なアナライザがありますが,昔はこんなものでアンテナ調整などしておりました.もう出番はありません.

| | コメント (2) | トラックバック (0)

一週間経過

白紙状態から一週間が過ぎました.
これまで,デザインを両サイドバーにしたり,配置を変えたりしてみました.
だいたいこれで行けるかなというところまで来ましたので,更新通知をONにしてみました.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月 6日 (土)

測定器たち;電力編

測定器のエントリばかり続いて,興味の無い方にはご退屈なこととご察し申し上げます.
しかし,そのスジの方々には,
「こいつ,どんなん使ぉてるんやろ?」(なんで関西弁やねん!)
という関心事なのでして,しばしご容赦のほど.

今回はパワー計
instrument5クラニシの1kW終端形電力計RW-1000Dと100W用RW-120D.
これらもあちこちを渡り歩いてきたものです.
リニアアンプの修理もよくしますが,この程度の電力計では間に合わないケースが多いですHi

instrument6次はQRP用デジタルパワー計(携帯電話は大きさ比較のため)
これは某所のキットを組み立てたものだけど,いろいろ後日談があります.

このキットはアナログデバイセズ社のAD8307という広帯域なログアンプとPICマイコンに内臓のA/Dコンバータを使った大変シンプルなパワー計です.
私はPICマイコン未経験者だったのでA/Dの精度や直線性など興味があり,一から自作も大変なので「ちょっと高いかな?」と思いながらもインターネットで見つけた某所のキットを注文してみました.

注文したあとで気がついたのですが,そこは会社ではなく,アマチュアが販売しているものでした.
アマチュアで数々のキットを作るのはご苦労があるだろうなと思いました.

さて,組み立ててみると,なんなく動作し,再現性は良好.
私の関心事であるA/Dの精度,直線性などを確認するためSSGをつないでデータをプロットしてみました.
すると,途中で3dBも値が飛んでしまう不連続なポイントがありました.
SSGのアッテネータを疑い(なにしろ自分で修理しちゃってるSSGなので,笑)ステップアッテネータを入れて確認しましたが結果は同じ.
「これはプログラムのミスに違いない.」
と思いながら販売元に確認.そしたら「それはログアンプの誤差」とAD8307の代替品を送ってきたり,何度か行き違いがありましたが最終的にプログラムミスであることを認め,対応して頂きました.

この間の行き違いについて顧みると,回路設計・プログラミングした人とキット化・販売している窓口の人が別人であることなどが要因のように感じました.

先方がおっしゃるには
「今まで誰にも指摘されたことが無くてわからなかった.」
との事でしたが,その後,プログラムにミスがあった事についてホームページ上で公開したりユーザーサポートするということも無いようで,残念なことです.

それ以外にもA/Dのリファレンスに対する入力のスイング幅が小さく,分解能が十分取れていないように思えました.(最終桁のデジットが定期的に抜けるのです.)
これについてはそういう仕様であるとのお答えでした.

というわけで私の当初の目的「PICのA/Dの精度や直線性を検証する」はかないませんでしたが,「気に入らなければ自分でプログラムを書けばいいこと」と割り切り,アセンブラやCを亀の歩みで勉強中.
ただ,スペアナがあるため,この電力計の必要性はあまり高くなくてさっぱり進みません(汗

| | コメント (0) | トラックバック (0)

当サイトへのリンクについて

このサイトへのリンクはどうぞご自由に.
当方への連絡は不要.私も勝手にリンク張るでしょう.
そういうもんでしょ,インターネットって.
(著作権だけは気をつけてね)

「リンクお断り」とかいうサイトありますが,どうかしてますね.

こちら(山形浩生さん)とか こちら(apjさん)のリンクポリシーを参考に.
ここまでカゲキには申し上げませんがHi

追記;こちらからリンクのお願いをすることはありません.

|

2005年8月 5日 (金)

Before After

会社でもいろんなものを修理します.
たとえば社員の子供のおもちゃ
しゃべる機関車トーマス,アンパンマンの携帯電話風トランシーバ
取引先のお兄さんが昼休みに遊んでるラジコンカーなど...Hi

会社で6年前に購入のパソコンが十数台あるのですが,壊れ始めています.
古いマシンは保守料が高くなるのでメーカーサポートをやめたのですが,正直なもので,やめたとたんに壊れ始めています(汗

トラブルの原因は外国製の電解コンデンサです.
この時期の外国製コンデンサは要注意です.
某国の産業スパイが日本のメーカーから電解液の製法を盗み,作った電解液をコンデンサメーカーに売ったのですが,それが粗悪品で著しく寿命が短いらしいのです.

before「画面が乱れるようになった」というPCのマザーボードです.
ご覧のようにコンデンサの頭が膨れています.
こうなったコンデンサは取り替えるしかありません.
他のコンデンサも早晩壊れますから全部取り替えます.

after同僚のO君に作業してもらい,このように.
全部国産のコンデンサに取り替えました.
これでまた,使えるわけですが,まあ,パソコンは5年も使ったら修理して再生なんて考えずに新しいのを買ったほうがいいですね,特に自分で修理出来ない方は.

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年8月 4日 (木)

測定器たち;周波数編

instrument4周波数を知る,という事も大事です.
左から
①デリカのディップメータ New Hamband Dipmeter(真空管式)
②デリカのディップメータ DMC-230 (半導体式)
  どちらも地元の無線クラブのものを預かっている形です.

③周波数カウンター KATSUMI FC-500 亡き友人が持っていたもの

④周波数カウンター,秋月のキットを組み立てたもの
  ちょっと感度が低い

昔はテスターとディップメータとSWR計だけでなんとかしてしまうのが平均的アマチュアでした.
私も高校生まではそんなことをやってました.(遠い目)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月 3日 (水)

測定器たち;ジェネレータ編

instrument3発振器,信号発生器の類です.
これらも無くてはならないツールです.

上段左から1は秋月の8038ファンクションジェネレータキット組立て品,2は自作の455kHzセラロック発振器,3は同じく自作の1kHzAF発振器,4は自作のAFツートーンジェネレータです.
1から3を続けざまに作った直後に下段の発振器が手に入ってしまったので,これらはほとんど使うことがありませんでした.

下段5はLEADERのオーディオジェネレータLAG-120,弟に貰いました.
6は格安(k)で手に入れたMEGUROのシンセSSG,MSG-2610.~1050MHz
やや蛍光管表示が暗くなってますが十分使えます.
当初,UNCAL(キャリブレNG)が点灯してました.(安かったのはそのためでしょう)
点検したら内部のALCアンプの不良でした.
修理して完動,調子よく動いてます.

測定器を自分で修理して,ちゃんとした校正もしない,なんて,プロでは考えられませんが貧乏アマチュアにはこれで十分なのですぅぅ....

んー,負け惜しみだなあ,そりゃもっとC/Nが良くて広帯域の発振器を2台ほど欲しいのですがねHi

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月 2日 (火)

三日坊主は経過

いつまで続くものやら,blog初心者のYamadaです.

なるべくNiftyのフリースペースを利用しようと思っております.
blogの無料の容量は50MBですから,画像をバンバン貼っているとすぐ無くなっちまいます.
一方,Niftyのホームページで100MBの無料スペースが使えます.
そこで,当面,空のHPを作り,blogにはサムネールだけ置いて,画像本体はHPの方へ飛ばすようにしました.
画像の表示が少し遅くなったと思いますが,ご容赦.

あと,アクセスカウンタも置いてみました.
ただ,私はココログナビやpingサーバに更新通知をしてませんから現在ご覧になっているのは身内の方だけだと思います.
googleのbotにも見つけられていないようですねHi
この状況も面白いと思いますし,体裁が整うまでは公開しないでおきますね.

| | コメント (6) | トラックバック (0)

測定器たち;スコープ編

「道具を使いこなす男子こそかっこいい」という信条です.憧れは職人Hi

修理でも工作でも見えない高周波を相手にするにはそれなりの測定器が必要です.
いわば,当クリニックの医療機器です。
最近ではリッチな人もたくさんいて,どこぞの研究室?という測定器類をお持ちのアマチュアもおられますが,私はジャンクや自作を中心にお金をかけずにこつこつやってます.
今回はスコープ類を紹介

instrument1上段はアナログオシロスコープ,KENWOODのCS-5230,40MHz3現象,カーソルリードアウト.
これは新品で求めました.
下段はスペクトラムアナライザ,アンリツのMS-610B,~2GHz.
FM用で1KHzのレゾリューションですからAFツートーンぶち込んでSSB送信機のIMD観測というわけにはいきませんが,これがあるとなしでは大違いHi
奇特な友人から「お前が使え」と預かり使わせてもらっています.
これらとSSGがあればほとんど用事が足ります.

instrument2オシロ,テクトロニクスの465.
これまた別の奇特な友人から頂戴したものです.
帯域が100MHzありますし重宝してます.
一度,高圧の電源部でコンデンサのショートがありましたが修理後調子よく動作してます.
こうしてみると,皆さんのお世話になってます.MNI TNX

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月 1日 (月)

カスタムナイフ

20050801_centofanteあれ,けっこう上手く撮れたんじゃない?

ナイフは好きで集めてますが,実用ナイフばかりの中,ただ一本使えないナイフです.(例外的なものを最初に紹介しておきます.)
Frank Centofante 氏の作,Rick B. Fields 氏のスクリムショー,いい仕事のお宝ナイフです.あまり日本のサイトでは見かけません.

使えるナイフしか買わない私が,なぜこれを持っているかというと,実は若くして亡くなった義弟の形見なのなのです.
ときおり引っ張り出してきては眺めているのですが,しみじみしてしまいます.

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2005年7月 | トップページ | 2005年9月 »